05 | 2017/06 | 07

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
いつも、何かしら、変化があると、ブログを一新することにしています。

今回もバーレーン行きが決まって、ブログを新しいほうに引っ越すことにしました。元同僚向けに英語版も作っていますが、そっちはまだ更新していません。。。


日本語版は2年目教員生活 in Bahrainです。



毎日する予定ですが、ネットにつながるのはいつか、とか、学校で日本語は打てるか、など、いろいろ心配している部分もあるので、更新ができなかったときは首を長ーくしてお待ちください。


今後ともよろしくお願いします。
スポンサーサイト
 

Summer School Day 3

今日で終わり。Algebra Iは方程式の導入。っていっても用意されていたプリントをやっただけ。
Geometryは教科書問題。今週のノルマはもう終わった人がいっぱいいた。


さて、今日は1日長い日バスケットの試合のヘルプがあるので、そのために大学のジムへ。今回も時計・得点係、4試合。

でも最後の4試合目はなんと、審判をやりました。そりゃ、20分/ハーフで4試合、というのはきついようだ。なので、最後の1試合は僕がやりました。
もう一人の審判に「俺、ファールとらないかな」と言っておきました(だって、きわどいものはわからないもん)

もう一人の審判といっても、2年前の教え子なんだけどね。こんなところで一緒に仕事をするなんて、まあ、驚きました。

日本に帰る前にランチでも一緒に行かないとな。

 

Summer School Day 2

昨日同様だったが、Algebra Iはテストをやらせることに。
しーんと取り組んでいた。

Geometryは同じく。

 

Summer School Day1

今日からサマースクールのサブをすることになった。担当の数学科の主任がいつも教えているんだけど、研修会があって、そのために俺が3日間、小遣い稼ぎのためにやることに。18ドル×6時間×3日間です。

1時間目はAlgebra I。はっきり言ってひどいクラス。
クラスには遅れてくる。
持ってくるものは持ってこない。
やる気がない。
ものを投げる。
立って歩く。
さんざんでした。俺は自分が前回持ったクラスが最低のクラスだと思っていたのに(それでも、セメスターの終わりは大分まともになったけど)、それを遥かに上回る。
お願いされたアサインメントを渡して、監視。それだけ。

2時間目はオフ。

3、4時間目はGeometry Semester 1と2のクラス。
1時間目に比べれば楽勝です。
教科書の問題をやらせるだけ。みんな真剣にやっていた。

1時間目さえ乗り切れば、楽勝だな。

 
このTeaching Diaryのコロラド編も今日で最終回となりました。(ブログは更新しますが)

この卒業式で幕が閉まる、というのもまた、いいですね。最後にいい卒業式に出席できたと思います。

さて、朝は5時半起床。6時半には会場へ。ガウンの着付けなんかをして、あっという間に8時。
今年は先生方も出席なので、正装して入場して、式の中に参加。(とはいっても、座っているだけだったけど)

その後は、恒例の写真撮影。そして、パーティーへ。

久しぶりに写真、載せておきます。(Mixiの写真も変えました。)
graduation 1

graduation 2

graduation 3

graduation 4

graduation 6


graduation 7


graduation 8

graduation 5

今日も1クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
 
今日はスタッフ最後の日。

朝から、グレーディングデューだなんなので、走り回っていました。

みんなからカードをもらったり、イヤーブック(卒業アルバムみたいなもの)にサインをしてもらったり・・・。

昼はみんなで昼食。Social Committeeというグループから、今年転任する先生にカードが送られた。泣けてきたよ、正直。

それで、社会科の先生方と一緒に写真を撮りました。2年一緒に仕事をし、今年は科こそは違うけれども、いろいろ助けてもらった先生方です。(画像ちょっと大きいです)
社会科先生
寂しくなります。

午後は卒業式予行。その後、今日は帰ってきました。

明日8時から卒業式。もう寝ないと・・・。

今日も1クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
 
最高で最悪な日になった最後の日。

期末試験2つのテスト監督をして、色々学生と写真をとったりした。

それで、数学科の先生全員とランチを一緒に。


オフィスに帰って来たら、デジカメ盗まれていました。


デジカメがね惜しいんじゃないんですよ。


学生ととった数々の写真がパーになってしまいました。。。お金に換えられないものだからね。本当に悔しい。


とにかく、明日で先生方の日は終わりです。

初任者としての1年がもうすぐ幕を閉じようとしています。
 
バーレーンからの朗報に関して、たくさんの皆様からメール、コメント、メッセージをいただきました。ありがとうございます。期待を裏切らないように、がんばろうと思います。


おかげさまで、昨日はゆっくり、本当にゆっくり熟睡することができました。できれば、起きたくないほどでした。

バーレーンバヤンに行くことに決まりましたが、次なる夢は、受け持つ7年生が卒業するまで見送ることです。時間をかけて付き合った学生達は信じられない程、強い絆を築けると思います。

全ての学生・親に好かれ、全ての学生のために、全力を尽くせる教師でありたい。

これからは(も)、これを肝に命じて、邁進していきたいと思います。

王国でもトップレベルの学校なので、トップレベルの学生の育成(学力面だけではなく、「人間として」という部分も)。そして目指せ、IB EXAM全員合格!と、この2つの目標を達成するためにがんばらないといけません。

自分の教え子が、アメリカやイギリスや、海外に旅経つところを見てみたいと思います。世の中に貢献できている教え子を見てみたいと思います。

そのときが来るまで、がんばらないといけませんね。

これからも、このブログ共々よろしくお願いします。

あっ、1クリックよろしくお願いします。
 
今日は午前中はメイクアップの時間で、実際の期末の時間は11時45分からという変則時間割。

テストを上げて、採点して、終わり、というものだが、午前中は、何人の学生が来るだろう、と思っていたが3人しか来なかった。。。

なので、机の上を奇麗にしたり、と、そういうことだけしか出来ませんでしたよ。


同僚の先生から推薦状をもらいました。
読んでいたら、泣けてきました。マジで、涙もろい僕は、サブを頼んで帰ろうか、と思った程でした。


あと1日です。採点がんばらねば。
 
中東の学校の校長先生から返事が来ました。


正式に仕事をオファーする


とのことです。

今まで明かしていませんでしたが、中東はバーレーンにある、Bahrain Bayan Schoolというところに就職/転職します。

7年生、8年生の数学です。中学校での先生です。


ちょっと、淡々と書いていますが、実はとっても、興奮しています。それ以上に、今日から一番嫌いな「返事待ち」というのがなくなるので、やっとゆっくり眠れるかな、っていうところです。はい。


バーレーンっていうと、サッカーとかF1グランプリでしか知らないところだと思います。ましてや、中東にある国だ、ということだけで、結構、ネガティブに見られてしまうと思いますが、僕は全然そうは思いません。安全だ、ということは知り合いから聞いていますし、学校そのものが本当にいい雰囲気なんですよね、写真を見るからに。

よく、「どうして、その学校にしたの?」って聞かれますが、2年かけたリサーチの結果、バヤン校のウェブサイトが一番情報を提供している、ということ、インターナショナルの雰囲気を作る、ということ、IBというプログラムがある、ということ、そういうことを踏まえて、アプライしました。

そうです、あの第1志望の学校が、Bahrain Bayan Schoolです。


僕はこの学校に人生をセーブしていただきました。校長先生にはアメリカでのビザの件も素直に話をしました(性格的に二股というのはできないー笑)。ビザの結果が分かるまで待ってあげる、ということもしていただいたし、現にオファーもすぐしていただきました。そういうことを総合して、僕は本当に恵まれているな、と。

バーレーンは今でこそ石油で恵まれている国に見えますが、もう20年もしないうちに石油が採れなくなるそうです。日本のように、自然資源が乏しい国になってしまいます。そんなとき、必要なのが、人材ですよ。日本同様に、教育に力をいれ、バーレーンにとって必要な人材が育ち、貢献すれば、バーレーンもきっと石油に頼らずに反映できるかもしれない。その力になりたいな、って思いました。

外人がアラブ人を教える。滑稽に見えるかもしれませんが、僕は結構本気です。なので、今度受け持つ7年生は、卒業する12年生まで持ちたいな、って思います。途中で投げ出す、というのはもう嫌ですからね。そして、やっぱり自分が目指す教育をしていきたいな、って思いますよ。最初から面倒を見るなら、最後まで見届けて、それで「はい、次」ってな感じにしたいな、って思います。

これからすることは、コントラクトにサインをして、必要書類を送ります。

6月下旬には日本に帰国予定で、
7月は日本で2年ぶりに、歯医者にいって、友達や家族にあって、ゆっく~りして、
8月の中旬頃に、バーレーン王国に飛び立つ

という感じになるでしょう。

学生も結構、納得しました。It sucks you are leaving, なんていっていた学生も、「また戻ってくるでしょ」とか「卒業パーティには絶対来てね」みたいに話をするようになりました。

なので、ここを離れる時は、前向きに出で行けそうです。

高校教師@コロラドは中学教師@バーレーンになると思います。タイトルは考え中です。


4年住んだグリーリー、7年住んだアメリカをあとに、今度は新たな国でがんばろう、って思います。


1クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
 
今日から期末試験。
日程的には、アカデミー→1時間目ファイナル→ランチ→2時間目ファイナル(空き時間)→3時間目ファイナル、という感じ。

Algebra Iのテスト問題は、超簡単。昨日、答えを作成したんだけど、この俺でも10分かかんなかったんだから、きっと成績もいいものになるだろうな、って思った。

案の定、半数以上はテストをパス。

今日はずーっと、テスト監督に採点でした。

明日は、午前中メイクアップの時間、午後から4時間目、5時間目のテストになります。
 
今日でファイナル前の通授受業は終了。明日から期末試験になる。

今日は試験前なので、みんな質問しにくるのかな、なんて思ったけど、全然ですよ、全然。
ま、きちんとやってくれればいいんですけどね。

中東のほうからは、まだ返事が来ていませんが、時間も時間なので、来年は帰ってこないこと、オファーがくれば、中東に行くことを学生に告げる。

6時間目は、今までで信じられない程、しーーーん、として聞いていたが、7時間目は、俺が話をし始めようとしても、静かにしない。

なので、その話はしなかった。そんなうるさいところで話をしても意味がないと思うからさ。

7時間目以外の学生は、まあ、オフィスに話をしに来たりした。

もうお別れなんだな、と思わせる。


放課後はファイナル試験の最終チェック、答案作成など。
全てが終わり、家に帰って来て、この間まで日本に帰っていた友達のご夫婦と食事。

今帰ってきました。
もう寝ないと。

1クリックよろしくお願いします。
 
今日はブルーデー。野球の試合があるので、大半の学生は授業をサボるだろう、ってみんないっていたけど、本当だった。


あるクラスなんか、20人いるうち、3人出席でした。3人ですよ、3人。


とにかく、タイトルにあるように、今日はBike Ride。自転車に乗って、目的地のバーまでいく、というもの。約8マイル。

去年も参加したし、今年で最後なので、主任に誘われるがまま参加。


自転車なんてこぐ機会が全くなかったので、もう太ももやら、足が痛い。。。

明日は筋肉痛だろうな。


その上、最後だから、という、分けも分からない理由で、


ショット10連チャン


トイレで、うぇーうぇー、やってましたよ、後半。

しかも、何飲んだか分からないけど(主任が勝手に頼んだ)、不味い不味い。飲めたもんでもない。


明日は筋肉痛&二日酔い確実です。今、こうやって、何もなかったかのように書いていますが、もう泥酔してます。よく帰って来れたな(車は運転してませんよ)、って思いますよ。

今日は寝ます。
1クリックよろしくお願いしますね!
 
昨日も言った通り、今日は有給休暇を取りました。

でも朝5時半に高校にいって、今日の補充計画を準備して、サブが来るのを待って、7時半に家に帰ってきました。クラスでやることは主にファイナルに向けてのレビューなので、サブでもいいかな、と。

先セメ、うちで教育実習していて、さらに大学でもクラスメートだった友達にサブを頼んだので、かなり信頼できるし、心配もしていないけど、何分、学生のことが気になって、家に帰って来てベットに横になったものの、


やっぱり眠れん・・・・。


なので、起きて、学校から持って来た書類の作成、採点などを8時半から1時間程してましたが、もう終わってしまいました。


はっきりいって、暇です(笑)。


ストレス減らすために取ったのに、逆に気になって、ストレスになっている、っていうこの悪循環。。。


ちなみに、中東の学校へメールを送りました。「学生が夏休みでいなくなる前に、自分のことはきちんと話をしてから、日本へ、そして貴方の学校へ行きます。来週までお願いできませんか?」と。そうしたら、なんと、うちの校長の返事待ち、ということならしいです。

そう、うちの校長まだ、メールを送っていないようです。忙しいから、と思います(卒業式だ、なんだ、とありますからね)。でも前のように、俺をキープしておきたいから、というのは、ビザが却下された今、理由としては使えません。うれしいですけど、逆に迷惑になりますからね。


なので、今日中にメールを送ってくれ、とお願いしておきました。


来週、うちの高校ファイナルですが、多分、学生がいなくなる前に、俺の進路も決まりそうです。

という感じです。


今日も1クリックよろしくお願いします。
 
今日はブルーデー。もう着々とファイナルが近づいている。(俺のファイナルもだけど)


全てのクラスで指数法則と確率の復習。4時間目のクラス、3人寝ていて、放課後居残りを命じたら、逆ギレ。それにまた俺が逆ギレ。


プッツン。


って何かがきれる音が聞こえました。オフィスに学生が5人もいたんだけど、もうおかまいなしで、怒ったしまった。(ちなみに怒ったときにこと、覚えていません。)


ところで、今日は数学科主任の誕生日。この間買った、ギフトカードをあげたら、ビックリしていた。1万円分のギフトカードだったんだけど、俺この主任にはいつも迷惑かけているし、クリスマスに呼んでもらったときなんか、なんと俺、プレゼント持たないでいったのにも関わらず、もらって来てしまったので、そういうこと全てひっくるめて、何がいいのかな、なんて悩んだんだけどさ。ギフトカードに落ち着いた。彼の奥さんが買い物好きだから、ってある社会科の主任から聞いたからです。


明日は、休みを取りました。
はっきり言って強制的にです(笑)。


ほら、ストレス溜まっているからなんだろうか、妙に怒りっぽくってさ。それをみた同僚が

「Sick Leave使ってないでしょ。この際、休みなさい。絶対学校に来るな!」

って言われました。ここらでちょっと休んでもいいかなって。だって、この2ヶ月、CSAPだ、ビザだ、そして仕事だなんだ、ってマジで、信じられない程疲れていました。
自分ではそう思ってなくても、他人にはそう移るようです。


明日朝6時ごろ学校に行って、朝7時半には帰宅する予定です。(まだいろいろやらないといけないことがある。)


でも平日の休み、ちょっと申し訳ないけど、そうでないとパンクしそうです。

というわけで、今日も1クリックよろしくお願いします。
 
今日は変則授業なので、何か変な感じ。それよりもよく眠れなかったので、頭がぼーっとしていた。


6時間目はうまくいったけど、7時間目のクラスはもう最悪。もう少し計画を練らないといけないな、って思う。


さて、1時半からは、今年度退職する先生方のパーティ。
まずは、先生方を紹介して、その後、その先生にまつわることの話をする。

爆笑でしたよ。

いい感じのパーティーでした。

数学科からも1人退職者が出たんだけど、彼女には本当にいつもお世話になっているので、涙が出るかと思ったよ。


今日は行き交う先生方みんなに、


「ビザ残念だったね」


と言われた。まあ、校長先生にもオフィシャルな手紙を見せたので、「あ、どうも」としか言えないけど、残念だ、どうなってるんだこの国は、なんて言ってくれる同僚の先生方、本当にありがとうといいたい気分で一杯です。

でかいパーティをしてくれるようですが、セメスターが終わるまでどうなるか分かればな、って思います。そうでないと、「いつの間にか帰っちゃった」とならざるを得ない。

数学科は4人抜けることになります。(1人退職、2人転勤、俺不明、いけたら中東)
英語科は1人(香港のアメリカンスクールへ)
芸術科も1人(退職)
ESLも1人(お隣の高校へ)
外国語科は1人(ケニアのアメリカン・クリスチャンスクールへ)
オフィススタッフは2人。

去年も結構な数の先生が抜けたが、今年も今年ですごいな、って。
それもインターナショナルな感じでないですか?他国で教えるのはブームなんでしょうか、うちの高校で。

戻ってくる先生もいますよ。IBのオフィスには俺の教え子のお母さんが戻ってくるし、数学科にも1人戻ってきます。なので、全く知らない人、というよりはウェストに馴染んだ人たちが戻ってくるので、それもそれで、いいんじゃないかな、って思います。


今日はこれから日本人の皆さんと会います。久しぶりにゆっくり話が出来ます。
とは言え、俺は明日も学校があるので、遅くまでは無理ですが。

今日も1クリックよろしくお願いします。
 
週末は落ち込んでいたけど、仕事は仕事なので、気分を新たにして学校へ。

今日から全ての授業はファイナルに向けた復習。今までやったことをおさらいして、ファイナルに備えよう、というわけだ。

今日は、割合と百分率の復習。方程式を解くことには苦労しているが、手順通り問題を解けるようである。

さて、3時間目、2回も火災報知器がなり、45分以上も外で待機、ということがあった。誤作動ならしいけど、学生はもう気分が浮いていて、雷を落とした。


静かにしろーーーーーー!!


ま、火災報知器がならなければよかったのだろうが。

放課後、何故かたくさんの先生方がオフィスにくる。
「どうにかして残れないの?」
「なんで、こんなことに?」

今まで"Hi"としか言っていなかった農業の先生や体育の先生が、顔を見にきた。はっきり言ってうれしかった。Spartan Familyとは、こういうことなんだろうな。


そう、それと最大の難関。校長先生に「こうなりました」という経過報告。恐る恐る校長室へ。


「はー、残念だ」
「うちの地下に隠れなさい」
「なんとかできないのかね。」
「Mr. CSAPがいなくなるのか?」
「これで、10人目だよ、今年の転出。」
「親から『クビにするな』って何件電話がかかって来たと思う?」
「ここにいないといけないよ。」
「社会も受け持ってもらおうと思ったのに。」

こんなに校長先生にコメントをもらったのは、1月以来です。うれしくてうれしくて、「泣いてもいいですか?」なんて言ってしまった。(泣いてないですよ)

とりあえず、今考えていることを喋った。金銭的にJ1にアプライするのは今のところ無理なので、中東を第1志望としている、ということには理解を示してくれた。まあ、アメリカには残れないんだからね。


「あなたの進路にベストを尽くすよ。」


といわれ、早速中東の学校にメールを送ってくれたようだった。

校長先生からも言われた。「先生方以上に、学生がね、かわいそうだな、って思う。今まであなたのやって来たことはすべて学生のためだというのがよくわかっし、学生もわかってるよ。」

そうだよね、学生のことを考えると、とっても胃が痛くなる。


そして、自分のオフィスに帰ること、4時。
なんと、仕事のオファーの電話。Cherry Creek学校区で日本語を教えませんか、というもの。あれ、去年も出したっけな。断ったのに、またかよ、って。
そのあとは、Boulderの高校、社会で。ここも断ったんだよね、去年。

なに、この究極な選択は。ま、うちに残るとしても、動こうとは思わないけど。でもさ、何分アメリカにいれないんだから、しょうがないよな。。。

夜は、数学科の先生と会食。
本当にいい食事ができました。こんないい同僚に恵まれて、本当に幸せだ。
いろんな話ができたしさ。(俺の場合ビザ問題だったけど)
ご飯、奢ってもらっちゃった。


とりあえず、気分は上昇中です。こういう仲間がいる、っていうのは本当にうれしいことだな。

ちなみに、財布の中身がまたスッカラカン(150ドル)ですが、弁護士代、すべて支払いました。すべて2400ドル也。チャリン。

もう借金はありません(笑)。

でも、今後生活できるのか?と不安になってもいる。(給料日までまだ16日もあるのに)


今日も1クリックよろしくお願いします。
 

TI-Calculator Conference

今日はこの計算機のカンファレンスに出るために、4時起き、5時半グリーリー出発。現地着7時過ぎ、という強行突破。


週末なのにゆっくり寝ていたかったが、昨日は気分的にも疲れたので、9時に寝れた。でも週末なのに4時ってまた一体、という感じにもなったのは確か。

今日はデンバーの南にあるリトルトンのとある高校でのカンファレンス。3000円払っているので、使えるものは習ってこよう、とおもったし、大学院の単位、0.5単位もらえる、というのも理由。

ただ、同僚の先生がプレゼンターなので、彼女のを主に聞きにいった。


ドアプライズなどもあるので、喜んでいきましたよ。
僕は2台目のTI-84+ Silver Editionをもらいました。買えば、100ドル以上はするものなので、これからも重宝しないと。


昔グリーリーでもこの計算機のカンファレンスに参加したのだが、今回は違うセッションに参加。来週、TI-Navigatorというのを使ってみようかな、って思う。どういう反応するか楽しみ。


中東からは連絡はまだありません(まあ週末だからしょうがないけどさ)

明日は母の日。なのに、午前中は高校へ。午後は知り合いの家で、母の日のランチ、夜は月曜日同僚の先生のプレゼントを買いにちょっと買い物の予定。

がんばらないと。あと2週間だ。

今日も1クリックよろしくお願いします。
 
昨日も予告した通り、今日は午前中のミーティングのあとに、教委へ。

手紙を読むと、やはり抽選ではずれた旨が書いてあった。


なんか、今まで苦労が、すーっと流れていくような気がした。(気は失ってませんが)

人から聞かされるのと、自分で手紙を読むのとでは、やはり重みが違う。「ホントにダメだったな」と改めで実感した。


でも、それでも、僕にはまだ残された道はある。それがうまくいくことを祈ろうと思う。


今日も昨日と同じように、テストの直し。

全ての学生が何とかやっていた。

同僚に、例の手紙を見せると、やはり、ショックなようだった。

夜は同僚の先生ご夫婦とメシを食べにいった。一番言われたくないことを言われた。

"I am okay and respect what you will do, BUT students feel..."


そう、「生徒がなあ~」なんて言われると、やはりちょっと、キツい。
ドシッと今までの思い出がのしかかってくるような感じだ。

別れというのは本当に辛いな。今度ばかしは、いつ会えるかもわからくなるんだもん。

夜は高校でタレントショー、っていうのがあるんだけど、学生と一緒にいる時間が長くなればなるほど辛くなるので、今日は帰って来た。


中東のほうがうまくいけば、心も決まるんだが。


今日も1クリックよろしくお願いします。
 
全てのクラスで今日は、テストの「テストコレクション」という、間違い直しをさせる。

2時間目、自分の空き時間に、カウンセラーと1時間以上、親が、あーだの、こーだの、言って来た、ということの話し合い。


今回の親は、俺が題した宿題に難癖を付けてきました。
前にも書いたけど、400問近い多項式の問題と因数分解の問題を載せたスタディガイドを配りました。数は多いけど、結構みんな真剣に取り組んでいたので、感心していました。

ところがその親、


9年生に400問もの問題はあまりじゃないか。
おととい、うちの娘は、朝の4時まで勉強していて、結局体調崩して、テスト受けれなかったじゃないか。

すべてはお前の責任だ。


と、校長先生に電話をしてきたそうでした。


言っておきますが、そんなテストの前日に問題を配ったわけではなく、2、3週間前に配って、その上、クラスでも時間を設けたので、出来ないはずはないのだ。


実際、提出率は80%はあった。


そのテストはそのガイドから40問プックアップしたものだったので、1度といたことのある問題は、何かしら対処ができるはずだろう、と踏んでいた。なので、きちんと自分で取り組んだ学生は、やはりテストの点数も悪くはなかった。(Fではなかった。)


コツコツやることの大切さ、というのを知らないのか?


学校終わってから、校長から電話はくるし、カウンセラーからも電話はくるし、その上、教委からはビザのことで電話が来るし・・・。もう大変でした。

本当は放課後は教委に出向く予定でしたが、親が来たので、無理を言って明日にしてもらいました。

その親、カウンセラー、校長先生と学生と俺とで面談。それはまるで、


俺がいかにダメな先生か、ということを決めるような裁判


のような感じでした。幸い、スタッフはこっちの味方についてくれたので、緊張することはなかったけど、もうね、昨日言ったことと、電話で喋ったことも、全く違う。

こっちは下手に出るだけ。


もうね、今日1日で、一気にどーんと悪いことが2つ起こったので、超ムカついていましたよ。


結局テスト以外はメイクアップさせることにしてあげました。


こんな親にはなりたくないな、と思わされた時間でした。放課後は何もする気も起らず、ご飯も喉が通りません。

しかも、その上、ビザがダメ、ということが分かったので、気分はドン底。


あと2週間乗り切らないといけないけど、かなり疲れました。
こういう親が多いと、ホントに先生辞めたくなるんだろうな、って思いました。

俺、嫌気さして来たよ。もうね、親が自分の娘が有利になるようなドラマを作って、永遠にしゃべっているんだもん。カウンセラーも「それは違うでしょ」って思うところがあったようだけど、言えずじまい。


俺がマジで悪いならそりゃ、それで、謝りますけど、他の学生がちゃんと出来たことが、出来ないからって、人のせいにするなよ。

同僚ともこの話しましたよ。そうしたら、

"If a student is successful, then he must be a bright and an intelligent. If a student is not successful, then that is teachers' faults."

名言です。アメリカでの教員生活で一番勉強したのは、本当に「悪いことは全て先生のせい」ということでした。


この難局を乗り切れば、本当に強くなれるんだろうな、と思いました。

今日も1クリックよろしくお願いします。
 
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。