12 | 2007/01 | 02

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
こんなに体調が悪くなるとは思ってもみなかった。

休もうと思ったが、学校に行けばやらなければならないことが多々あり、結局行くことに。

念のため、保健室で熱をはかると、約38℃。どうりで頭がぼーっとするわけだ。

今日は統計の中でも大事な、Mean, Median, Modeを教える日で、もしこれをしないとなると、今まで立てた計画が台無しになる。そんなことは無理。不調でもやってきましたよ。

でも、不思議なことに、クラスにいくと、鼻はむずむず、風邪声なんだけど、フラフラはしないんだよね。

これも職業病たる所以かな?

全てのクラス問題なく終わる。
久しぶりにシニアの学生と会い、話をする。

それくらいしか覚えていません。

今日はさすがに疲れました。不調だと疲れも人一倍。

フレッシュマンチームやソフォモアのバスケの試合があったんだけど、結局キャンセルです。

先生方からは、なんと

明日は絶対来るな

と罵倒されるし。


とはいえ、明日の計画もまだなので、明日は行きます。しょうがない場合はサブを頼みますけど。

でも、メイクアップに来る学生が多いんだよな、明日は。休めないな。


1クリック御願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ 
スポンサーサイト
 
良くないこと、嫌なことが続いた日。

とはいえ、朝はそんなんでもなかった。

Academyの時間は、いつもになく(?)みんな真剣に取り組んでいて、感心してしまった。

5時間目はプラン。ジオメトリーのクラスの予習。

6時間目、Algebra I。
いやー、このクラス、本当に落ち着いていて、一番好きなクラス。
全てやることやった上に、みんな真面目に提出物を出す。しかも忘れ物ゼロ。
信じられない。本来はこういうクラスであるべきなのだが・・・。

7時間目:Geometry
今日から立体図形についてはいる。
ところが、今晩、グリーリー中央高校とバスケの試合があるので、それで、気分が浮ついているのか(こんなこと理由にならないのだが)、誰も話を聞かない。

こっちが教えていると、前に座っている学生は聞くが、その他は、全然。おかまいなしにおしゃべりをしている。

またキレました。これが今日の悪い話の始まり。

これがたたったのか、2時半になって、鼻血が出て、保健室へ。保健室の先生が「熱あるんじゃないの?」と言われたので、はかってみたら、38℃。平熱より高い。アスピリンをもらって今日は他の先生に残り15分をお願いする。

その後、ミーティングが2つほどあり、それで学生の親に対する態度にイライラし、そのままセントラルの試合へ。

男子、女子ともに負けました。

頭痛ががんがんします。

いやーね、その試合で、去年教えた学生にあったんだよ。
その学生に
「疲れているだろ」とか「体調悪いんじゃねーの?」とか言われ、仕舞には、どこから聞こえていったのか


「お前の教えているクラス、大変そうならしいじゃん。」


と言われた。兄弟からの話ならしいが。

教え子まで心配されるなんて・・・。はー、初年度はこんなに大変なんですね。たとえ同じ高校だといえども。


明日もあるので、今日は寝ます。

1クリックよろしくです。
にほんブログ村 教育ブログへ
 
月曜日というのは、誰にとっても辛い。朝起きれないし。
しかも、俺の場合、頭痛はするし、喉は痛いし、だるい。でも7時頃に学校へ。

いきなり、学校に行くと、土曜日一緒に出勤した先生が風邪で休み。(俺と似たような症状)
そのサブのために、あっち、こっちと歩き回って、結局自分の準備が全く出来ず。

そのまま1時間目突入。

全ての時間で、今日から確率統計の話にうつる。まずは統計の分野の話で、円グラフ、線グラフ、棒グラフなどの見方をやった後、Frequency Table とHistogramの作り方に移る。

1時間目は普通にオッケーだったが、3時間目、一人の学生が、この頭痛のするときに、俺に歯向かったので(しかも○ック ○ー、と言いやがった)、メインオフィスに送る。こういう学生は戻って来てほしくない。周りの学生に悪影響を及ぼす。

4時間目は、もう体力消耗。声が出なくなった。

3時半に帰る予定が、5時半に。一人の学生が質問に来て、それで遅くなってしまった。

体調が悪い日は寝るに限る。が、学生に頼まれていた推薦状を書いてから寝ようと思う。(その推薦状、この夏日本に行くためのものだそうだ。)

1クリックよろしく御願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
 
日本で学校選択が話題だ。読売新聞のウェブ版で、保護者などが学生のリクルートをしている記事を読んだ。(教育ルネサンス)
アメリカに習ったやり方だと思う。


アメリカでは、学校選択は、現在の教育の法律、No Child Left Behind (NCLB)でオッケーになっている。(但し、交通手段を提供できるならば、ではあるが)

うちの学校区をみてみよう。
小学校や中学校での学校選択はそれほど盛んではない。学区があって、2つの学校の中間に位置している場合に、学区外のところに通学する、とかそういう程度。

しかし、高校は違う。高校も学区があるので、その域内ならば、決められた学校に通うことになる。(地元ネタでいえば、羽後町には羽後高校があるので、羽後町の中学校卒の皆さんは羽後高校に行き、湯沢高校は南中、須川中出身者、商工へは主に北中出身者、北高へは稲川中、皆瀬中、山田中出身者、雄勝中には雄勝中出身者が行け、と、こんな感じになる。)

ところが、NCLBで、学校選択がより自由になった。
高校生ともなると、車で通学できるので、自分でいきたいところに行ける、という自由が生まれる。

各学校定員約1400人というところで、各高校、独自色を出そうと、いろんなプログラムをはじめた。

最初にはじめたのは、うちのグリーリー西。International Baccalaureate (IB) Programという世界的に展開している優秀者を集めて、大学進学を目指した教育をするプログラムを1996年あたりに始めた。なので、この教育委員会の統括する区内の学生、たとえウエスト学区外に住んでいても、うちの高校に入れる。IBは選考があるので、落ちれば終わりではあるが。
そして、アグリカルチャープログラム。農業のもの。植物栽培などを手がけるプログラムもある。

そして2005年に、おとなりグリーリー中央高校が、アートマグネットプラグラムをはじめた。芸術に特化したプログラムをカリキュラム内にいれる、というもの。なので、美術、音楽、演劇が好きな人は、中央高校に行けば、専門的な内容を習える、ということだ。

さらに来年、ノースリッジ高校で、日本でいう理数科に似たプログラムをはじめる、という。数学、理科、コンピュータサイエンスなどを主に深く学べるプログラムである。


学生は自分の興味にあわせて学校が選べる。が、定員なるものがあるので、ひどいことがあったりもする。

例えばうち、IBプログラムは人気で、一昨年は300人が入れなかった。(もしいれれば、1700人になっていた。1クラス60人ってことになりうる)
そのことが記事になって、今でも覚えているのは、ウエストは1350人定員で、1444人、あと6人で、全てのクラスが事実上40人構成になる、ということがあった。(ちなみにその時、ノースリッジには空きが500人、中央高では、400人)

前校長の改革はすばらしいもので、学校も周囲からいい目で見られていた。

今は3校同じほどの人数になった。学生の人数が増えたということもあるが、学生が自分で学校を選んだ結果とも言えるらしい。

さて、日本。
周りの意見が自己の決定を促す、という国民性(誤解のないようにいっておくけど、集団主義がまだ根強い、ということ)のため、この義務教育間の学校選択は良くないだろう。学校格差が広がる可能性もある。

学力テストを公表したら、やはり子供にはいいところに行ってほしいだろうから、親はそういう学校に行くだろう。

小学校や中学校の公立校では、学校選択はよっぽど通学困難、学区域の異常な構成をのぞけば、別にする必要はないような気がする。それはやはり、学生個人の意思決定は親に委ねられていることがあげられるだろう。親が行ってほしくても、子供がいやなら、意味がないし、子供が行きたい学校があっても、親が送り向かい出来ないから無理、なんてこともでてくるだろう。

この問題、秋田県ではまだ話は聞かないが、東京都など都市では盛んなそうで、生き残り、資本主義の市場原理からくる競争は、かなり熾烈なものになることは確かだろう。

教員という立場と保護者、学生の立場から見ると、この問題は色んな意見がでると思う。上の意見だけではなく、広くいろんな人の意見を行くべきだろう。

皆さんはどう思いますか?自分に子供がいたら、この学校選択(小学校や中学校時での学校選択)には賛成ですか?それとも、どの公立学校も平等均等で、どの学校にいっても悪くないシステムを文科省、教育委員会はつくるべきだ、と思いますか?

今日も1クリックお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
 

風邪ひいたか?

暖かくなったり、寒くなったり、と最近のコロラドは雪も降るわ、気温も信じられない程下がるわで、体調管理が難しい。

今日起きた時喉が痛くて、ついに風邪を引いてしまったのか、と思わされた。?

俺の場合(というかみんなだと思うけど)、風邪の始まりはまず、喉。そして関節が痛くなって、頭がボーとして、頭痛、発熱、その後、鼻水じゅるじゅるいって、終わり、という流れ。

その第1段階に入ってしまったようだ。

と思っているが、関節も痛いので、もう第2段階かな、と。


ヒドくならないようにしないとな。


今日は午前中は、新春ドラマスペシャル、明智光秀を鑑賞。俺、歴史専攻でしょ。しかも昔は日本史の先生になりたかったから、こういうドラマは大好き。

実際、見入っちゃって、最後は泣けて来た(これも風邪の影響か?)。

ドラマなので、どこまで信じていいのかわからないけれど、まあ、いい感じのドラマでした。


俺はでも、信長が好きだな。いつでも前を見ている人。天下統一のあと、凄まじい日本改造計画を考えていたのかもしれないが、本能寺の変で光秀に討たれる。

でも今回は、光秀中心のドラマだったので、信長は少し「悪者」に見えた。


午後からは高校で、いろいろ印刷したりしたかったけど、紙がない。結局2時間程で帰宅。


なんか頭がぼーっとします。

今日中に直さないとなあ。

1クリック御願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
 

いつも通り

の土曜日ネタで申し訳ないのですが、先週というか、毎週同じように、土曜日は高校にいきます。

今日も例外ではありませんでした。
昨日も予告したように、採点が残っていたので、それを終わらせに。

でも3時前には帰ってきました。


土曜日の午後、夕方以降が、俺のお気に入りの時間。

土曜日も仕事をした、という充実感と、明日も休みという安心感。

日本にいたときも、土曜日の夕方から、プライムタイムのテレビ番組は良かったな。普通に落ち着いて爆笑してみてた。その名残なのかもしれないけど、この土曜日の午後は

絶対仕事はしない

と思っている。現にこの時間は仕事関係はしないように、体がそうできているんだろう、と思う。

今日も例外ではありません。くつろいでいます。ゆっくりしています。

あとは寝るだけ。

すみません。なんかぐーたら日記で。もう少し中身のある生活もしたいな、なんて思ったりもする土曜日の夜でした。

1クリックお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
 
今日は長かった。

昨日パソやインターネットの調子が悪く、それで、あーだの、こーだのしていたら、結局寝るのが遅くなってしまった。

そんなわけで、寝不足のまま登校。

7時半から職員会議と、9年生のライティングテストの採点。

9時ごろ終了し、そのままプランタイムへ。

5時間目は、Geometryのクラスでパソコンなどを使うので、その準備。自分のことは10分で終わったのに、あれも調子悪い、これも調子悪い、なんて、いろいろ話が飛び込んで来て、結局、自分のプランより、他の先生のパソコンを直していた。

で、ランチに入って、一休み。

6時間目:Algebra I。
割合等の復習。昨日と同じ。
でも、何かが違う。このクラス、とってもいいまとまりがあるし、規律がなってきた。
今日、教えていて、そう思った。
今までで最高の俺の俺の教えたクラスではないかと。

現にクイズをやらせたら、他のクラスの平均を5点ほど上回る結果に。(35点満点)
とってもうれしい。

授業で教えたことを素直に使い、一生懸命目の前の問題に取り組んでいる姿は本当に感激した。

おとといの授業に引き続き、なんか、数学を教えることに手応え、というものを、漸く感じた気がする。(まだまだなんだろうけどさ)

7時間目:Geometry
この前のアクティビティの解説をして、多角形の面積の求め方をやって、クイズ。
打って変わって、落ち着きがない。(ま、金曜日で一番最後の授業だから、というのもあるだろうが)

なので、怒鳴った。

一瞬にして静かになる(笑)。

人が多いだけにまとめるのが大変だ・・・。

放課後はバスケの試合が地元の高校との対戦がうちをホームにある。
女子も男子もライバルという感じ(カンファレンスでの成績が似ている)

でも、俺はポップコーン作りに徹する。男子の試合のハーフタイム以降見にいくことが出来た。
(それまで負けていた)

見る見るうちに追いついて、逆転。


俺って、勝利を呼ぶ男なのか??(笑)


そして、そのまま追い越されることもなく、ゲームセット、何点だったかはわかりません。(たしか48-42、みたいな感じだったと思う)

でも、なんかね、いいね、こういう試合で応援するの。

自分が高校のときなかったような気がしたな・・・。湯沢高校(出身校)よりも


勤務校のほうが愛着がわいてしまった。



アメリカで高校生活を送っていたら、また違う人生だったんだろうな、とも思う(笑)。


ま、とにかく、勝ちました。現在男子のチームはカンファレンス3位です。
来週は、またまた、セントラルとの試合があり、敵地に行ってきます。

それまで、練習頑張ってほしいですな。


明日も採点などが残っているので、学校へいってきま~す。でも今日はちょっと夜更かししちゃおうかな。(って授業計画立てるだけだけど)


なんと、昨日、一時的にだとは思いますが、教育で8位に入っていたようでした。が、今は12位です。大健闘中です。皆さんのおかげです。毎度ありがとうございます。

今日も1クリック、ポチッとお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
 

パソコン

もインターネットも直りました。


原因はわかりません・・・・。


モデムもラウターも反応しているし、パソコンにも送られているのにも関わらず、インターネットが開かない上に、パソコンまで遅くなってしまいました。

なぜなんでしょう。


でも、パソコン、買わなくても良くなりました。

愛機、iBookG4。まだまだ使えますね。

さすがは、マック!
 
教え始めてから今日で100日目。

よくもまあ、ここまで書いたもんだ、と思う。


今日は、1日割合等の復習とクイズ。問題なく進んだ。

が、問題があるのは、僕の愛機

iBook G4。

ことの発端は、自分でもよくわからないけど、立ち上がりが遅い。


友達と飯を食べにいって、帰って来たら、インターネットにつながらないのみならず、マックの立ち上がりが遅くて、イライラ。もう1時間もあーだの、こーだの、やっている。


もう潮時??


やめてくれよ、この金のないときにさ。

立ち上がりが遅いのは、言うまでもなく、デスクトップに貼付けてあるファイルの表示がとおーーーーーっても遅い。

ウィルスか?

でも、何かをダウンロードしたわけでもないのに。


やばいな、この状況。


どうにかならないか?


またPCに戻る、なんてことにはしたくない・・・。


マイ iBookよ。

立て、立つんだ、ジョーーーー!!!


と、僕のiBook応援のつもりで、1クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
 
Academy:
今日はロングアクセス。メイクアップに行く学生が多かったが、俺の学生はそんなに来なかった。

5時間目:プラン
授業計画の復習。何を教えるか、レビュー。

6時間目:Algbera I
百分率、パーセントの話をする。昨日と同じ。
でも反応などもよかった。
後は教科書を読ませて終わり。

7時間目:Geometry
多角形の面積を求める公式から円の公式を求める、というプロセスをパソコンでやろう、と計画。

まずは、ウォームアップをして、10分経過したところで、いきなり

「バーーーーーン」

と何か叩く音が聞こえ、後ろを向いたら、一人の女子が教室を飛び出していった。

は?何があったんだ?

と思って追いかけ、話を聞くと、他の学生に何かいたずらされたみたい。
その学生は他の教室で自習させ、他のクラスをラボに連れて行き、やらせる。

もう最初の10分で、どっと疲れたので、これ以上問題を起こしてほしくない・・・。

みんなきちんと取り組んでいて、一人一人に個別指導も出来た。

数学の先生になってよかったこと。たくさんの学生が、このプロジェクトを通して

「Ohhhhhh, I got it!」

と言ったことが何よりも収穫。

学力の低い学生も、学力の高い学生も、どちらも多角形の面積公式と円の公式の二つが結びついたことには感動したようだ。

それを見ていた先生(俺)はもっと感動したけど。


最初の10分のいざこざがなければもっとよかったのに。

学級経営は大変だ。でも、やはりすばらしい授業を展開すれば、もしくはすばらしい教材をつかった学習活動だと、どんな学生でも真剣に取り組める、という、今まで数学を教えていて、ぼんやりしていたものをつかめたような気がした。

生徒指導はさておいて、授業の教え方については、レベルが一つ上がった気がする。Lv.2みたいな。

今日は先生方と晩飯を食べる予定。
バスケもないし、ちょっとゆっくりできるな、今日は。


今日も1クリックよろしくお願いします。教育で、13位です!ありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログへ
 
今日も7時頃登校。ゆっくり目だと思うが、今日はバスケの試合があるので、ま、いいかな、と。

授業のほうは全て、Algebra I。で、パーセントについて話をする。
よく使うことだから、そんなに戸惑う感じではなかった。

放課後は、友達の卒業証書を送りにFed-Exへ。その後、学校に戻り、バスケのための売店係。

でも今日は早く終わったので、すぐ帰ってきました。8時半。

明日、あさってと少しゆっくり出来るかな。(夜に何もないので)

今日は寝よう。もう寝よう。

1クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
 
別に破廉恥なことをしたわけではありません。

昨日楽しかったのと、ベットイン12時だったので、今日は6時すぎに起床、学校へは徒歩で6時50分ごろ登校。

朝の一番に、数学のある先生が、

「私のクラスをドロップした学生、貴方のTAになるから、よろしく。」

といわれ、あ、はい。と生返事をしたんだけど、その学生、

親に内緒でドロップしていたとさ。


親から電話が来ること必至。


でもね、彼の親とは、テニスの試合やコーヒー屋さんでしょっちゅうあっているので、顔見知りだし、学生もフレッシュマンのときから知っているので、まあ、なんとかなるだろうと。


先手を打って、親には俺が電話しましたよ。ご要望があれば、なんなりと、と。親としては毎年数学をとってほしいらしく、今回ドロップしたのがありえないと思っていたんだけど、俺のTAだし、何かプリントなどをその時間にやらせてほしいな、とのこと。それについては大丈夫。


Academy:
今日もSSRで始まり、少しレッスンをして、アクセス、メイクアップの時間。
その時間に、またシニアーの学生が、「授業ドロップしたいんだけど」って言いに来た。
あー。また親に電話、カウンセラーに相談だな。

そのため、アカデミーが終わってから、カウンセラーに相談。はーあ。10分ほど、「ドロップさせない」ということで了承。

5時間目:プランタイム。
自分の学生でないことの仕事と、カリキュラム編成などの仕事で、あたふたと。
自分のこと何一つできませんでした。
仕事だからしょうがないけどね。

6時間目:Algebra I。
今日は割合について教えて、その後クイズ。
このクラスは、信じられない程良くなった。その上、お気に入りのクラスだ。この調子でいこう。

7時間目:Geometry
本当はラボでやろうと思ったんだけど、パソ室の予約が取れなかったので、今日はノートテイキングデー、と円の面積、円周、扇形の面積の求め方の復習。
休みが多かったと思う。

放課後は友達の卒業証書をとりに大学へ。

懐かしい人たちとバッタリあったり。って教え子なんだけどね。

女の子は前から、抱きついてくるのに、男なんか、後ろから飛びかかってくる。

今日やられたときは、マジで変態に襲われたと思って


背負い投げ


でもしてやろうか、と思った。
そんな感じでじゃれあいましたよ。

今日は採点などもすぐ終わったので、まだ7時なのに家にいます。
明日はバスケの試合で、残念ながら、9時半ごろのお帰りになるのかな。(そうでないことを祈るが)

今日もこれからゆっくりしようと思います。


ブログランキング。
教育では、15位からなかなか上がりません。14位以降の壁は高いなと実感です。
皆様の1クリック、よろしくお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
 

また雪かぁ~

拝啓、父上様・・・ここはまた雪です。僕は今日も学校へいってきました。



って、ドラマのように初めてみました。いいね、あれ。なんかほのぼのしてて・・・。

自分の世界に入ってしまいました。ごめんなさい。



昨日の晩から降り続き、午後には降り止んだが、やはりアパートの入り口がひどい。日曜日なのでアパートの用務員さんも働いていないようだ。

午前中は家でクイズ作成。指導案も作成しようと思ったら、高校に使おうと思っている教材を忘れてしまったので、この雪のなか、また出勤しないと、と思い、行ってくる。

いやーねー、腰を上げるところまで時間はかかるんだけど、働きだすと止まりませんよ。

12時に高校に行って、あれだ、これだ、とやっていたら、もう夜の6時半。
毎回言いますが


僕は仕事中毒に犯されています。


まずはじめは、クイズをコピーして、指導案を考えるところへ。
そうしたら、図形のクラスの教材研究で、昨日見つけたものを使おうと思って、そのプリントを作成。
今週は3回図形のクラスがある、と気づき、そのまま図形の世界へ。

オイラー定理(Euler's Theorem)が、体積を教えるところで出てくるので、大学で習った離散数学の教科書を引っ張りだして復習し、その後、アクティビティーを考える。

我ながら数学にこんなにハマると思ってもいなかった。社会の先生も面白かったが、数学の先生も「自分が知らない分野を勉強しながら教える」ので、悪くはないな、と思ったり。

このまま数学の先生で人生を終えてもいいかな、

なんっちゃって。

Algebra Iのクラスはここ3週間は取り分けやることは、日々の指導案の作成と、クイズ作成くらい。図形はこの1週間は保つと思う。

毎日バスケだ、レスリングだ、と試合がホームであって、その度に、ポップコーン作りに借り出され(ま、金もらっているからしょうがないんだけど)、1日は教えて、採点して、学生の質問に答えて、ポップコーンつくって・・・の繰り返し。教材研究だ、指導案だ、っていうのは週末にやらないと


絶対過労死する


と断言できる。いやーね、前々(受験のとき)からだけど、忙しくなると、何故か

鼻血ブー

って、なっちゃうんだよ。
脳に異常があるのか?体に異変か?と思って、クリニックや、うちの保健室の先生に聞いたりしたら、

あんたの場合、単なる過労。

と一蹴された。一番いい方法は、寝ることだそうだ。


ま、他の先生以上に俺は今後の身の上が不安なため、それも手伝って、在らぬストレスがたまるんだろうな、と自覚。

でも、今晩は、これから、Mixiの管理人さんとご対面で、自分の教え子とも久々に会えるので、

リブアイステーキ

を堪能してきますよ。


この前のように、遅くなりませんように(笑)。目標は9時です。9時には帰ってきたい。遅くても10時だな。

このことは後で報告します。

今日も1クリック、よろしくです。貴方がクリックを押してくれると、僕の疲れも癒えます(笑)。
にほんブログ村 教育ブログへ
 

やっと土曜日

週末が恋しい割には、やっていることと言えば来週の教えることを考えたり、プリントをコピーしたり、とか、そういうこと。つまりは仕事。

仕事だけだけど、さすがに教えていない分だけ、体力と気力は残る。


朝の8時半ころから学校へ行き、今後3週間使うプリントのコピーをする。そして、教材研究。図形のクラスで、なんか、発見学習が出来るものはないか、ウェブでリサーチ。

あ、教科書採択とカリキュラム編成の仕事もちょっと進めて、3時頃には家に帰ってきました。

今くつろぎ中です。ストレスのない日、ってこういう日なんだな、と実感します(笑)。


あっ、そうそう、皆さん、Mixiってやっていますか?
色んな人と会えますよね、小学校の同級生から、同職の人、異国の地にいて、出身が同じだった人とか。
そのMixiにコミュニティーがあって、とあるコミュの管理人さんと明日あうことになります。

出会い系サイトで知り合う感じです。(やったことはありませんよ)

とはいえ、管理人さん、昔このグリーリーにいらした方で、そのときにホームステイをした家族の子供が、僕が2年前教えた学生だ、というつながりです。

世間とは狭いですよ、本当に。

今から楽しみです。


にほんブログ村。
只今のランキング
総合:810位
海外生活:64位(アメリカ情報:11位)
教育:14位(高校教育:1位)
となっております。
徐々に好調だったころのランキングに戻って来ています。皆様のお陰です。ありがとうございます。
特に教育は念願の20位以内に初めて入りましたし、高校教育(サブカテゴリー)では1位をとらせていただいております。

数字はやはり書くこと、続けることの励みになりますね。

今後ともよろしくお願いします。そして1クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
 
日本時間では、昨日と今日で、大学入試センター試験がはじまる。このブログは高校生で受験生の方も見てくれているので(何回かメールをいただいた)、ちょっと当時を振り返ってみよう。

って、俺が受けたのは、もう10年程まえのことなんだけどね。


現役のときはセンターを受けなかった。理由はバリバリ私立文系で、当時は私大はそんなにセンター利用可能なところがなかったからだ。ま、数学、理科全くちゃらんぽらんだった、というのもある。

なので、本格的にセンター対策をした、というのは1浪したときからになる。

1浪時は、竹の塚近辺に生息していた。近くの大学は獨協大だったが、センターでは場所を貸し出しておらず、なんと


天下の東京大学


での受験になった。工学部のとある教室だったきがする。

緊張したな。東大受けるわけでもないのに、東大にいるっていうのは。

リスニングなんてものは当時はないので、せいぜい問題があるとすれば、天候によるものくらい。俺が受けたときはそんなものはなかったけど。普通に冬だった気がする。

そのときは数学と理科をのぞいた、英語、国語、地歴、公民を受験。地歴はもちろん日本史、公民は大好きだった倫理受験。

自己採点では、英語は170点。国語は178点(小説が苦手だった)。日本史は、未だに覚えているけど。98点、倫理も90点。

国立受けるわけではないので、ま、模擬試験のつもりで受けたんだけど、現役当時の俺の成績に比べれば、遥かに伸びた。


親孝行で、どっか国立でもうけてりゃ、よかったな。


代ゼミと東進(現役で衛星予備校に行っていたので、単科と講習はとっていた)に行ったことのある方ならご存知かもしれないが、英語は富田先生に習っていたし、現代文は笹井先生(なぜ、なにが、ぐー、のね)、古文はマドンナ荻野先生、漢文は高校のときの担任のプリントのみ(!)、日本史は土屋先生に習っていました。倫理は高1のときのノートをひたすら暗記。まだ、

倫理の実況中継

なんてものはなかった時代。いかに効率よく、あるリソースで、まんべんなく勉強するか、かなり追求した1年でしたよ。

とはいえ、第1志望は慶応文、第2志望は早稲田教育(でも広末騒動があった年)、第3志望は上智文・教育。その他受けたところと言えば、早稲田一文・社学だった。


全敗でしたが・・・。


そして、2浪。ひょんなことから新潟大学で受験。センター前なのに、

友達とどんちゃん騒ぎしてましたよ(笑)。激励会を兼ねて。

従って、翌日は最悪(笑)。

でも、意外にも試験の結果は(自己採点だが)良くて、英語は9割(183点)、国語も185点、日本史は94点、倫理は100点でした。倫理はうれしかったな。それが故に、哲学科を受けることにしたわけだけど。

このときの受験校は、第1慶応文(2度目の挑戦)、第2早稲田教育(3度目の挑戦)、第3国際基督教大(初挑戦)。他には、早稲田一文、社学、同志社文(哲学)、関西(文)、関西学院(文)と受けました。関西の2大学以外は落ちました。同志社の文学部哲学科は、「4年間哲学なんてやってられない。」というのと「ドイツ語やるの、無理!」と思ってやめ、関西の文学部はなんと教育学科や史学科ではなく、

フランス文学科

に受かってしまった。え、なんで、仏文?
今となってはいっても良かったかな、なんて思ってるけどさ。
関西の大学は受験日も早く、発表も早いし、入学金納入日も早く、親には「他の大学受かってから決めなさい」なんて、納入日の締め切りのことなんか知ったもんじゃないようなことを言われ、結局入学金は振り込んでいません。(だから、カッコよく言えば、蹴った、本当のことを言えば、お金がなかった・・・。)

後で、親に何で入学金を出してくれなかった?って聞くと、


東京にいる息子に30万送るとキャバクラで使い果たすと思った。


だってさ。今となっては、それ以上にお金のかかる選択をしてしまったけど(申し訳ございません。)


とにかく、人より2年以上も受験を経験して来たので、受験生の気持ちはよくわかるよ。緊張するし、もし知らない問題がでたらどうするのか、とか・・・。でも、センターで人生は決まらないし、もっと言えば、


受験で人生は決まりません。


もっとも、日本の教育システムは受験が軸になっているので、大方大学に行ったほうがいいとは思う。先生になるのにも、上級公務員、名の知れた会社に入るためにも、大学に行かないと就職できないものもあるので、大学に行ったほうがいいとは思う。大学は将来のための教育にはなるからだ。

だからって、失敗したから、人生が終わる、ってもんでもないよ。(日本での俺の人生は皆無に等しいが・・・笑)

失敗が許されない試験、年に1回の試験であることには変わりないが、失敗が恐くてどうするって。

まして、センターなんでまだ今期の受験の始まりにすぎない。

受験生の皆さんは、将来を考えるよりも、今。今ですよ。今できることをやりましょう。
受験が終わってから、将来のことを考えればいいんだから。

ここからは代ゼミに行っている人へ。
ま、とあるファンをのぞいて、CANDY ROCKなんて、絶対消化不良に終わるので、今までの復習に徹するべきです。今でも覚えているな、あの代ゼミの喫煙所で、一生懸命

"CANDY ROCKとBOOTLEGは必須だよな、この時期の。あ、古文の「さらば」もな!"

なんて言っている奴がいたけど、おいおい、合計900ページもあるテキストをこなせるのか?と思っていたよ。

俺はファイナルチェックリストと超長文編の2つを英語のクラスではとったな。ほら、富田先生のやり方って、ずーーーーーっと、1学期に教えたことを使いこなしてやるから、俺としてはいい復習になったよ、いろんな文法事項のさ。

あとは、過去問ね。赤本、青本。自分で時間をはかって1回といてみる。そして時間なしで、復習をかねて、もう一回やってみる。辞書とかも使ってね。弱点見えてくるよ、「この単語知らないから、この問題解けなかったのか」とか、「会話が苦手だな」とか。単語の類推なんか結構簡単にできるし、会話も基本的な文法を知っていれば解けるものが多い。

あと、よく聞くのが、SVOCってふりながら読んだほうがいいですか?って質問。
ま、俺は最後の最後までやっていたけどね、富田先生がやっていたように。まずは動詞を数えて1を引いて、主節をはっきりさせて、わからないところをあぶり出していく。(わからないところには説明がかかるはずでしょ。)空所補充も言い換え問題も大丈夫になりましたよ。


受験生の皆様、センター試験がんばってください。


1クリックよろしく御願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
 
金曜日というのは学生だけではなく、先生ももう週末気分。俺もま、金曜日だから、今日教えることは軽めにしよう、と思っていた。

1時間目と3時間目のAlgebra Iでは、宿題をチェックし、割合について教える。ノートテイキングが主なものだったが、「結構簡単じゃん」って感じで取り組んでいた。
その後はクイズ。

しかし、4時間目は、金曜日の一番最後、というので、静かに取り組むべきところで、誰1人取り組まない。なので、必殺

教科書を読んで、ノートをとる

という作戦に出る。90分やらせる。もちろん一言もしゃべってはいけない。


やり直し。はい、これだめね、と、ノートを見せに来た学生を一蹴。
その上、全員居残り10分。

次からは態度を改めることを祈っている。


時間は前後するが、2時間目。授業準備は昨日の時点ですでに終わっているので、今後のカリキュラム編成の資料作成、テキストブック採択の資料作成をやる。と日本語で書くと、主任レベルの仕事をしているように見えるが、どう考えても、俺には

雑用

にしか思えない。


全てのテキストの目次で、今学期扱うのをタイプして、何月には、試しにどのテキストの何ページの何をやるか、ということをウエスト流にアレンジしてやるということ。


でも考えてみた。


これで俺がいなくなったら、引き継ぎは誰がするのだろうか?


自分の教育委員会向けの資料作成をして、自分の教育委員会の未来に貢献しているが、


自分の未来は一体どうなるのか?(明日は我が身、という言葉もあるようにー笑)


と不安になってきた。


ちょっと時間が残ったところで、レジュメとカバーレターの作成をした。そろそろ他の仕事にアプライする準備をしようと思って。


前回も書いたけど、自分を必要としているところなら、どこでも行こうと思う。それがたとえ日本でも(免許ないけど。)


昔から、受験の名残なのか、保険をかけないと気がすまない。
全ての俺が作るプランにおいて、サブプラン、第2候補を考えておかないと気がすまない。
人生の選択には2浪を経験したからか、かなり慎重になっている。

今回の職探しは、「ビザ」がおりなかったら、ということを考えてのプランだ。友達は、「大丈夫、大丈夫、おりるから心配するな」とはいうけれど。

もし、2ヶ月も働けない(10月まで働けない)なんてわかったら、俺の立場は?
そんな奴を雇っておきたいんだろうか・・・。

教育委員会の人事部の返事が来ないから、かなり不安、苛立があった今日この頃。


放課後は、ウィンザーとの女子バスケの試合。見事勝利。俺はポップコーンを作っていたので、見る暇はなかったけど。

明日も1日高校で仕事があるので、行ってきます!

それでは、今日も1クリックよろしくです。
にほんブログ村 教育ブログへ
 
たまりにたまった疲労や過労のため、昨日は本調子でなく、その上早く床についた。

今日はちょっと遅くまで寝かせてもらい、7時に高校へ。

もう、体のだるさもなくなり、結構、いい感じ。

Academy:
SSRのあと、宿題のわからないところを質問に来た学生にずーっと対処。
その後、バスケ部のキープレーヤーが俺のTAになりたいなんて、いいに来た。カウンセラー、彼の母親に電話をしてみよう。

5時間目:プラン
Geometryのクラスの計画。

6時間目:Algebra I
Scientific Notationについて。さすがに3クラス教えた後なので、スムーズ。
学生も集中して取り組んでいた。

7時間目:Geometry
数々の学生の親から、38人は多すぎる、という批判のメールや電話が相次いで(俺が悪いんじゃないのに)、じゃー、こっちも「やる気のないやつ、ドロップ作戦」に入ろうと思い、クイズを超難しい、聖心女子初等部(っていうの?)の入試問題のような問題を20問もだしたら、そりゃー、学生がブーブー言いやがり、見ただけで、ギブ、という学生も多数いた。0点にするから、別にいいけどさ。
でも、公式当てはめて求めればいい問題だし、計算機を使ってもいいんだから、簡単だろう、と思っていたが、悲惨たるものでした。

放課後はレスリングのため、ポップコーンつくり。そんなに人は来なかったが、ポップコーンは売り入れてしまった。

明日は女子バスケがある。また9時半までだ~。でももうすぐ週末!Mixiでしかあったことのない人とのご対面がある。ちょっとドキドキします。

今日も1クリックよろしく御願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ

 
1月17日。忘れもしない、阪神淡路大震災があった日。
当時中3だった俺は、その日が始業式。

朝起きてテレビをつけると、とんでもない光景が映し出されていた。

今でも忘れない、あの悲惨な状況。
地震列島で、そういう地震を目にし、日本海中部地震なんかも経験したので、日本を教えるときは、そういう日本の災害対策について触れることもあった。一昨年のカトリーナと比べたりして。

自分が体験したことを話せる。そういう社会の時間は俺も好きだし、学生も頷きながら、しーんと聞いていたり。

懐かしき社会科教育実習生の日々・・・。

話は変わって。
今日は全ての授業でScientific Notationというものをやった。ほら、3×10^5みたいなやつね。大きい数を表すときに使うもの。
ほいほいやっていた。特別問題もなし。

2時間目のプランライムのときに、同僚の先生といろいろ話をする機会があった。

ビザのこと、将来のこと・・・。さすがアメリカ人女性。


人のことを詮索したがる(笑)。


心配してくれているので、いい意味で意見を言えた。将来的にはどうするの?数学?社会?とか、コロラドに残るつもり?どんな学校に行きたいの?等など。

俺は、自分を必要としてくれている学校に行きたい。

日本では人事異動があるけど、ここでは、自分の意志で異動、転勤できる。

他のところから声がかかり、俺を必要としてくれているのであれば、たぶんいくだろう。(ま、その前の自分なりのリサーチなどもするけど)

自分が必要とされている学校で働けるというのは、本当に幸せだろう、と思う。

現在の俺がそうだ。転勤を切り出したときに、引き止められるんだろうな、去年、一昨年みたいに(去年と一昨年は自分の意に反して、大学から命じられたんだけど)。


うちの数学科の先生が、俺が雇われるときに、思いもよらず


大歓迎


をしてくれた。それは、やっぱり、知っている人が数学科の一員に入る、というのもあるし、ある先生は「日本でどういう数学を教えているか見せてほしい」ということも言われた。(数学の時間は俺に取って内職の時間だったが)

中学校のとき、M川教頭に数学を習ったときの感動は未だに根付いているのか、たまに「こうやれば簡単だよ」的手法を教えると、教室を借りている先生が、「すごいな、日本は」とかいってくれる。

こういう職場に残れるのか・・・。しかもこの教科書採択なの、カリキュラム再編なので、いろいろ借り出されているときに(主任命令で、俺がミーティング等に出席していたりもする)。

今後のお楽しみです。


昨日、夜遅く(とはいっても9時)に帰ってきて、教材研究などをやっていたら、12時になってしまった。
かなりの寝不足だったので、今日は絶対早く寝よう!


1クリックお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
 
あっという間の3連休。

Academy:このクラスはあまりにも学期の終わりヒドくなったので、シラバスを作って、罰則規定を定めた。それが良かったのかかなりうまくいった。
友達にトランスクリプトを送らないと行けないので、後半は他の先生にお願いして、俺はFed-Exへ。

5時間目:Plan
日本に送るというので多少トラブって、しかも何としてでも日本時間で木曜日まで届くようにしろ、と脅迫(?)したので、スーパープライオリティエクスプレスメールに送ってもらった。
その後、高校に戻ってきて、授業の準備。

6時間目:Algebra I。
指数法則のレビューとクイズをあげる。皆さんしってました?とあるリサーチによると(去年統計学を教えていた先生が教えてくれた)、宿題をあまり出さないと、学生の成績が上がる、という統計があるそうだ。なので、俺はマックスで出しても15問ほど。これがいいのか、みんな宿題をやってくる。先セメとはエラい違いで、自分もびっくりする。
まあ、信じられない程宿題を出せば、やる気は失せる。俺もそうだった。数少なくすると、俺もやってみようかな、と最低でも「トライ」はするようだ。このクラスの学生は全員やって来たようだった。なので、クイズも殆どの学生がパスした。

7時間目:Geometry。
円周を求めたり、円の面積を求める公式に移る。
円周では、πの求め方をやり、面積では、なぜそのような面積になるのか、説明。アクティビティーにはしなかったが、みんな「ほー」っていう感じで頷いていた。

5時半からバスケの試合があるので、それまで、メールチェックや採点。

今日驚いたのは、一昨年(2005年の秋学期)に社会科教授法をとった先生からメールが来ていたので、近況を報告。
こういう風に自分が習った先生からメールが来ると、マジで「がんばろう」って気になる。

5時半以降はバスケの試合。攻め方を多少変えたのか、今ディビジョン3位の学校に20点も差をつけて勝利!!!見応えのある試合だった。とくに速攻の決まり方が鮮やかだった。

明日は放課後はちょっとゆっくりできるかな。今日はもう寝ます。


1クリックお願いします!!
にほんブログ村 教育ブログへ
 
何をやっているかと言えば、


高校にいますよ!


祭日まで働いて偉いですね、なんて言われそうだけど、やらなければならないことが山ほどある。ちょっと列挙してみる。

(1)採点。
そうだ、先週クイズをやらせたのに、採点が終わってない。さっさと終わらせ、成績処理へ。

(2)成績処理。
各クラスの成績をプリントアウトして、DとFの学生の所にハイライトを引いて、自分のオフィスの前に張り出す。

(3)指導案作成
1日1日やることを1週間分まとめて作成するのだが、このとき、Warm-upの問題を考えたり(というかいろんな本から探し出したり)、Essential Questionsを考えたり、板書をどうするか考えたり、Visual Aidsが必要な場合はそれを作成したりする。こういうのを書き出して、その授業をする前の日にいろいろ確認。今日は1週間分つくり、明日教える分の予習。

(4)クイズ作成。
Algebra IとGeometryのクラスでクイズをするので、それを作る。(やらせるのは木、金になると思うが)

(5)書類、メール等の整理。
メールはジャンクメール対策のみ。休日に大事なものはこない。
書類では、推薦状、アンケートやら、できるものをすべてやっておいた。
一つ重要な書類、「今後の計画について」というの旨の書類が教育委員会から来ていて、その記入をした。
簡単にいって、来年どうするか、ということなんだが、俺はまだわかんないので、

I am uncertain whether I will return to District 6 for the 2007-2008 school year. The reason for my possible resignation is:

というのにサイン。ちなみに理由は「MY VISA STATUS」。これがすっきりしない限りは戻ってきません(笑)。

これが今日1日9時からやっていること。
まだ終わらないものがあるので、仕事再開といきますか。

今日も1クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
 
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。