05 | 2017/06 | 07

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
熱も下がり、これから帰国です。

ホテルを10時頃出て、チュニス発午後1時半の飛行機でドーハに向かい、到着は午後9時。

乗り換えて、ドーハを午前0時50分出発で、バーレーン到着は午前1時半。

長い一日です。ドーハでは居眠りこいてるかもしれません。。。。


10日間のチュニジア旅行も、あっという間に終了です。いつも通り、旅行を振り返って、というのを、バーレーンに帰ってから書きたいと思います。



さて、次のインド旅行まであと5日です。


1クリック、お願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
スポンサーサイト
 
旅行しているとき、起きては行けないことの一つに「病気」というのがある。

慣れない土地、慣れない気候、慣れない食べ物・・・そんなので、体調を崩す人が多い、というのは皆さんもご存知。


出してしまいました。


朝、目さめたとき、あれ、体が重く、それでもフリーの朝食を食べに行き、そのあとでフロントに行って、医務室みたいなところにつれていかれ、熱を測ったら、38度。平熱よりもやはり高いか。。。

どうして風邪引いたのか、考えてみました。

昨日、ハマムに行ったお話をしました。
そう、ドライヤーなんてものはないし、持って行っていないので、髪は自然乾燥。
完全に乾ききっていない状態で、外に出て、ホテルに帰ってきたからだ、と思います。
だって、昨日は外、寒かったもん!

というわけで、チュニス最終日はあっけなく、「寝て過ごす」だけでした。

パナドールという、日本で言うバファリンを持ってきていたので、それを飲んだら、少しは気分よくなりました。明日、バーレーンに飛び立つので、準備でもして、今日は早く寝ます。

インドではこういうことの無いようにしないと!(でも、今気温30℃だから風邪は引かないだろうけど)

1クリック、お願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
 
大した記事ではありません。

今日は曇りで寒いので、何かホテル周辺でできることはないか、とホテルの従業員に聞いたら、「ハマムに行ったことある?」なんてきかれ、ないよー、って応えると、是非、うちのヘルススパに、なんて言われました。が、なんとそのヘルススパは、タラソテラピーなんていうのを兼ね備えた、超高級なもの。通常は4日、じっくりかけてやるそうで、そんなことやっている暇はないし、お金もないので、結局教えてもらった公衆ハマム(銭湯みたいなものです)に行ってきました。

とにかく歩くこと約10分。たどたどしいアラビア語で、道を聞いて(やっぱり地球の歩き方ですよ!)、到着。

銭湯みたいだけあって、キッタナイ。けど、まあいいや。銭湯といっても、お湯につかる訳ではなく、一般的なサウナです。

最近のハマムは全裸禁止ならしく、下着のまま(替えはちゃんともっていた)中に入る。

数人のおっさんがいて、何やらフランス語で話しかけてくるが、わけわからん。
でも、中に大学行っている、なんていう人がいて、英語でいろいろ説明してくれた。

一番奥に、とっても暑いところがあって、そこでのんびりと。じわーっと汗が出てくる。まるで、バーレーンの夏(笑)。

そのあと、垢擦りをしてもらうんだけど、ケセっていう道具をもっていない。でも、隣のおじさんが貸してくれた。垢擦りの前にマッサージなんだけど、本当に10分ほど。手で押すだけ、そして、骨もならす、まるでタイマッサージ。

そのあと、垢擦り。

人生で初体験です。垢擦り、っていえば、韓国が有名なのですが、未だ行ったことも無いし、日本でもやってもらったことはありません。まさか、チュニジアで、とは思いませんでした。

こすると、でてくる、でてくる、大量のアカ。見せてくれるけど、そんなのはどうでもいいけど、本当に気持ちよかったです。

体もシャンプーもしてくれて、最後に熱湯をザブーン。熱湯コマーシャルじゃないけど、死ぬかと思った。それほど熱い!

でも気分はサッパリ。本当にゆったりできました。

番頭さんには最後にお金を払うのですが(最初のところもあるらしい)、5ディナー。約400円ほど。ホテルに比べれば10分の1の値段で、汚いけど、結構ゆっくりした時間を過ごすことができました。

番頭さんも知っている英語とアラビア語を駆使して、話しかけてくれて、こっちも知っているアラビア語と地球の歩き方を使ってなんとか会話。こういう現地の人との会話も旅のいいところだと思います。本当にいい人でした。お茶ごちそうになっちゃったし(買ってくる、なんて言って、わざわざ外の喫茶店から買ってきてくれました)。

そうそう、男性用は午前5時から午後1時まで、女性は午後1時から5時まで、そのあと、また男性のようです。くれぐれも、女性のときに行かないように!混浴ではありません。

バーレーンにもハマムっていうのはあるのかな?あったら今度行ってみようと思う。

有名どこでは、トルコのハマム(トルコ風呂、あっちの意味ではなく)だそうです。

エジプト、トルコ、モロッコ、チュニジアなどにお越しの際は行ってみてください。結構ゆっくりできますよ。

1クリック、お願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
 
残念ながら、カメラのバッテリーが無くなってしまいました。明日、スーク周辺にでも行って買わないとな。。。

昨日、ちょっと遠出したので、今日はホテルでゆっくりした。

起きたら、なんと朝11時!もうフリーの朝食が終わっているではないか!

というので、午後から散策をかねて、ちょっとホテル周辺をぶらっと歩いてきました。

公園も近くにあるのですが、タバコとメシが主な目的でもあったので、近場のカフェで朝食。

っていうか、ホテルを一歩でると、結構街が廃れている。まるで、バーレーン。ちょっと懐かしくなってしまいました。

明日はちょっとスークに出てみて、またブラッと歩いてみます。とはいえ、もうお土産も買ったし、見るものみたし、こういう「自分の時間」を過ごしたかったので、10日もいる訳なんですが、バタバタしてて、そういう訳にもいきませんでしたが、これからはちょっと有意義にチュニス生活を過ごそうと思います。


1クリック、お願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
 
最後は、隣の町、シディ・ブ・サイドです。特に見るものはないですけど、とってもきれいな町。残念ながら一番上からの写真は撮ってないけど、本当にきれいでした。おしゃれな町。

Sidi Bou Said1


Sidi Bou Said2


Sidi Bou Said3

Sidi Bou Said4

Sidi Bou Said5

路面電車の駅です。
Sidi Bou Said6

チュニジアのドアはどこもこんな感じです。
Sidi Bou Said7

天気に恵まれたので、今日は観光地巡りには最高でした。

1クリック、お願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
 
次はローマ人の住居。ここも遺跡のみ。でもローマのように、ここも結構な都市設計がされていたような感じを受ける。

Roman's Villas

Roman's Villas2

Roman's Villas3

この住居のとなりに、最近建設された新しいモスクがある。やっぱりイスラム教の国だな、と感じずにはいられない。
Mosque1

Mosque2

そしてまた、この近くに、ローマ劇場という、現在でも「カルタゴ国際フェスティバル」で使われているところがある。

Roman Amphitheater1

Roman Amphitheater2

その5につづく。

1クリック、お願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
 
次の見学先は結構有名かもしれない。

アントニヌスの共同浴場。まあ、風呂場ですね。でも風呂場というよりも、石ころが転がっているところ、としか思わないかもしれません。これでもユネスコによって修復作業がされたらしいので、イメージはできるかもしれない。
2世紀に、ローマのアントニヌス・ピウスによって建てられました。その大きさに驚くと同時に、ここからの海の眺めは本当にきれいでしたよ。


Thermes s'Antonin1

Thermes s'Antonin2

Thermes s'Antonin3


Thermes s'Antonin4

Thermes s'Antonin5

Thermes s'Antonin6

Thermes s'Antonin7

Thermes s'Antonin8

Thermes s'Antonin9

Thermes s'Antonin10

Thermes s'Antonin11

その4に続きます。

1クリック、お願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
 
次の見学は、円形闘技場(アンプシアター)。ハドリアヌス帝の時代に立てられたそうだ。

ここではキリスト教徒の処刑や決闘なんかも行われていたらしい。

Amphitheater1

Amphitheater2

Amphitheater3


次はトフェ(タニト神の聖域)。お墓みたいなんだけど、ここは「生け贄」の場所だったそうだ。乳児を火に投じて、勝利祈願tか、都市繁栄とかを願ったそうだ。

Tophet1

Tophet3.jpg

このトフェのある場所からすぐ、古代カルタゴの港、Ports Puniquesっていうのが見えてくる。円形の港で、商業港と軍港の2つの機能を備えていたそうだ。今日は格好のデートコースのようでした。

port1

port2

(その3に続く)

1クリック、お願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
 
写真をアップするので、今日1日の探検は数回にわけます。

今日はあまりにも天気がいいので、絶好の観光日和!なので、カルタゴ、カルセージ(英語読み)、カルタージュ(仏語読み)に行ってきました。

チュニスのそばにあるので、タクシーをチャーターして、行ってきた訳ですが。。。

カルタゴは世界史の最初のほうに出てくる商業都市だ。カルタゴはカルト・ハダシュト(新しい町)とフェニキア語で言うらしい。ある都市の王妃エリッサがこの土地に来たことから、カルタゴの歴史が始まると言われている。

(あ、未履修の人はしてないか)約前270年頃に全盛期で、ヨーロッパで猛威を振るったローマ帝国との戦いは、「ポエニ戦争」と呼ばれる。(ポエニというのは、フェニキアという意味ならしい。フェニキア人がここに定住していた)

このポエニ戦争は3次まで続く。

第1次は、前260年から前241年ころ。地中海のシチリア島の利権をめぐって、ローマと衝突。あっけなくカルタゴは敗北。

第2次は、前218~前201年。ハンニバルがゾウにのってアルプスを超え、イタリア半島に侵攻していったのは有名な話。しかしローマの将軍スキピオによって追いつめられ、ザマの戦いでまた敗北。この戦争で、カルタゴはアフリカ以外のすべての領土を失ったそうだ。

第3次は、第2次ポエニ戦争の敗北の10年後には、カルタゴは徐々に復活し、また脅威となったため、ローマと戦争。(詳しいことは僕は習ってません。)3年も籠城したあとに、カルタゴの町に侵入し、市街戦の結果、市の中心、ビュルサの丘に火をつけられ、20日間ほど燃えたという。すべてのものが破壊され、人も住めず、作物もとれないように、塩を撒かれた、という話がある。前146年に滅亡した。

その後、ローマによるカルタゴ支配が始まった。カエサルがカルタゴの再建を計画し、アウグストゥスが植民市を建設。また黄金時代になる。

2世紀には、かなり多くの工事が行われ、巨大な建造物も立てられるようになる。

とまあ歴史はこれくらいにして、まず最初は、カルタゴ博物館、ビュルサの丘、セントルイス協会。


ビュルサ丘は、カルタゴの中心地だったそうです。ここからのカルタゴ、チュニスの眺めは本当にきれいでした。

carthage view1


carthage view2


museum1


museum2


museum3

carthage view3

museum4


カルタゴ博物館には、像、モザイク、生活用品(陶器や皿など)、交易品も展示してあった。が、何ぶん説明がアラビア語とフランス語だけなので、ふ~ん、って見て回ることしかできませんでした。。。

museum5

museum6

Museum7

museum8

museum8


museum9


museum10


museum11


museum12

このアクロポリウムは1840年に立てられたそうだ。フランス国王聖ルイ9世に捧げられている。

St Louise Church

その2に続きます。

1クリック、お願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
 
チュニスに今日の午後、戻ってきました!

今回のチュニジア旅行、後半に突入。都市なので、いろんな面で疲れが出てきています。

とはいえ、午後1時頃にホテルに到着して、2時頃に、チュニスのメインストリートとメディナに行ってきました。

ホテルからの眺めはこんな感じ。虹が出てたので思わずとっちゃった。

Tunis View from Hotel1

ホテルの後ろは公園で、その中に動物園もあるそうです。
Tunis View from Hotel2


まずはメインストリート。有名なAve Habib Bourguibaです。確か前大統領の名前からとったんだと思います。
Ave Habib Bourguiba1

有名だと思うけど、時計台。
Ave Habib Bourguiba2

Ave Habib Bourguiba3

Cafeでお茶しました。外はたくさんのカフェがあります。コーヒー1ディナー。
cafe


そしてメディナへ。
メディナの入り口は「フランス門」と呼ばれる、Bab Bharというのがあり、そこをくぐり受けると、広場、そしてメディナ・スークでした。

Bab Bahr1

Bab Bahr2


Place de la Victoire

やっぱりメディナは大変。実に迷路のよう。

地球の歩き方の地図を見ながら移動してました。変な手には引っかからなかったし、お土産ももう買ったので、あまりモノを買うことはしなくてすむけど、アラブに国にいるのであれば、やはりメディナやスークには行きたくなる。

ウィンドウショッピングってでもいうのかな?

Tunis Medina1

Tunis Medina2

Tunis Medina3

Tunis Medina4

チュニスの眺めです。メディナの高台からとりました。
Tunis1

Tunis2

Tunis3

Tunis4

Tunis5


今回泊まっているホテルは、4スターといえども、日本で言うビジネスホテルチックで、かなりスーツを着たお客さんが多くて、僕のようなアジアンでいかにも「旅行しています」っていうひとはあまり見かけません。

あ~疲れた。結構歩いたなぁ~。

1クリック、お願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
 
写真アップしました。

今日は朝起きてから、また雨。最悪~。

バーレーンに来てから、雨が降る、という感覚がないので、「雨の日はどうする」という計画は普通立てない癖がついている。

朝食を食べ、ちょっと小降りになったので、ダウンタウンのメディナに行ってきた。

ハマメットは昔からリゾート地だったため、見るところと言えば、メディナしかない(みたい)。

とりあえず、ここで、バーレーンとエジプトで培った「ハスラーを撃退する方法」を実践。

メディナ、特にここのメディナは観光客がたくさん来るので、チートしよう、という考えがあるようだ。一見100円ほどのものに見えるものが、5000円とか平気で言うような奴がいる。

お土産買うという手前、値段交渉は必須。僕がよく使う手は

「あそこの店では、同じもの1000円だったよ。」

とか

「俺ね、バーレーンから来てるから、これ持ってる」

とか

「エジプトでもうかったよ」

とか

「俺のようなのより、他のアラブ初心者狙えって!」

てな感じで撃退!

ステンレスに絵を描いた皿のようなものを買ったのだが、俺の前に買っていたスペイン人は10ディナーを払ったのに対し、俺は、4つで15ディナーで買うという荒技ができた。

自分としては、これはとても満足しています。

メディナはこんな感じ。

まずはモスク。小さい街だけあって、モスクも小さい。
Medina Mosque1

H Medina1

H Medina2

H Medina3


H Medina4

まだ雨なので、今日はゆっくり。明日からチュニスに移動です!


あ~、極楽極楽!

1クリック、お願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
 
写真アップしました!

ハマメットにやってきました。

タクシーをチャーターして、90分ほどのドライブでした。びっくりするのが、運転手がフラ語オンリーだったこと。よくもまぁ、身振り手振りでトラブルも無くのって来れたな、って思う。


今回泊まるのは、Yasmin Hamammetというリゾート地。ところが、シーズンオフなのでガラガラです。

初5スターホテルの部屋はこんな感じ。
Hotel Ib Solaria

ホテルのそとは絶景でした。
View from Hotel1

View from Hotel2

View from Hotel3


今日はお昼数時間、テーマパークのメディナに行ってきました。何も買わず。お茶飲んだだけ。

メディナに行く道。
YH Street1

旅行者用に数年前に作ったそうなので、歴史は感じられないけど、新しいしきれい。
YH Medina1

YHMedina2

YH Medina2

YH Part1

YH Park2


明日はダウンタウンに行って来ようかな、と。

1クリック、お願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
 

Tunisia Trip #3: 雨の日

朝起きたら、小雨。今日は一日ホテルでゆっくりしようかな、なんて考える。
朝食で、隣に座ったドイツ人たちと仲良くなって、ずーっと話をしていた。ドイツ人がここには多い、という話をしていて、ここはジャーマンのポピュラーな旅の行き先なんだな。彼らは英語を喋るので、会話も弾み、結局1時まで話をしていた。

雨も上がったので、お土産を買いにSousse Shopping Center へ。この際だから、昨日と同じところをちょっと回ってみよう、と思い、メディナへ。結構店が開いていて、客寄せがひどい。でもバーレーンとエジプトで鍛えたので、難なく撃退!

夜もドイツ人とご飯を食べ、チュニジアンダンスを見て、ベット行きでした。

明日にここを出で、ハマメットへ行きます。



1クリック、お願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
 
信じられないくらいゆっくりできた。久しぶりのこんな朝。今日何しよう?なんて悩む暇もある。(最近、そんなゆとりがなかったからなぁ~)
9時頃に朝食を食べ、部屋でごろりと。11時頃に外に出て、せっかく人がイスラム教の犠牲祭でいないんだから、写真を撮りに行くことに。

今回は本当に「地球の歩き方」とカメラのみを持って、街を歩く。

スースの見所といえば、ビーチとメディナくらいじゃないかな。

取り合えず、写真を楽しんでください。(今回はちゃんと載せますw)

まずはホテル。
タワーの部分と普通の3階立ての部分があり、裏に出ればすぐにビーチ。夏は絶対ここはいいだろうな、というところ。ただ4スターとはいっても、日本のビジネスホテルの方がいいんじゃないか、という感じ。建物そのものが古いから、というだけなのかもしれないけど。
Sousse5



周りは、「ハビブ・ブルバギ通り」で、今日はしーんとしているけど、結構人通りが多いことで有名ならしい。現に昨日の夜はたくさんの人が歩いていた。
Avenue2

Avenue1



メディナは旧市街地。1988年に世界遺産に登録されたらしいですけど、見るからに「古い」。グランドモスクには入れないけど、これも851年に建てられたらしい。その隣にはリバトという要塞がある。ちなみに今日は入れなかったけど、普段の日はちゃんと見学できるそうだ。

Rabat

Grand Mosque


スース考古学博物館もあったけど、現在は改装中でクローズ。

この旧市街地には、やはり普通に人が住んでいるので、今日、ある道は血の海でした。(もちろん写真は撮ってません)生きた羊を殺して食べる、というのが犠牲祭の習慣だから、みんな羊を買って、家にもって帰る人も居たし、もう殺し始めている人も居た。

Medina1

Medina2

Medina3

Medina4


明日はスークに立ち寄ってみようと思う。

ビーチエリア、コルニーシュは本当にきれいでした。格好の散歩道。

Sousse1

Sousse2

Sousse3

Sousse4




1クリック、お願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
 
ごぶさたしております。

ハマメットについて、ようやく、ネットが普通に使えるので、今までのをアップデートしたいと思います。

朝早く起きたことは書いたけど、こんなにも辛いものとは思わなかった。空港には3時半。チェックインして、1時間時間をつぶし、ドーハには予定時刻前に出発。その後、チュニス行きの飛行機へ。6時間かかって、現地時間の12時に到着。

ドライバーが迎えにきているはずなのだが、いない!

この時間を利用して、タバコを吸って、米ドルをチュニジアンディナーに換金。20分ほどで無事に会えて、スースに向けて出発。

チュニジアの冬はちょっと肌寒いです。雨も降ってたし、曇りなので、余計にそう思うのかもしれないけど、夏服同然で来た俺にとってはちょっと寒い。

2時間くらいチュニジアを南に行き、スースに到着。2時半ころ。超疲れた。もうこの時点で、12時間は余裕で起きているんだよね。

ホテルにチェックインして、外で歩こう、なんて余裕はマジでなし。昼寝して、タバコ買いに行ったくらい。

いくら観光慣れしているからと行っても、チュニジアの言語はフランス語とアラビア語なので、「地球の歩き方」にある「会話集」を使って会話。あ~英語がこんなにも役に立たないなんて・・・。アラビア語も使えるんだけど、やっぱり訛りがあるのか、決まり文句以外は通じない(笑)。まるで秋田人が東京に出て行ったかのような気分になった。

液体物は持って行けないので、歯磨き粉等を買わないと行けないので、それに出かける。っていうか、明日から犠牲祭というイスラム教独特の日なので、店は全部閉まるだろうし、外には誰もいないだろう。明日は格好の写真撮影の日になるかな。

とまあ、こんな1日でした。


Hotel1

View from Hotel


1クリック、お願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
 
10月に予約を取って早2ヶ月。


ついにこの日がやってきました!!!


が、眠いのなんのって。。。無理して夜7時に寝て、ただいま夜中の1時半です。


これからパッキングで、3時に空港へ向けて出発。


5時半にバーレーン出発です。

なお、チュニジアに到着したあとは、車で結構走って、スースというところまで行くので、更新は日本時間の深夜になると思います。ただ、もし、インターネットが使える、としたら、の話ですけど。


荷物が全然まとまっていない。。。


それでは、その時まで。Adios!

1クリック、お願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
 
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。