06 | 2006/07 | 08

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

新年度スタート

8月1日は、アメリカの先生方の新年度スタートというイメージがある。ここの学校区は8月16日に授業がスタートするが、8月10日から2日間、職員会議で、今年度のことを話し合ったり、重要な変更点を発表したりする。

初任の僕は、普通の先生よりも早く、あさって、8月3日にもう研修が始まる。これが四日間ある(3、4、8、9日)。
確か1月に今年の目標、ということを前のブログに書いたけど、卒業もしたし、就職もしたので、今回は学校関係での目標を作っておきたい。

・授業計画・記録は毎日書く。
今後のために、毎回簡略指導案を書いて、授業で何をするのか、具体的に(発問、指示を加える)書く。反省もその日のうちにしておく。

・達成目標の数値化を図る。
CSAPという州統一テストがあるが故、それも焦点にした授業にしなければならない。となれば、9年生、10年生で、「学習しなければならないこと」、「マスターしなければならないこと」とすべて数字で目標を立てる、ということ実践したい。そのため、日々の授業の目標(Objectives)は目に見える文で書き、評価の方法(主にクイズ、テスト)も、Objectivesにマッチするように作成する。
教科書の各章、自分が作った大単元ごとに学生にテストを課す。
その目標を今年は80%と設定したい。が、まずは学生の中学校時代の成績を見てからにしたい。

・生徒第1主義を徹底する。
学校関係、とくに学生のことに関することを、自分のこと、友達のこと以上に最優先させる。教え子がフットボールの試合があれば、それに顔を出すし、演劇があれば、それにも行く。チューターが必要であれば教える。とにかく、生徒に頼れる、好かれる先生になるために、生徒との時間は最大限作っていきたい。



アメリカでは新年度がスタートします。
今年度もこのブログをよろしく御願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
スポンサーサイト
 
教育書を読むのが、アメリカに来て教師を目指すようになって、趣味になった。雑誌等はさすがにこっちに送ると、送料で雑誌が3冊も買えたりするので、していないが、書籍は長い休みのときにまとめて購入する。その中で、TOSS代表の向山洋一先生が書いた全集の2巻「プロの資質を磨く若き教師の三年間」という本を読み直してみた。
この本には、「新卒教師のための十カ条」という章がある。ここに挙げてみる。

第一条:挨拶は自分からせよ。
第二条:わからないときは自分から教えてもらえ。
第三条:授業・実践の記録を必ずつけよ。
第四条:教室を設計せよ。
第五条:まず学級を組織せよ。
第六条:いかなる結果も自分の責任としてまず考えよ。
第七条:授業計画は明確に立てよ。
第八条:本を読め。
第九条:プロの教師になりたいのであれば、他人より10%ほど多くの努力をせよ。
第十条:研究授業は自分からすすんでやれ。

さて、こちらの高校での教育で、特に自分にはあてはまらないのは、第四条(自分の教室は無いため)、第五条(学級という概念が無いため)、第十条(研究授業がないため)の3つであろう。

というわけで、自分に取っては7条になる。以下、気になる部分を書いてみる。
第一条:挨拶は自分からせよ。
アメリカの学校は名前を知らなくても、HiとかHow are you?とか声をかける。礼儀だ。今までは自分から進んで、というわけではなく、言われたら、というのがあったので、今年は自分から挨拶することを心がけよう。

第二条:わからないときは自分から教えてもらえ。
わからないことだらけなので、教えてもらおう。(ただ実習時と同じ高校なので、ルールや仕組みは理解している)

第三条:授業・実践の記録を必ずつけよ。
第七条:授業計画は明確に立てよ。
今年、初任者として、まず毎日やろう、としていることがこの2つ。
授業計画は向山先生も言っているように、「発問」と「指示」を必ず書く、ということをやっておきたい。(こちらでは英語になるが。)
そして、毎時間、毎日、授業が終わったら、どうだったか、的な反省をノートに書く。
去年はもやっていたが、反省に関しては、だんだん、「良かった」とか、1行日記になっていったので、今回は時間を作って、授業を振り返ることにしてみよう。

第六条:いかなる結果も自分の責任としてまず考えよ。
いつも心がけている。すべての結果は自分の責任。そこから対処法を考える。

第八条:本を読め。
専門外の教科担当になったので、これは必須だろう。マガジンでも購読しようかな。

第九条:プロの教師になりたいのであれば、他人より10%ほど多くの努力をせよ。
「10%」ほど、どんなことをしようか、まだ考え中だ。

当たり前、といえば、当たり前の心構えだけれども、その当たり前が出来てないな、と教育実習中を振り返り思った。どうしても悪いマンネリ化となり、ずるずる・・・となってしまう。
それを防ぐ、というのも必要だろう。


今日もよろしく御願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
 

脅迫??

まずはこちらのニュースから。

オーストラリア警察は31日、東部のクイーンズランド州ブリスベーンの連邦裁判所職員に脅迫電話をした容疑などで、日本人女性留学生の容疑者(38)を逮捕した。同容疑者は嫌がらせ電話を裁判所に150回以上した疑いも持たれている。
 警察の調べによると、この容疑者は今年5月に裁判所職員2人に対し、相手に殺意を感じさせる電話をした疑い。動機は明らかでないが、同容疑者のビザ延長に関係するとみられている。(時事通信)




こういうことが起きると、本人だけではなく、オーストラリアにいる日本人に対して冷たい目で見られたりする。

日本人が、「アメリカ人は~」なんて一般化するように、アメリカ人(他の外国人)も「日本人は~」って偏見をもつ。

海外は警察に迷惑なるような行動は慎みましょう。(えっ?お前がいうなって? 笑)
 

教師になった理由

昨日、教え子ら(左コラムの写真の学生)から電話がかかってきて、晩飯一緒に食べよう!、ということで、あるレストランで食事をした。
そっか、こいつらももう大学生なんだな~なんて思って、聞いてみた、

将来何なんの?

って。

答えは、「まだわかんない。」
日本もそうだと思うけど、はっきりとした夢を今の時点(18歳)で持っている人はあまりいないのではないか。逆に「こうなりたい」とはっきりした夢を持っていると、幸せなのかもしれない。
ところが、うちの学生達は、

じゃ~、お前は何で先生になったの?

と聞いてきた。

自分なりに思うところを言ってみた。
・自分の習った先生にとっても影響を受けたから。(思い出の先生シリーズの投稿で述べた通り)

「この先生いい先生だ」「俺のことを良くわかってくれる」
 ↓
「こういう先生になろう」

この図式はあまりにも短絡的すぎるような気がしないでもない。(立派な理由でもあるが)
他になにか理由は無いだろうか、と考えてみると、たどり着くのは

「この学生のために何かをしてあげたい」

という半分御節介な気持ちではないだろうか。そういう気持ちはやはり、教育、人材作りは国の資源作り、という立場からと思う。

昔はピンと来なかった、教育は国の未来を作る、ということが、今となっては、やはり「教師という責任の重さ」がひしひしと感じる。

教えるのは好きだし、学生と一緒にいるのが好きだ、というのも先生になった一つの理由でもある。一緒にいると、生徒の成長が見て取れる。出来なかったことが、出来るようになる。この学生は、こういうことができるのか、という新たな発見もある。こういうところに気づく、ということがどんなにすばらしいことか、それを身をもって体験したいし、そういう自分では気づかないところを発見させてあげたい、という思いがあって、先生になった、とも思う。

考えがまとまらない。難しい・・・。

学生には、「学生が何か俺のクラスで習って、後で感謝してくれるような先生になりたいな」と言った。

夕飯奢ってもらっちゃった・・・。

とにかく、自分が教師である限り、「自分は何で先生になったのだろう?」という問いはいつももち続けていなければならないな、と思う。


よろしく御願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
 
最近入手したテレビドラマを視聴し、有意義な一人生活を満喫している。
9時から7時までは高校でお仕事。その後、家に帰ってきて、ドラマ鑑賞。高校のときから憧れていた生活にようやくたどりついた、っていう感じがする。

今日見終わったのは「タイガー&ドラゴン」これ、面白いね。落語にハマりそう。落語家になるのは厳しい道だ、というのを聞いたことがあるけれど、おもしろおかしく描かれてある点がいい。みててストレスが発散できる。

そして、H2-君といた夏。漫画が原作なのかな?11回で高校3年分を書くと言うのは無理があるからか、物語がどんどん進んでいく、と言う感じ。H2というタイトルは英雄と比呂をかけているのかな??この二人、TBS系で、白夜行でも出ていたし、セカチューにも出ている、というのを聞いた。ま、役にハマっているから見てて面白かったけど。

最近のドラマでは、前にも投稿したが、「結婚できない男。」クラシック好きな人ならわかるけど、阿部寛の聞いている、ショスタコービッチの交響曲第5番とこの間の放送で流れていた、ワーグナー作曲のニュンベルクのマイスタージンガー。俺、どっちも好きなんだけど・・・。結婚できない男の候補なのか、俺。(さすがにバスガイドはいじめないが)
月9の「サプリ」はなんか、月9らしくないもの。この枠のドラマは最近つまらないと思うのは俺だけ?もうみないだろう。(伊東美咲は大好きなんだけどね・・・。)

東芝日曜劇場の「誰よりもママを愛す。」渡鬼のように、ありそうな家庭を描写したドラマ。田村正和のような旦那さんがいれば、夫婦仲よくなるんだろうな、と思う。(が、俺には無理。)見てて嫌なのは、あの薫の担任の先生。いじめを見逃すなんて、なんて出来の悪い新人教師なんだ?見てて蕁麻疹が出る。内田有紀、久しぶりに見た気がする。(最近離婚したんだっけ??)

そして、極めつけ、「ドラゴン桜。」これは、もう、ね~、出てる人たちの気持ちが十分にわかった。受験時代を思い出させるドラマだった。あのドラマで言っている精神論的な部分は非常に役に立つ。勉強法などはま、そういうのもアリかな、って感じがする。

今回のドラマは「ハズレ」が多い、とマスコミは言っているが、結婚できない男だけは見続けようと思う(誰かがビデオを送ってくれる限りだけど)


今日もよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
 

ようやく・・・

・アメリカ来てからこの6年間、ずーーーーっと欲しかった2つのもののうち、1つが手に入りました。彼女ではありません(笑)。それは・・・
教員免許状!!!!

License
ようやく手に入りました。幸せ。

発行が遅れている、なんてことを聞いていましたが、約1ヶ月ほどで発行。

2009年6月まではこの、Initial Licenseで「社会の先生」としていられるわけです。その後は、日本でも今話題のように、免許更新。2009年の6月の半年前に、今度はProfessional Licenseにアプライすることになります。

やっと一息できる。


今日も1クリックお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
 
日本では、昨日、今日、明日、吹奏楽コンクールが開催。昔吹奏楽やっていた人間だから、このコンクールって言うのは、甲子園以上に目が離せない。

今年の東北大会出場は以下の学校です。
高校小編成:
鷹巣高校(神々の運命)
大館桂高校(ダンス組曲)

高校大編成:
秋田南高校(交響3章より)
新屋高校(楓葉の舞)
湯沢高校(七五三)
湯沢商工高校(歌劇「フェドーラ」セレクション)

中学校大編成:
湯沢北中学校(セレブレーション)
湯沢南中学校(原石の未来)
秋田南中学校(交響組曲第7番「BR」より)
大曲中学校
飯島中学校(最後の航海)

です。おめでとうございます。
 

今日も学校へ

みんなに問われる質問、「なんで、わざわざ休みの日まで学校に行くの?」

この答えは、ズバリ
家にいても暇だから。

先月から、ずーーっと、これからの学期のことを話をしたりしているのだが、形や方向性こそは見えてきたものの、まだ確信をもって、「これをやろう」とか、そういうところまでは至っていない。計画を立てるときに、「これなら大丈夫だ」というところまで持っていって実行に移すのが癖なので、まだしっくりこない段階で、教えようとは思わない。いろいろ本を読んだり、人に話を聞いたりして初日、1週間分の計画を立てている。

TOSSに入っている皆様、もしくは何らかの教育雑誌を読んでいる人にはもう耳慣れているかもれしない言葉

黄金の3日間

は、どの国に言っても(といっても日本とアメリカしか知らないが)大事だな、と思う。本当に最初の3日間は学生は天使のように見える。でもその期間にやることをやってないと、ずるずるとクラスにまとまりがなくなって、学生も自分もそのクラスに行くのが苦痛になる。

自分はそういうことを経験したことがない。というのも、昨年度1年間は、基本的には「俺を知っている」学生を教えていたからだ。そうなると、学生に頼る部分も出てくる。もしくは「まっ、いっか」みたいに、投げやりになったりしたりもする。

ところが、今度の担当はフレッシュマン。新高校9年生。14、15の連中を相手にする。

3年前、現在12年生になる奴らを保健体育のクラスで、担当教諭について教えた。このときは、自分には統制力がないので、すべて担当教諭の言われたままに従った。お陰でうまくいった(当たり前か)。ところが今度は自分一人でやることになる。

人からは、人より1年以上の経験があるから、とか、大丈夫だよ、数学だから、とか、そういう慰めの言葉をかけてくれる先生がいるけれど、不安で仕方がない。その不安を解決するのが、クラスのことを考える、ということ。少しでもクラスのことを考えれば、不安が多少減る(気がする)。

なので、作った指導案に、「いや、こうではないだろ」と思って、おっきく×つけて、またやったり、1日目、45分の計画を立てるだけで、ノート半分にメモやら何やられ使ってしまった。


とにかく、今日は9時に学校入り。iMacをようやく学校に持っていった。これで、Win/PCの二刀流。Winも他の先生がWin98とかを使っているときに、自分はXP入れてもらったから、多少なりとも使わないとな、って思う。(当初の予定は成績処理のみ。)

数学科の主任と一緒にランチで、ベトナムレストランへ。2時間ほど雑談して、隣町にある教育関係の店にいって、ポスターやワークブックを購入し、高校へ戻る。

今度は社会の先生と話をして30分。その後、買ってきた本を読んだり、アクティビティーをリサーチしたりで、結局7時。得る者がなかったけど、同僚の先生方と話をする、というのはいいもので、幾分気が楽になったり、仲良くなったりできる。

明日は散髪して、写真の現像したのを取りにいって、高校へ行って、またリサーチでもしようかな、と思う。

日本に帰っているグリーリーの皆さん。
ガス、高くなったよ。レギュラー、1ガロン3ドルいきました。(キングスーパーのカードがあれば3ドル切るけれど)


只今のランキング。総合912位、英語58位、海外生活35位、教育47位です。
本当にありがとうございます。
今日も1クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

♪いい日、旅立ち♪

って歌ありましたよね。谷村新司だっけ??おっさんくせーって思わないでください。
今日は俺に取ってはいい日。学生にとっては旅立ちの日。

学校でセメスター計画を作っていたら、

Hey, Fumi~~!

と学生がオフィスに立ち寄ってくれた。

まずは、一人は去年卒業したバスケ部の子。ジョージアへ。そっちに行く前に立ち寄ってみよう、ということで来たら、俺がいたから声をかけたそうな。この子、バスケ部4A州大会の2位になったときのバスケ部で、それ故俺より背が高い。あー、年上の人と付き合ったらこういう運命になるんだな、と思わせるハグをしてくれた。お母さんも何かとPTAや試合の応援で会っていたので、挨拶をする。

その次、二人組。
一人はテニス部で、今セメ、俺のクラスを取る、CUへ。
もう一人はチアリーダーで、アラバマへ。(大学は確か私立だった。)

この二人、いつもコーヒー屋さんで会うのだが、「付き合ってるの?」と思わせるほど仲がいいんだよね。今日は彼女がアラバマに行く、というので、思い切って聞いてみた。君たち、付き合ってんの?って。

そうしたら、何のためらいもなく「うん」。おいおい、御熱いじゃねーの、この独りモンの前でさ。そこで先生から一言。「遠距離になるから、何か対策を練りなさい。」
あははは、って聞いていたが、まじだって。
この二人、優秀な学生で、彼女の方は、最初のセメスターに俺のクラスを取る。静かな学生だったけど、一つのことに専念できる学生。数学ができないのに、AP微積のクラスを取っていて、いつも宿題聞きにきてた。(社会の先生に微積を聞くか普通、っていつもいいながらチューターしてたな。)
彼氏の方は、「今度、弟が入るからよろしくね」と言っていた。そっか、弟か、フレッシュマンだな。俺のクラスになるのかな、なんて話をしてたら、「日本人がいるから、問題が起きたらそいつに行け、と言っといたから」だと。問題ってなんだ、問題って。そんなに素行が悪いのか??俺のクビもかかってるんだから、問題児に俺を紹介すんなって。

その後、30分経過。トイレに行って帰ってきたら、5人もの学生がオフィスに侵入して、インターネットをやっていた。(ポルノみてんのか?と思わせる連中だった)

一人は今年卒業した俺のTA、カリフォルニアへ。
一人は今年卒業した、上の学生の彼女、UNCへ。
一人は今年卒業した優等生(だがレイジー)学生、友達の付き添いで(コロラド州立大へ後に行く)
一人は今年卒業し、俺に1年も習った上の学生の彼女、フロントレンジへ。
一人は今年卒業し、勉強に目覚めて大学に行くことにした学生。

州内に残る学生であれば、いつでも会おうと思えば会えるが、州外にいくと、なかなか難しい。その上、アーミーに入る、何て言いだしたら、葬式で会うことに、なんて、悪いことを考えたりもしてしまう。(去年、そういう事例があったから余計に心配してしまう。)

彼らは思い出のクラスその2に書いたクラスにいた学生で、最初のセメスターに俺の世界地理のクラスを履修。信じられないかもしれないが、上の5人は全員Aを獲得。もっとも、授業中はうるさいし、人にいちいち文句をいうけど、やることはやる学生ではあったな。一番最初の学生は率先して、2学期目に俺のTAに志願して、コキ使ってあげた(まるで、前のセメスターの仕返しかのようにー笑)。家庭が崩壊して、結局友達と2ベッドルーム400ドルのところで生活してて、朝何回か目覚ましのために、学校から電話をかけたり、働いているレストランで、ウェイターに指名して、人よりチップを多めに上げたりと。その学生の明るさとは裏腹に、家族がバラバラというのはかなり応えているようだったが、それを全く表にださなかった。(同僚に言われるまで、家庭内の事情は全く知らなかった。)
3人目、4人目の学生も思い出がある。3人目のCSUに行く学生は、学校には来ないが、テストを受けさせると、いつもAをゲット。頭の回転が早く、その上思いやりがある。たまに言動で過激なことを言うが(それが原因で何回かけんかをしたり、というのもあった)、俺の大学の理科の宿題を率先して手伝ってくれ、夜10時ころに学校に呼んでは化学の実験を一緒にしたのも思い出だ。彼の助けがなければ、今回卒業が出来なかったかも。その彼女は、グリーリー中央高校から、編入してきたため、最初のセメスターのみならず、前の学校でとっていなかったアメリカ史のクラスも俺のクラスでとるハメになった。多少休みが多かったが、協力的だった。
5人目の学生は、1学期目に世界地理のクラスをとったのだが、PTAで、親が「大学に行ってほしいんですけどね、何分本人がその気がなくて」なんて言われたために、授業で「君たち、大学に行くべきだ」講演をしたり、自分の大学生活の話をしたり(当時、俺は大学生)した。その結果、とりあえず、コミュニティーカレッジからやってみる、というので、親があまりにも感激して、パイを持って学校に訪ねてきたほどだった。「貴方の授業のお陰で、Rは大学行く気になったんですよ。」お涙頂戴ものの話だ。(パーティーや飲み会の話をした、っていうことはもちろん親にはいってない。)

自分は最近、来学期こーしよう、あーしよう、といろいろ考えた。そして、そんな中ついこの間まで高校生で卒業させた学生が遊びにきた。あー、こいつらも、次のステップへ旅立ちかぁ~、なんて思うと、寂しくなるな、という気になる。

いくら毎年何百人の学生を新入生として迎え、顔を合わせたとしても、卒業した学生はいつまでも自分の中のいい思い出になるんだよね。なんせ、高校4年間、キックアウトもされず、卒業したんだから。胸を張って、これからの人生を楽しんでほしいな。そしてグリーリーに帰ってきたときは、いつでも寄ってほしいなって思う。教え子がいつでも「忘れられない先生」の所に遊びにいく、話に行く。そんな先生になりたいな、と教え子に会うたびに思う。


今日もクリックお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
 
・昨日、学校に行った後、教え子(俺のことを新聞に書いてくれた子)のパパさんから電話が来て、「今日さ、ステーキ焼くから、夕飯食べにおいで」とお誘いがかかった。朝も、昼も、コムキャスとのインターネット接続で時間が取られ、食べる時間がなく、そのまま、高校へいって仕事をしたので、「是非」ということで、ステーキを食べに、6時に行ってきた。ま、数学科の主任と一緒に。(ちょうどお互い学校にいるときに電話が来た)結局、10時まで、教育のことやら、その学生Bの高校時代の話などをして、大いに盛り上がって、たらふく、ステーキをいただいてきた。おいしかったし、楽しいひとときだった。もちろん、彼女のねーちゃんの話が出てきて、俺はかなり恥ずかしかったが・・・。
・家に帰ってから、ビザのことを調べたけど、ま、いろいろ手段があるようで、そういう困難なことは弁護士に頼むのが一番いい、という結論に達した。状況は変わってないが、結論を自分なりに出しただけ、気は楽になった。たくさんの人からコメント、Mixiメッセージをもらいました。ありがとうございます。

・今日は朝起きて、10時頃から高校へ。オフィスの整理、カリキュラムのミーティング、校長先生と面談(何で今?)があったので、今日から人と会う学校関係の仕事がいろいろ舞い込んできた。まずはオフィスの整理。社会科のオフィスにあった、過去の生徒のファイナル試験など、すべてをもってきたので、机の上がもう、紙の山。それをいるもの、いらないものに整理。カリキュラムミーティングは、Algebra IとGeometryの授業進度表を渡され、今まで考えてたものがオジャン(泣)。今まで、そういうことがなく、各先生方が独自にやっていたけど、さすがCSAPのお陰で、この学校区すべての高校で、教えることに統一を図るのが目的のよう。したがって、また計画を作成し直さなければならない。

・校長先生との面談は、別に今更、クビを宣告された、というわけではなく、驚きの一言を言われる。それは、

「君、AP Statistics教えない??」

前にも書いたが、このクラスを教えていた先生がやめ、新しく雇われた先生(俺を含めて)断ったので、最後に雇われた先生が教えることになったらしい。そして、先月あった、APのクラスを教えるクラスでは、俺は微分積分のほうを、彼は統計のほうを取ったらしいのだが、それを落としたと言うのだ。これは驚き。だって、出席すればいいだけなんだよ。

その先生、昔ウエストに勤めていたのだが、そのときはチュータープログラムの主任として。そして、今年、PRAXIS(教員免許試験)を受け、数学を教えれるようになった。

ところが、校長先生から、クラスを落としたこと以上に恐ろしいことを聞いた。

「彼ね、大学の学位は英語なんだよ。英語。数学のクラスは100番台の取っただけでだし、教職も履修していないし、何分、教えようと言う統計学のクラスもとっていない。しまいにAPのクラス落ちたでしょ。」

ここで、学校側のpoliticsが入る。AP Statisticsは上級生の中で結構人気なクラスで、受講者を減らさないために(別の言い方をすれば、APを受けさせて、大学に何人でも多くの人を入れよう、という策略)このクラスはなければならない。去年なんか80人も授業登録して、2クラスもオファーしたそうだ。

もし、1週間、副校長が授業評価して、ダメな場合、「1週目で授業打ち切り!」という前代未聞の事態になるらしく、その穴埋め、として、俺を第2候補として、代行のマスタースケジュールを作成する、というのだ。

俺は微積とか線形代数とかは教えれるけど、統計って、また・・・。取ったことないよー。っていうか、ノーマルディストリビューションしかしらないって。

というわけで、只今校長先生から借りてきた統計の本を読み、勉強中。(校長先生が昔統計を教えていた。)数式以上に文字ばっか。俺、大丈夫なのか。ステータス的では、彼となんら変わらないんだけど、とダダをこねたら、うちの校長

「大丈夫、君、日本人だから」

はい、出ました。お決まりの日本人差別。もうなれたけど。ただ、今の校長先生が退職するまで、仁義と忠義で付いていくことにしたので、言われれば何でもやるけどね。

・スタッフルームに、俺のボックスができたと、校長秘書にいわれ、早速出向くと、社会科教材のチラシ(俺、数学の先生なったんだけど)が入っていた。それよりも、なんかファンシーな手紙が23通入っていて、「これは俺のファンレターか?カッターの刃とか入ってないよな」とか思ったけど、全部、卒業生からのThank you cardだった。正直、うれしくて、うれしくて、Thank you card のお返しに、Thank you コールをしてしまった。「元気でやってる??」とか「今度遊びにこいよ」とか。こういう教え子からのカードを読むと、まじでビザの件なんとかしないと、と思う。それと同時に、国外退去になるまで、今の高校で教鞭をとろう、と決意した。


今日もクリックよろしくお願いします。只今、総合1501位、海外生活42位、英語70位、教育69位です。本当にありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
 
今回は長文読解について。

後々、英語圏に来る人は、いやでも「教科書」というものを読まなければならない。専攻によるかもしれないが、僕が勉強した歴史では、一つ一般的なテキストと、ペーパーを書く時、クラスディスカッション用に、ペーパーバック3冊ほど読まされる。

受験で培った文章の読み方が通用する場合もあれば、そうでないものもある。

長文読解で、教科書的なものを読むならば、そんなに苦労はしない。最初は全部読んでしまうだろうが、タイトルを見たり、章の終わりにある「サマリー」なんていうセクションにだいたいの内容が書いてあるので、問題はない。時間はかかるが、最初はとにかくちゃんと読む、「一文一文理解しながら」読むのがいいと思う。(これも慣れれば時間短縮できる。)

著者が自分の立場を取って論じたエッセイや小説などはサマリーセクションなんかないので、本文を読む前から全体を理解、なんてことはできない。ちゃんと読んでいかないといけない。

このときに、メモを取っていくというやり方がいい。メモだから、きちんとノートを取る、というのでなくて、自分が読んだ足跡を残すような感じで書くといい。

昔、12年生の世界地理を教えたときに、読解法なるものをやった。(信じられないかもしれないが、アメリカ人は英文を読み方を知らないまま、高校を卒業する学生もいる。)余談だが、リテラシ-というのがアメリカの教育現場では非常に大事で、大学の教職課程では教える科目に関わらず、Content Literacyなるクラスを履修しなければならない。そのクラスで習った実践とでも言えるか。

そのときは、日本のことをやっていたので、日本に関する記事で、"A Difficulty of Apology"というのがあり、授業に使用することにした。

読解のステップ
(1)タイトルを読んで、「わからないこと」を明確にする。
日本語に訳すと「謝罪の難しさ」とでもなろうか。我々日本人は予備知識なるものがあるので、云わんとしていることはわかると思うが、アメリカ人に取っては??である。そこで「わからないこと」を作り上げるのである。つまりは「質問」を作るのである。
例えば、
「謝罪って、何に対する?」
とか
「誰が、誰に、謝るの?」
とか
「なんで難しいの?」
とか・・・。
こういう質問を作れば、英文を読むときの「目的」ができる。(最近の読解力低下、活字離れは「読む目的、Purpose of Reading」を持たないからだ、と主張している学者がいる。)目的、質問なら、この記事を読む時(During Reading)の仕事は簡単だ。英文を読んで質問に答えればいいのだ。つまり、答えを探すことが、読解になる。

(2)キーワードをチェック。
キーワードなんか、読まないとわからないだろうが、タイトル、小見出しからでも十分キーワードは指摘できる。例えば「謝罪」が出てきたら、何かしら筆者の言いたいことにふれているだろう。もっと言えば、質問の中に、「誰が、誰に」というのがあるから、人や国、グループがキーワードということにもなる。

(3)メモをする。(Holding Thinking)
読んでも忘れる。忘れないためには、ノートを、メモを取ることが一番大切だ。
僕がクラスでよく使ったのは、2コラムノート。ノートの真ん中に線を引いて、左のコラムには「引用(Quotations)」、右のコラムには「考え、疑問など(Questions, Ideas, etc)」を書く。左のコラムの引用は、自分が大事だと思った文を抜き出し、左のコラムに書かせる。そして、右のコラムには、その文に対する疑問、考え、もっと言えば、なぜ抜き出したか、を書かせる。
そうでなくても、自分が大学の授業のために読むのであれば、普通のメモ程度でもよい。メモをとる習慣が後々読解を助けると思う。

ちなみに、長文読解は構文が大事であり、きちんと読めないと、筆者が言いたいことを見逃す可能性もある。ここにたどり着くまでに、最低限、(1)単語帳1冊終了、(2)文法書1冊読み終わり、(3)構文の参考書を一通りやる、ということが出来て、たどり着くと、この段階はかなり有効なものになると思う。

受験生のために、参考書は
英語長文問題解法のルール144(上)(下)ー大和書房、富田一彦(著)
をあげておく。
この本は実際、構文を取りながら、それをどう長文読解に活かすか、ということを実際の入試問題の設問を使いながら書かれている。まえがき、あとがきは感動すると思う。TOEFLを受ける人にもいろんな意味で有効だと思う。

今日もクリック、よろしくお願いします。
にほんブログ村 英語ブログへ
 
・というタイトルにしてみました。今の自分の中の心境です。(大げさだけど)
 この間、移民法の弁護士(友達に紹介してもらった)にメールを送って、まだかな、って待っていたら、今日返事が来ました。メールには、まずペーパーをレビューしないといけないから、あれとこれとそれを送って、みたいな感じのことを書いていました。ところが、次のセンテンスを見た瞬間、お先真っ暗になりそうだった。

At that time we can review what options, if any, are available to you, the H-1B strategy you should use and what documentation is needed. H-1Bs are not available until October 2007, and the application must be filed April 2007.

 2007年の10月までは、H1B、労働ビザを取れない、ということ。俺のOPTは6月30日できれるんだけど、じゃ、7月から10月まではどうなるの??ということになる。

 これを見た瞬間、「あっ、俺の人生終わった」(結構悲観的)と思ってしまった。仕事をゲットしたのに、ビザがないから、1年で終わり。グリーリーもコロラドも、アメリカもさらば、ってことになるのかな、って思ったりもしちゃう。

 他にオプションを考える、と書いてあったけど、他に何かオプションってあるのか??思い当たらないぞ。俺の数学教師としての人生は今年度で終わりなのかぁ??

 来年のことを考えるのは気が早いかもしれないけど、労働ビザ獲得に向けては、ある程度早い時期からやっておいたほうがいい、というのは知っている。でも、来年の10月まで出ないと知った日には、俺も他の職場を探さないと、という気になる。

 ビザや移民法でつまずく人の気持ちがよくわかった。この問題が解決されるまで数日(いや数週間?)は暗いかもしれませんが、悪しからず。それと、何かしら似たような状況を回避した人の体験談も募集しています。

 とはいえ、弁護士に必要書類のコピーは送って、レビューはしてもらおうとは思っています。


というわけで、今日もお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
 

コーヒーバトン

コーヒーバトンです。

Q1.毎日コーヒーは何杯飲みますか?
10杯はいくかなあ。

Q2.好きなコーヒーの種類は?
なんでもオッケー。Decaf以外だったらね。

Q3.またどんな時にコーヒーが飲みたいって思いますか?そのシチュエーションとか教えてください。
・朝起きた時、起きるため
・授業中、気分をハイにするため。
・昼休み、ランチ後
・午後の授業中、眠気をとるため
・夕食後、消化を促す

Q4.あなたにとってコーヒーを飲むお気に入りのカフェや場所がありますか?
35th Ave & 20th St.のスタバ
47th Ave & 25th St.のDaz Bog
自分のオフィスでいれてもらうコーヒー

Q5.コーヒーのお供は何か必要ですか?
タバコ
外の場合だけだけど。

Q6.あなたのお気に入りのコーヒーカップはありますか??そのデザインや
特にないけど、持ち運びできるものかな。

Q7.あなたにとってのコーヒーとは?一言で教えてください!
覚せい剤(笑)

Q8.次にあなた自身がコーヒーを共にしたい人にこのバトンまわして下さいね。
コーヒー好きなひと、どーぞ。
 

準備を着々と

・今日も高校に行って、授業の準備を。少しずつ、自分がどうやるか、何を教えるか、形というものが見えてきた。
・Algebra IもGeometryも最初はシラバスの説明、その後、ちょっとゲームをする。Algebraの方は九九の復習をして、Geometryは教科書の1-1(パターンを見つける)に入る。初日は50分授業と集会が入るので、どこまで進めるかはわからないが、ここで遅れをとってはいけない。今学期中に教科書をどんどん進める予定だ。来年の3月にCSAPという州統一テストがあるので、それに向けた対策を1月から3月までやるために、12章のうち、8章までは今学期中に終わらせる予定である。かなりの強行突破。
・というのも、去年、計画性がなくCSAPのために時間を費やしたら、Algebra Iのクラスはなんと
「連立方程式までしかいかなかった」
「因数分解教えていない」
「2次関数/2次方程式を教えていない」
「平方根教えていない」
「指数を教えていない」
など、昨年度の9年生に至っては、本当に日本の中学1、2年レベルの学習内容で終わってしまった。(ツケは今年度のGeometryとその次のAlgebra IIに持ち越しになる。)これを聞いた俺は質問した。
俺:「教科書どこまでいったんですか??」
A先生:「チャプター6かな。」
俺:「・・・」

6章までの構成といえば、「関数とグラフ、実数の計算(あの、マイナスが入る奴ね、日本風に言えば「正負の数」)、1次方程式、1次不等式、1次関数、連立方程式」以上。教育委員会のカリキュラムはもっと行かなければならないのだが、CSAPのお陰で、授業自体が進まない。

・でも、考えてみれば、学習した内容からテストに問題が出されるのだから、教科書とCSAP対策を平行することも可能である、ことに気づいた。逆算して考えれば、やはり1学期中に2/3の分野の教科書範囲は終わっていなければならないだろう。

・というわけで、Algebra Iの大間かな計画としては、
8月中:Algebraのイントロ(簡単な計算が出来る。グラフ→ルール、表→ルールと関数をいろんな方法で表すことができる。などなど)
9月中:実数の計算、1次方程式
10月中:1次関数、1次不等式
11月中:連立方程式とその領域、指数関数
12月中:復習(できたら因数分解までいきたい)
という感じになるだろうか・・・。Geometryのクラスは明日以降決めたい。
・ちなみに指導方法としては、思いっきりトラジショナル。(アメリカではEssentialismと言うみたい。インストラクションでは、Guided Instructionに入ると思う。)授業の流れは以下の通り。クイズ(小テスト)→トピック1の学習→雑談(?!)→トピック2の学習→練習→テスト/まとめ/ノートチェック。クラスは95分あるので、2つのトピック(教科書でいう、2セクション)を教えることにする。プリントを作成して、そのプリントを終わらせることが1日の仕事、義務ということになる。従って、教科書は使わないことになるだろう(というか、うちには学生の数ほどの教科書はない・・・教科書使う年配の先生方は、学生一人一人に貸し出すようだが、俺はプリントを用いることにする。)

・問題解決学習やグループアクティビティーなんかもしたいんだが、時間の制約がある上、そういうことはテストにとらわれない。数学を受け持つことになったし、うちの高校の数学のCSAPのグレーディングはひどいもの、ということを視野にいれ、徹底的に、Teach to Test(テストのために教える)のスタンツで行く。これで結果が出せれば、生徒も親も先生も学校もコミュニティーも万々歳だ。が、結果を出せなければ、俺はあっさりクビになる予定(笑ってられない・・・)。

・とにかく、頑張って学生のテストで試される学力レベルを引き上げることに専念する1年になりそうだ。

・Mixiのメッセージに、「学校の落書き見せて」と何人かの人に言われたので、用務員のおじさんのデジカメを借りて、写真を撮りました。
rakugaki
こういう俺を慕っている学生を裏切らない先生にならないとな。



おかげさまで、カテゴリー別ランキングの方、100位以内にカンバックしました。
本日もよろしくお願いします。↓
にほんブログ村 教育ブログへ
 

性格判断?

うっしーさんの投稿にあった、性格診断ーサドorマゾ診断です。アドレスはhttp://saikopark.ne.jp/kei/majirei/majirei31.cgi


あなたの”サドマゾ指数”は
ズバリ
サド度:144%です
マゾ度:56%です

あなたSです。どちらかと言えばサド気質が強いようです。これらの気質は、子供の頃から先天的にもっている場合が多く、サド的男の子は、非常に活発で冒険好きな、いわゆるガキ大将型です。サド的男性は、何事にも積極的で大胆であり、ギャンブル好きです。闘争心が旺盛で、つねに何かしていなければ気がすまないようです。じっとしているのが大嫌いという特徴をもっています。恋愛面でのサド的男性は、一時的な愛欲の享楽者で、目的を達するためにせっかちになります。サド的男性にとっては、プラトニック・ラブなどという叙情的な感情は無縁です 。

これは当たってるのか??


興味のある人は是非。
 
第2回は構文編。

構文とは、俗にいう、決まった形を覚える、というのではない。すべての英語の長文は、当たり前だが、一文ずつで成り立っている。ということは、一文がきちんと読めれば、どんな長文でも読める、と言うことになる。
まず、「アメリカ人のように読もう」という思いを捨てることから始めよう。無理に決まっている。それどころか、もし日本人が数週間、数ヶ月英語を勉強したところで、アメリカ人のように読めるわけがない。日本人は日本語の文化にどっぷり使って生きてきているので、最初、英語を勉強するときは、日本語を通して理解しなければならない。

受験英語、TOEFLや、留学するんだけど、まだ日本にいる、と言う方。すべての英文を徹底的に日本語に訳すというトレーニングをしたほうがいい。

「えー、アメリカでは訳さなくてもいいじゃないか」と思う方もいると思うが、実際、日本語で訳せる、ということは、その英文をきちんと理解できている、ということになる。日本語を介して理解できないのであれば、英語でなんか理解できない。(これが出来ると言う人は、多分幼少時代アメリカに住んでいた、という人だけだろう。)英文を読めることと理解することは全く違う。字面を追って読める、ということと、文章の内容で、「あー、こういうことをいっているんだな」ということは全く違うのである。

とりあえず構文を取れるように、徹底的に勉強することをお薦めする。

さて、ここで言う「構文を取る」というのは、
1.すべての英文を第5文型に識別し、
2.それをもとに「自分が理解できるように」訳せる。
ということ。1の第5文型というのは、たぶん中学校、高校で習ったと思うが、
SV
SVC
SVO
SVOO
SVOC
の5つの文型のことだ。これにたどり着く前に、まず品詞(名詞、形容詞、動詞、副詞など)の理解が必要だ。文型は「文法問題を解くもの」と言う以上に、「動詞の意味を推測する」ためにやるものだ、と考えた方がいい。

例えば第4文型。動詞の後ろに、名詞が2つ並んでいて、それが目的語であるならば、動詞の意味は「与える」になる。第1文型なら動詞はうしろに続く前置詞によって、存在か変化や進行の意味をもてる。第5文型は2通りの訳し方の基本形があって、一つは知覚や思考の意味、もう一つは因果関係の意味をもつ。無生物主語や使役など、習ったと思うが、これは広く言えば後者に含まれる。

これまでの話を整理すると、英語の文は「動詞」のとる文型によって決まる、ということ。とすれば、動詞を覚えるときは、文型に注目すればいいことになる。becomeは第2文型も第3文型も取るし、makeは第3、5文型のみならず第1文型も取る。しかもその動詞の取る文型によって、意味も異なってくる。

一つ一つの文の構文を取って読んで行くことによって、慣れるとSVOCなどとふっていかなくても、だんだん読めるようになる。構文を取る目的は、文の内容を理解すること。決して、「日本語訳の力をつけること」ではない。(下線部訳が入試で出る場合は必要だが)

参考書として、前回紹介した富田先生の本であるが、紹介しておく。
英文読解100の原則(上)(下)ー大和書房

これを徹底的にやれば、「あー、英語ってこういう風に読むんだ」ってわかると思う。
なお、この参考書にたどり着く前に、前回紹介した、「入試英文法ver.1ー解法の基礎」は一通りやっておいた方がいいだろう。そこで得た知識を今度は「英文読解に活かす」方法を上記の2冊で確認できる。

クリック、よろしくお願いします。
にほんブログ村 英語ブログへ
 

強制バトン

ブログをサーフしてたら、強制バトンというのがあって、見ちゃったのでやります。

っていうか、最近、バトンばっか。ネタに尽きたときはこれが一番だね。

とにかく、これを見た人、やりなさい!

■ステータス
HN:ふみ
年齢:26歳
職業:高校教諭
病気:胃を悪くしないようにしてます。
装備:眼鏡。
特技:ないねー。 早食いに大食いかな?
口癖:うーん、思いつかない。
[靴のサイズ] 25.5か26
[両親はまだ結婚してる?] してる。
[兄弟] います。 下にひとり。
[ペット] いない。
■好きなもの
[色] 青、ゴールド、白、黒
[番号] やっぱり、7でしょ。
[動物] 犬。
[飲みもの] カフェインが強いコーヒー
[ソーダ] えーと、ペプシ、マウンテンデューなど。
[本] 仕事柄、教育関連の本。歴史の本も大好き。
[花] 花の種類があまりわからない。ひまわり??

■質問
[髪染めてる?] 染めてない。
[髪の毛巻いてる?] 巻いてない。(今は巻けるほど長くなったが)
[タトゥーしてる?] してない。
[ピアス開けてる?] 開けてない。
[カンニングしたことある?] あるある。なので、学生のカンニング対策はバッチリ(反面教師か??)
[お酒飲む?タバコ吸う?] お酒は先生方との付き合いで。友達とは絶対飲まない(性格が豹変する)。タバコは大好き。愛煙家です。
[ジェットコースター好き?] いや。
[どこかに引っ越しできたらな~と思う?] コロラドが俺の好きなとこ。もうどこにも引っ越したくない。
[もっとピアス開けたい?] ノー。
[掃除好き?] ダイッキライ。
[丸字?どんな筆記?] 結構読みにくい字。速記の癖で、筆記体みたい。
[ウェブカメラ持ってる?] ない。
[運転の仕方知ってる?] アメリカで免許取った。20ドル也。高校生が俺の先生だったので、車の運転は高校生と変わらない(つまり、危ない。)
[携帯何?] T-Mobile(アメリカでしかないのかな?)
[コンピューターから離れられる?] 無理です。発狂します。
[殴り合いのケンカしたことある?] はい。
[犯罪犯したことある?] 結構、スピード違反も入るなら。
[お水/ホストに見間違えられたことある?] そんなにカッコよくないって(笑)。
[ウソついたことある?] 必要に応じて。
[誰かを愛したことある?] ある。
[友達とキスしたことある?] あるよ。
[誰かの心をもてあそんだことある?] ない。いつも一途(笑)。
[人を利用したことある?] いつも。(恋愛ではないけど、仕事では)
[使われたことは?] ある。
[浮気されたことある?] ない。
[何かを盗んだことある?] ない。
[拳銃を手にしたことある?] ある(笑)。ここは銃社会だな、って思う。

■今現在
[今着てる服] 聞いてビックリ。スイミングパンツに、グリーリーウエスト・スパルタンズって書いたTシャツ。(ちなみに今高校のオフィスです。誰もいないから誰も気にしないけど)
[今のムード] 仕事から逃避。
[今のテイスト] マウンテンデュー
[今のにおい] グリーリースメル(知ってる人はわかるよね)
[今の髪型] 起きてすぐ来たので、ボサボサ。
[今やりたいこと] 仕事を終わらせたい。
[今聞いてるCD] All American Rejects
[一番最近読んだ本] プレイボーイ。冗談。Algebra Iの教科書。
[一番最近見た映画] 何か見たかなー。うーん、多分「今を生きる」(学校ものね)
[一番最後に食べたもの] ベーグル
[一番最後に電話でしゃべった人] ミスター ローレンス
[ドラッグ使ったんは?] 麻薬?医療の薬?どっち?前者はないが、後者は鎮痛剤。
[地球のほかの惑星にも人類がいると思う?] いない。
[初恋覚えてる?] はい。
[まだ好き?] いや。
[新聞読む?] ネットで読む程度。
[ゲイやレズのともだちはいる?] 最近、myspaceで教え子がゲイだの、レズビアンだと、わかったので、イエス、になるのかな。
[奇跡を信じる?] ロンバケ見る限り、信じる(笑)。
[成績いい?] 大学では3.6/4.0。
[帽子かぶる?] かぶらない。スキーのときだけ。
[自己嫌悪する?] うん。たまに。
[なんかに依存してる?] タバコ依存症。ネット依存症。
[何か集めてる?] うーん、吹奏楽全国大会のCD。
[親友いる?] いる。
[身近に感じれる友達いる?] いるいる。もっぱら周りからは、「お前の友達は教え子だろ」と言われる。
[自分の字すき?] あんまり…
[見た目気にする?] 先生の仕事をするようになってから、する。ネクタイするようになって、髪型を整えるようになった。
[初恋] いつかな、中1??
[ファーストキス] うーん、小さい時あったような。
[一目ぼれって信じる?] あるんじゃないかな。俺はしないと思うけど。
[ビビビ!を信じる?] あるかもね。
[思わせぶりははげしい方?] 全然。
[シャイすぎて一歩を踏み出せない?] はい。思いっきりシャイです。初対面の人と1-1でははなせません。
■自分のこと
[よく物思いにふける] 忙しくて、そんな暇がなかった。
[自分は性格悪いと思う?] 友達に聞いてください。
[いやみっぽい?] これも友達に聞いて。
[天使?] もちろん。
[悪魔?] たまになる(笑)。
[シャイ] はい。
[よくしゃべる?] 日本人にはよく喋ると言われる(自分でもそう思う)。アメリカ人にも最近いわれるようになった。知っている人は知っているかもしれないけど、気分のいいときはマシンガントーク炸裂します。
[疲れた?] いい気分転換になったかな。

よろしくです↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

Algebra I Syllabus

昨日、今日で、前々から考えていたシラバスを作成した。関係ない方もいると思うが、アメリカの高校ではシラバスやカバーシートというのを一番最初のクラスで配布して、その通りに授業する、ということを宣言する。従って、あとでコロコロ変えることは許されないので、時間をかけて作ってみた。

とりあえずはAlgebra Iから。「これはどういうことなの?」とか「こうしたほうがいいよ」という提案があれば、どんどん言ってください。今後、かなり変更しなければならないかもしれないので、アイディア募集しております。
Greeley West High School
Cover Sheet 2006-2007
MAT306/307: Algebra I

Course Description:
This course is the in-depth study of algebraic topics including equations, systems of equations, quadratic equations, and radical expressions. Students will apply algebraic properties to a variety of mathematical expressions. Problem solving with appropriate application problems is also a focus of this course. Topics mastered in this course provide the foundation for all further math classes.

Ideas about this course:
This course is designed for Colorado Students Assessment Program (CSAP). Therefore one of goals of this class will be that all students in my class will be proficient or above in math on this coming CSAP. CSAP will ask you questions you have learned in this class and in a middle school. To do well on CSAP you are required to follow me and to master contents knowledge covered in this class.
Another goal of this class is to improve your critical thinking skills based on your math foundations. Using mathematics, you will make better decisions in real life. You cannot directly see how math is useful but after you complete this class, you will recognize that you can effectively and efficiently analyze and synthesize problems or issues by applying the skills to your life.

Course Outcomes:
? Students will solve linear equations, systems of equations in 2 variables, quadratic equations, and inequalities.
? Students will perform operations of radicals and exponents and solve equations involving them.
? Students will graph linear functions, inequalities, and quadratic equations.
? Students will describe and use factoring and the quadratic formula.
? Students will demonstrate proficiency with the Pythagorean theorem.
? Students will find and use slope and intercepts of lines in problem solving.

Primary Methods of Instruction:
The method used in this class is mainly lecture. The class will be: (1) Review Quiz (10-20 minutes), (2) Lecture on new materials (35-55 minutes), (3) Practice problems (20-30 minutes), and (4) Questions/Evaluations/Note-Check (5 minutes).

Materials Needed:
? Binder or folder specifically for Algebra I.
? Notebook/Paper for Algebra I.
? Pencil, red or blue pen.

Grading:
? The grading scale is as follows:
A = 90-100%
B = 80-89%
C = 70-79%
D = 60-69%
F = Below 59%

? Your grade for this course consists of the following parts:
Assessments: 50%
Final Exam: 10%
Quizzes: 15%
Journal Entries & Notebook Check & Daily Work: 25%
Course Requirements:
? Assessments (50%):
o When one or more chapters are done, you will take an exam. Each exam will be announced at least one week in advance.
o If you miss an exam, you have one week to make it up. After this deadline, you will receive a zero and the grade cannot be changed.
o If your score is below 60%, you are required to talk to me and to attend a tutoring session in ACCESS on a gold day or after 3:00pm. This is a second chance. Take advantage of this session.
o Before each exam, you will have a study session during ACCESS time and after 3:00 pm. You will receive a study guide and work on the similar problems you will see on an exam. (A study session will be announced in class.)
? Quizzes (15%):
o When you get a classroom, you will take a review quiz for 10-20 minutes.
o The questions on a quiz are mainly from homework and previous class lecture. Therefore I strongly encourage you to review notes and handouts everyday.
o Make-up will be not allowed (No exception).
? Homework/ Daily Work/ Notebook Check (25%):
o Homework will be assigned but will NOT be graded except some journal assignments for writing.
o Your daily homework is to review your notes and to do problems again you did in class. Reviewing your notes means that you must remember important concepts and formula and that you are able to solve all questions covered in class.
o Your daily work is to take notes and to do practice problems.
o Your notebook will be checked daily and be collected and graded on exam days. Journal assignments will be handed out when we started new contents and will be collected when you take an exam. (Turning in journals with notebooks.)
o The grade of notebook check is simple. If the notebook is neat and well organized, you will receive A (on 100 point scale). If not, automatically 0 point. You should NOT draw pictures or not combine this class’s notebook with other subjects which cause zero for the category.
o You cannot make up a notebook check unless you copy notes from your classmate and do practice problems by yourself.
? Final Exam (10%):
o There will be a comprehensive final exam at the end of each semester. There are no exemptions from final.
? Extra Credits:
o Extra credits will be awarded at various times throughout the semester. DO NOT come to me the last week of class and ask for extra credits.

Availability for help:
? ACCESS Time on Gold Days. (Room__________)
? Most Day after 3:00 to 4:00 pm. (To be announced)
? Other times by appointments.

Attendance:
? Attendance is mandatory since if you miss class, you will not be able to make up a quiz and notebook check.
? If you get an excuse absence, you are required to call Attendance Office and to bring an excuse note from your parents (your parents must sign and describe why you are unable to come to class.) when you come back. No exception!
Tardies:
? You must follow all rules on Students Handbook.
? Also my class has classroom rules (you will find below). If you do not follow you will NOT receive any point for the day.

Classroom Rules: Here are two basic rights and 5 responsibilities.
? Two Basic Rights
o Everyone has a right to be respected; and
o No one has the right to interfere with learning.
? Five Responsibilities
o Bring all needed materials to class. There is NO extra pencil or pen.
o Come to class on time. Be in your seat and when a bell rings, work on a quiz.
o Do not talk or leave your desk when someone else is talking.
o Keep the classroom clean.
o Obey all school rules and my directions in any situations.

Food and Drink:
? You may bring beverages to class as long as they do not interfere with the learning process and the classroom stays clean.
? NO FOOD is allowed.

Cell Phones/ iPod/ Headphones/ Electric Devices:
? Any electric devices are NOT allowed.
? If you bring and use them during the class, I will take them and keep them by 3:30pm.


Key to Success:
? Don’t be afraid of making mistakes. Make mistakes but reduce them by the next class meeting.
? Spend at least 90 minutes to study for this class. You should do the exercise/problems you did in class again at home. Clarify what you can do and cannot.
? Work and study with your group members.
? Take advantage of ACCESS, Study Session, and Tutoring Session.
? Ask questions.

今日もよろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

車バトン

Q1:あなたの乗ってる車は何?
ホンダ、アコードLX(96年)

Q2:何台目の車ですか?
1台目

Q3:今の車を選んだ理由は?

日本車だし、試運転したときに、快適だと思ったから。

Q4:今の車に不満点はありますか?
マフラーがうるさい。教え子にただでつけてもらったんだけど、ヤン車みたいな感じ。

Q5:今の車の良い点を教えてください
燃費がいい。


Q6:車を長持ちさせる秘訣は何だと思う?
オイル交換(3ヶ月に1回)と頻繁に車をチェックすること。
車検というのがないので、個人でしなければならないけど、俺は車のことはさっぱり。
教え子が全部やってくれます。

Q7:結婚相手が今の車はやめて欲しいと言ってきたら?
買い替える。

Q8:あなたが車に求めるものは?
学生に「おーっ!」って言われるような感じ。(単なる見栄をはってるだけか)

Q9:車で走るなら何処へ行きたい?
もう今の車で2年間で、テレホートとグリーリー往復3回して、6000マイル、とか普通に運転したので、結構です。
他人が運転するか、飛行機で移動したいです(笑)。

Q10:次に買う、もしくは欲しい車は何ですか?
BMW
BMW330xi!
購入計画を考えています。来年労働ビザがおりて、3年間はとりあえずここにいれるなら買おうと思っています。

あとは、Nissan Altimaとか、Audiとかも、とりあえず候補に。

Q11:次にまわす人
車好きの人、どーぞ。


車持っている人、好きな人、クリック、お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
このブログはランキングサイトに入っていて、その中の3つのカテゴリーに登録できる。ブログ村では、海外生活、教育、英語、に参加しているんだけど、英語に関しては全然書いていないので、書いてみようと思う。

まず前提として、英語の勉強法なんか、100人いれば100通りのやり方がある(別に英語に限ったことではない)。「この通りやってうまくいった」という人も入れば、全然、という人もいると思う。自分にあったやり方を見つけるの、自分が勉強しやすい本を使う、というのは、ある意味、何かを勉強する、と言う点で大事だと思う。なので、ここに書いたことが絶対、というわけではなく、こんな感じで勉強する奴もいるんだ、程度で思っていただければ、と思う。

また、僕は95%は予備校で習った英語がベースになって、今までやってきているので、その点もご理解いただきたい。(残りの5%は、こっちで勉強したことかな、ペーパーの書き方やコミュニケーションなど)ただ、逆に言うと、受験英語は役に立たない、と多くのひとが思っていると思うが、俺はとっても役に立ったと自負している。TOEFLなんかアメリカ来る前5月頃に受けたが500はいった(当時はペーパー)。下手すれば、受験英語より、簡単かも、なんて思ったりもする。(TOEFLで聞かれる英語も、受験英語も、実際にアメリカ人が喋っている英語も、全部同じ英語である。)

もし、「こうやって勉強した」とか「このやり方もいいんじゃないか」というのがあれば、コメント欄に書いていただければ幸いです。






その1回は、単語、熟語、文法について。
その1:単熟語
単語、熟語は、何か一冊、単語帳、熟語帳を決めて、それを覚えるまでやるのが遠回りのようで近道だ。ただ、世の中には、たくさんの単語帳がある(最近知ったが、例えば、「萌え単」)ので、少し紹介する。

単語力が全くない、と思っている人は、「ターゲット1900」など、受験で使ったような単語帳を1冊終わらせた方がいい。その単語は基本的なものだし、これから英語を勉強しようというひとなら、ターゲットなどに載っている単語のために、辞書を引く、ということは、単語力が不足しているに違いない。なので、何でもいいので、単語帳を一つ終わらせる。

何か、TOEFLに使えそうな単語帳は??
TOEFLテスト完成ボキャブラリー2000語
TOEFLテスト基本ボキャブラリー2000語
SSコミュニケーションズ、仲本 浩喜 (著)

この2冊は、受験生なら知っている、「速読英単語」のようなもので、読みながら単語を覚えよう、という単語帳。暗記するくらいまで読んだ。この前のバージョンのときはテープもついていたので、買って聞くと、リスニング対策にもなった。

主に単語を勉強する時は、
1.蛍光ペンを取り出して、知っている単語すべてをチェックする。この時、あやふやなものはマーカーを引かない。
2.空いた時間、寝る前10分くらい使って、20ページほど、ざっと読む。これを一週間続ける。
3.日曜日とか、空いた時間に自分でテストする。意味の部分を隠したり、英単語の部分を隠したりして。この時、覚えれた単語にマーカーを引く。
4.次の週は別の20ページを同じようにやる。

見る回数を増やせば、必然的に覚えるようになるものだと思う。単語帳1冊はぼろぼろになるまで、完璧になるまで覚えるべきだ。

その2:文法に関して。
高校のときは「カン」で解いていた文法も、予備校である一冊を勉強して、その先生の授業を受けたら、まず間違えることはなくなった。

文法は「文法問題のため」に勉強するのではなく、読解、作文などの土台である。そして、英語は日本語と違う言語だから、「訳したらわかる」という問題は存在しない、と考えた方がいい。

その1冊とは、
富田の入試英文法?代々木ゼミ方式 Ver.1 解法の基礎
代々木ライッブラリー
富田一彦(著)

この1冊のTool BoxとWhat to Learnの部分が大事で、空所補充の問題を解きながら効率よく英文法を勉強できる。
富田先生の授業を受けた人ならわかると思うが、この文法をしっかり頭に入れておかないと、TOEFLもなんでも点数は取れないし、実際英文書や英語で書かれた文章を読むときも、文構造がわからないため、ちんぷんかんぷんになることもある。

1、2ヶ月で仕上げられるだろうから、1週間1章やるといいと思う。
きちんとやれば目から鱗。1回目では理解できないところがあるかもしれないけど、2、3回繰り返すと、「そうなんだ」とわかるようになる。

ちなみにこの「入試英文法1」をやった後に、何かTOEFL系の問題集をやってみると良い。どんな風に、入試英文法で述べられたことを使うべきか、わかるようになる。

俺は文法の試験がある、というときは、いつも入試英文法を読んでいた。テストはいつもAだったよ。特に大学に入ってからの文法のテストは瞬時に解けるようになった。


今日もクリック、お願いします。
にほんブログ村 英語ブログへ
 
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。