10 | 2007/11 | 12

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

秋祭りへ

今日は午前中、採点。

お昼に、エジプト人の先生と昼食、旅行の話をする。そっか、もう20日ほどで、夢のエジプト!


夜は、日本人会主催の、秋祭りに行ってきました。

ホントに「お祭り」という感じでした。100人以上は居たんじゃないかな。

こんなに日本人いるんだ!という驚きで一杯でした(笑)。


僕は直接的な教え子ではないけど、日本に行きたいというバヤンからの学生といろいろ話をしながら、焼きそばとか食べながら、見てました。神輿とか、東京音頭とか・・・日本って良いな、って思わされます。

というのも、夏祭りや秋祭りなんて時期は、学校が始まっていて、日本に居る機会がないので、ここ10年くらいご無沙汰でした。なんか小さい頃に戻ったような気分。

写真はのちのちアップします。ごめんなさい。採点が・・・。

1クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ</div>



<div class=
スポンサーサイト
 
昨日も申し上げた通り、採点をしてました。


午前1時までやるも結局終わらず。


テストの採点は終わったんだけど、プロジェクトの方がね・・・。リューブリックなるものがあるんだけど、それに基づいてやってても、76の冊子の採点は時間がかかります。


んで、木曜日。もちろん寝不足のまま。機嫌も最悪。

もう、頼むから俺に話しかけないで!、って感じ。


ほとんどのクラスは良かったが、チュータータイムの学生がもう悲惨。休み時間、全学生居残りですよ。おかげでこっちも昼飯なし。

2時頃から親とのミーティング。親とのやり取りはコツをつかんだので、難なくクリア。


夜は採点の続き、7時半から同僚とタイレストランへ。7人で。

10時頃まで、楽しんできました!

週末なので、もう残りの採点は明日に残し、寝ます。

1クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ<br /><br /><br /></div>



<div class=
 
今日は、採点(テストとプロジェクト)で忙しいので、今日の出来事は明日にでもアップします。

ごめんなさい。

1クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ<br /></div>



<div class=
 
今日は全てのクラス、テスト勉強に時間を当てる。なので、これといった問題は起きず。


平和じゃ~。



放課後、「せんせ~!」ってある学生が教室に駆け込んできた。


「知ってる?アジア予選でバーレーンと日本、同じグループなんだって!」


ほー!(ここからの記事は、全く持って自信が持てません)

あれ、前も(2005年)もそんなことなかったっけ?

学校事務の方が、「いや、2、3年前、日本人がサッカーの試合できたんだけどね。」なんて話をしていたのを覚えているんだけど。

じゃ、また試合をやる、ってことかな??

どっちでやるかはわからないけど、夏にやるとしたら、悲惨だろうな・・・。

でもその教え子、「チケットをゲットしたら、タダであげるよ。」


賄賂だ、賄賂。


いや、それくらいいいだろ。初めて見るんだし。


僕の中にいる悪魔と天使が戦っています。(もらうだろうけどね)


日本とバーレーン、オマーン、そして、どこだっけ?あ、タイが、同じグループだそうで、日本は有利だ、という話を聞きました。

はー、サッカーのルールと選手くらいは覚えないとな。。。学生のほうが俺より知ってるんだぜ。平山がどうした、中村はすげーだとか、キーパーの川口がなんだとか・・・。授業中にも関わらず、ホームページで名前と顔確認しちゃったよ。

さて、応援に行った場合、俺、どっちに座るんだろう・・・。どちらからも非国民、って言われるよな。


いや、まてよ。

試合は2008年。それまで、俺はバーレーンにいるんだろうか??いるだろうけど。

ちょっと先が楽しみな今日この頃です。

1クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ<br /><br /></div>



<div class=
 
いや~、昨日の頭痛も肩こりも吹っ飛びました。

頭痛は、例のクスリのおかげ。

肩こりは、教え子にもんでもらったら、なくなりました。職権乱用ですね、ごめんなさい。


それはそうと、今日は朝1から、随分とクラスがうまくいった。まあ、いろいろ試したんだから、うまくいかないと、こっちが悲しくなるんだけど、授業開始まで、1分とかからなくなった。今までは5分とか平気で待っていたけど。

本当にすぐはじめられるようになるまで、ずーっと、例の方法を使おう。


そのおかげで、クラス55分中、50分はしーーーんと、課題に取り組んでいた。

1時間目は校長がドロップインで見学に。びっくりしてました。(当の俺が一番びっくりしたが)
2時間目は8年生で、12人なので、クラス経営はとっても楽。いつも通り。
3時間目はカウンセラーがある学生を見学にやってきた。彼女もびっくりしてた。

空き時間と昼休みと過ぎて、5時間目。

さあ、最後の授業だ!気合いを入れて・・・と思ったら、ある親が教室の前まで、


「先生の採点に納得いきません!」

と怒鳴り込んできた!

はあ!?

と思って、「どのアサインメントですか?」といったら、


たった5点の宿題で

彼女(学生)が3点を取ったことに腹を立て

物申しにやってきた。


めちゃくちゃ、言うんですよね、こういうとき、親は。いちいち対応してられないので(授業がもう始まっている)、となりの先生に立ち会ってもらって、質問を聞いた。

「私が教えた通りにやったのに、なぜ答えが違うんだ?」

「問題が難しすぎる」

「このタイプの問題、授業で教えてない、っていうじゃないか」

ハッキリ言って、バカバカしいです。

解決編はちょっと後。

そして、超機嫌が良かった午前中と打って変わって、最悪のムードで授業。イライラしすぎたのが学生にもわかったのか、張り物に触るように話しかけてくる。その上、口調も怖かったらしい(後で学生が良いに来た)

申し訳ないな、巻き込んで。

俺のせいじゃないよね、なんて、数人言いに来ました。


さて、授業が終わって、カウンセラーを交えて、さっきの質問に応える。

まず、分数のかけ算の問題で、5/4×8/20を100/32と答えた。どうしてこうなるの?と聞いたら、「分子と分母をかけるんでしょ。逆数より、そっちのほうが分かりやすわ」とのたまっているが、

割り算で逆数を使うんだよっ、ってんだ。

私が教えたって、教えてる奴が間違ったこと教えてんじゃねーかよ。

それに対し、「そんなはずはない」と言い張るから、学生のノートを見せてもらったら、ちゃんと割り算のところで、逆数(Reciprocal)について書いてあんじゃんか。

問題が難しいだ??すべて約分すれば、1/2、2/3とか、そういう分数になるようにしてるんだよ。

このタイプ習ってない?すべて、教科書の例題で、授業で扱った問題とおんなじだ。


とにかく、前のカンファレンスでもそうだったけど、言いたいことはハッキリ言いました。


1.先生に文句を言う前に、全て自分のしていることが正しいか考えよ。

2.あなたのやり方は子供にも影響を与える。学生の、それも自分の子供のいる前で、先生に対して攻撃的なのは何事だ。

3.っていうか、アポとるのが普通だろ。社会人としてのコモンセンスはないのか?

4.今度同じことをしたら、Deanやカウンセラーも含め、アドミニに立ち入ってもらう。このやり方は不公平で卑怯だ。教師を何だと思っている、ふざけんじゃねー


ブツブツなんか言ってたけど、多分の俺の口調が怒り口調だったので、何も言わないで帰っていきました。

でも全然すっきりしません。あの午前中は本当に天国で、「今までやってきたことがやっと報われた~」なんて思っていたんだけど

間違いでした。


あ~、あの幸せはこの出来事で一瞬にして消えてしまいました・・・。


でも、気を入れ替え、がんばろーっと。

1クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ<br /><br /></div>



<div class=
 
う~ん。。。


朝起きたときから、頭がズキズキ。


休もうと思ったけど、補充計画立てる暇がなかったので、学校へ。


バファリンもってきたのに、家にないんだよな・・・。結局、保健室に行って、保健の先生から、バーレーン版バッファリンをもらって、飲む。

すぐ効いてきたのか、3時間目、4時間目と、教えてもオッケーだった。(大声出すと、ズキッとするが)

でも、放課後には薬が切れて(なんかヤバいような書き方してるな)、また偏頭痛が始まる。そんなときに限って、学生が「せんせー、質問があるんだけど」なんてくるんだような。

なので、結局頭抱えながら(別に問題が解けないから、というわけではない)、勉強につきあう。

家に帰ってきたのは5時でした。。。

ちょっと今は落ち着いてますが、薬のんで早寝が一番だと思う!

みなさんも過労には気をつけましょう。

1クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ<br /></div>



<div class=
 

昨日と同じく

ぐ~たらしてます。

洗濯して、医龍と金八とガリレオみて、有意義な生活。

でも、そろそろ、次の2週間のレッスンを組み立てようと思います。。。余裕があったほうがいいからね。

1クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ<br /><br /></div>



<div class=
 

ひたすら寝る

あ~~~~、この週末がいつもに増して、待ち遠しかった。

何も起こらなかったといえ、保護者との面談は結構疲れる。


今日は、同僚の小学校の図工の先生の誕生日会。(仲間内なので、そんなに盛大にはしなかったけど)

存分に楽しんで参りました。その先生、オーストラリアから来てるんだけど、日本人のホストファミリーをしたこともあって、とってもよくしてくれます。旦那さんも然り。


沢山寝て、楽しんで。。。いい1日でした。
 
昨日に引き続き、今日は1日、面談。

アメリカでは、Thanksgivingで、楽しいひとときを過ごしているに違いないのに、バーレーンでは、PTAですよ。不公平きわまりない(笑)。

7時から、続々と、休みなしで、親が訪れる。自称気の短い俺が、こともあろうに、難なくこなしている(笑)。


今日は、2人の親を泣かせ、生徒は5人に泣かせた。厳しいことを言わないといけないときは、ビシッと言わないと。


厳しいことを言っても、納得してくれた模様。


今日は、でもいいことを言った方が多かったかな。(ま、成績のいい学生しか来てない、といえばそれまでだけど)


一人の親御さんにはびっくりしました。

「私の兄弟で、在日バーレーン大使がいるんですよ。夏にでも会ってきてくださいよ!」

日本に一時帰国したら、是非挨拶に行こうかな、なんて思っております。


4時半に家に帰ってきて、クタクタで、そのまま、次の日の朝まで寝てしまいました。


ところで、為替、酷くないですか?1ドル=108円(俺がここに来たときは120円)ですよ。それに流されて、1バーレーンディナー=289円ですよ(俺が来たときは300円)。

回復するかな・・・??

1クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ</div>



<div class=
 
今日は午前中でクラスが終わり、1時から3時まで、親との面談。

スケジュールを見たら、びっしり!!!!!

約60人の親御さんと、今日、明日会わないといけない。


この間のコメントで、保育所からずーっと一緒だった奴が「やれ、やれ!」と言っていたので、かなりの強気で親と話そうと思った(まあ、悪い学生だけだけど)。


とりあえず、午前中は授業。1時間目は10年生の数学の補充、三角関数を教える。2時間目は、自分のクラス。最悪なクラスだが、うまく言った。
3時間目は12年生の数学。行列を教える(俺、文系なので、日本では習っていないけど、大学のときの線形代数のおかげで、行列、なんとか教えれた・・・)

4時間目、5時間目は自分の7年生のクラス。6時間目は、8年生のクラスを2つ一緒に、三平方の定理を教える。

そのあと、10分、コーヒー飲んでいたら、すぐ親が来る。

Fの学生の親には厳しいことをいい、Aの学生の親には良いことだけを言おうと思い、この面談に望む。

まず、いいものから。
Aを取っている学生にはほめまくる。「もうね、やれ、っていったこと全部きちんとやってくれるので、本当に助かりますよ。Aは当たり前ですよ、彼女(彼)にとって」みたいな。

オープンハウスの演説が良かったらしく、是非個人で話をしたいと思った学生の親も来て、びっくりしたよ。

「うちの息子、先生のこと、大好きなんですよ(もちろん恋愛感情はないよ)」

とか、

「もう、去年に比べれば、あなたはスーパーだ。」

とかね。

一人のお力を持った親が「このまま、持ち上がってくれませんかね~」なんて俺に言ってくる。「先生もね、いろいろあって、先週は大変だったんですよ。」なんて話をすると、

「大丈夫、モフセン(子供の名前)が卒業するまで、辞めさせませんから。」

といわれ、さらに、

「私はあなたの見方ですから、先生のことディレクターや校長に話しておきますよ。」


親を味方に付けると、とってもいいことがあるな、なんて思った。


ところかわって、Fの学生。

強くいいました。
「授業態度がなってない。」とか「いちいち、口答えする。」とか、「先生にあらぬ態度をとって、尊敬していない。」とか、「先生を尊敬しない学生をどうやって教えろ、っていうんですか?」

こういうBehaviorが問題にして、成績のことも強く言う。

「態度がなっていないから、成績も芳しくありません。Fですよ、F。」

とか

「知ってますか?今まで受けたテストとクイズはFですよ。その上、宿題も提出物も出してません。これにどうやって、Dをつけろ、っていうんですか?」

とか

「この間のテスト、Fとったのは3人。そのうちの一人があなたの息子さんです。」

とか

「大いに反省してください。」

こんなことをFを取った親に言ったら、なんと目の前で泣かれてしまいました。これにはびっくり。

でも、「泣くほど酷い成績を取っておいて、放置しておいたあなたにも責任はあります。この際、家庭で話し合ってください。そうでないと、去年と同じくなりますよ。」


強く言えたのには理由がある。もう、このバーレーンに来て、いろいろ経験しているし、一時は退職も考えたので、もう怖いものなし的な気分になっているということ(前にも言った通り、退職願はもうプリントアウトして、サインをすれば、出せます。)

そして、やはり態度が悪いのを教育するのは、俺の仕事ではなく、家庭でもしっかりしないといけないことを身にしみて感じていること。

あとは、僕を支持してくれている親もいるので、いざとなれば、助けてもらえる(かもしれない)こと。

最後に、「自分が信じる、ベストだと思う教育」をやっていれば、人はついてくるんだな、って感じたこと。

こういうことは、やはり教師として成長させてくれる。

親に泣かれたのには、ちょっと困ったけど、親からの良いコメント(自分に関して、自分のクラスに関して)は心強かった。

なんだかんだ言って、いい日だった気がする。

明日は1日中、朝7時から3時まで、面談の予定です。

1クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ<br /><br /></div>



<div class=
 
もうね、ミーティングばかりの日。
1-3時間目は自分のクラス。

4時間目はいじめにあっている学生の対処のため、カウンセラーに会いに。

5時間目は自分のクラスを教え、6時間目は、学業不良の学生の相談でカウンセラーと校長に会いに。


放課後は教科部会と学年部のミーティング。


過労です。夜、ご飯食べる気力がなく、シャワーを浴びて、そのまま寝ました。
 
今日の出来事の前に、たくさんの方から励ましのコメント、メール、メッセージ、本当に


ありがとうございました。



実際会っている人よりも、こうやって、ネットで励まされることが多い今日この頃。電車男みたいになってしまいそうです。


今日もいろいろありました。

クラスはそんなに悪くはなかったんですけどね。学校全体として。

まず、5人停学。

一人は友達を殴ったこと(これ7年生)

のこりは高校生。詳しく何をしたのかは聞いていなかったけど、そのうち2人に関しては現場を目撃。


自分のプランタイムに社会科の先生に用があっていったら、その隣のクラスでなんと


喧嘩。


担当の先生も止められず、結局俺とビジネスの先生が止めに入り、生活指導の先生へ。

びっくりしました。ガラ~ンッ!ガタ~ン!って音が聞こえて、何かあるな、と見に行ったら、喧嘩でした。殴り合いの。

さすがにこういう喧嘩、アメリカの高校で慣れているので、まあ、難なくことは収まったけど。

初めて見ました。クラスで喧嘩が起きるなんて・・・。

うちのクラスで起きても、対処はできるかな。まだ中1だし、銃もってない限りは、大丈夫。


ま、それはそうと。

最近は2時半にすべてを終えて、帰途につきます。
早く帰るときは、基本的に疲れているか、嫌なことがあったとき。今日は嫌なことではなかったが、自分の受け持ちの学生の態度と英語(例の先生ね)の成績が悪く、俺の担当なので、そのことの対処で疲れました。なので、颯爽と帰ってきました。

やっぱり、立ち直ったとはいえ、いろいろあると、精神的に疲れます。


嫌なことがあって、ストレス溜まったとき、皆さんはどうしてますか??

1クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ</div>



<div class=
 
今日は、随分と落ち着いて授業ができた。

びっくりするほど、学生も言うことを聞いた。こういう日があってもいいな。


ところが放課後。

2人の学生(7年生と8年生)がやってきた。

7年生の学生は、「プロジェクトのことで相談がある」と。8年生の学生は宿題の再提出。

8年生の方は、黙々と問題をやっていたので、質問があるときのみ、対処。ずーっと、7年生につきっきり。

ちなみにこの7年の学生は1クォーターはF。なので必死になっているようで、関心。

10分して、7年生の親から電話。そして、俺に変われ、と言う。

この時点でわかった。あ、この学生迎えにきてもらっているのに、親にいってないな、と。

んで、電話に変わる。そしていきなり


「なんで、うちの息子が居残りしているの?私はもう40分も待っているんだよ。何にも前触れもなく、許可もなく、勝手に居残りさせて、こっちの身にもなってよ。この問題、委員会に出さないといけないわ。」


と怒鳴り口調で話しかけてくる。もちろん、電話は耳から話したまま。だってうるさいんだもん。

俺もカチーンと来たが、大人の振る舞い(そこに8年生もいる)を見せないと!

"Can you take that attitude to teachers? You are SUPPOSED to respect teachers. I don't think you are respecting me. I just hang up. When you calm down, I will talk to you. You can bring any issues to the board. No problem."

って、平常心を保って(心の中は怒りで煮えくり返っていたけど)、言って、電話を切る。

これは生活指導の担当から聞いたことをもとにしてやった。彼は「親が先生に向かって攻撃的になっているのであれば、絶対、リスペクトしろ、というべきだ」と。

それを聞いていた7年生の学生は「ミスター、ソーリー」を繰り返して、教室を後に。

校長にもこの件を報告。
ボードが何か言ってきても、解雇通告以外は無視する、とも言ってきた。(例の件で退職願/辞表はもうできている。プリントアウトするだけ)

っていうか、俺、その学生を強制的に居残りさせた訳ではなく、学生が助けを求めてやってきたのにさ。なんか勉強しよう、っていう意欲をなくしたのかな??そうだとすれば、本当に申し訳ないな。


親相手にへこへこするのはもう疲れましたよ。これからは、無効が理不尽なことを言ってきたら、きっぱり対処しようと思います。(強くなったでしょ!)


1クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ<br /><br /></div>



<div class=
 

一日中

何もしてません(笑)。


自分に取ってのリラックス、ってこんな感じ。仕事もせず、ぼーっと、テレビを見る。


ちょっとした開放感を味わえる。

明日から、忙しくなる。何せ、Parent-Teacher Conferenceなるものがあるから。

来週末も同じような感じになるかな?それとも、機嫌が悪いかも。親とやり合わないように、今からカルシウム摂取しとかないと。

1クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ<br /></div>



<div class=
 
ですが、自分のことではありません。


去年まで勤めていた学校区のニュースです。

僕がいた最中、2、3年ほど前、州統一テストの結果がとっても悪く、Academic Watchなるラベルを貼られていました。

つまり、今の状況を変えない限り、学校区が州に乗っ取られる、ということもあり得る、という最悪な結果が待っている、その一歩手前。

この州統一テスト、CSAPの成績で、学校の評価が決まり、それにより、学校自由選択制のため、入学者数が左右され、その全生徒数により、学校への予算配分が決まる。まさに、競争原理を教育に持ち込んだ、というもの。

とにかく、この状況を打破するために、(前のブログを読んでもらえるとわかるけど)先生方はストレスためながら、このCSAPの為に授業を教えてきた。

僕も2年前は、社会科の教育実習生として、リーディング、ライティング、数学と、1月から3月まで毎日そのサイクルで教えた。

去年は数学を教えることになり、当事者になったため、1月からはCSAP強化のために、とことん詰め込んだ。去年は特に、プッレッシャーがとってもかかり、本当に鬱?!みたいな感じになった。(だって、自分の生徒の試験結果でクビかどうかきまるんだよ)

そして、その嬉しいニュースというのは、

Academic Watchが解除になった!

というもの。これからは、「あ、あの学校区は馬鹿だ!」と見られることもなくなる。

このテストとテストの用い方には賛否両論だが、とりあえず結果がいいようなので、ホッとしました。

今度は維持するのが大変になりますが・・・。それは俺の代わりに入った先生方にがんばってもらうとしよう。


あのときの苦労は無駄でなかったな、と思ったニュースでした。めでたし、めでたし。

新聞記事はこちら(District 6 taken off 'academic watch' list)


1クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ<br /><br /></div>



<div class=
 

久々

にゆっくりできました。

10時頃起きて、洗濯。

2時過ぎにちょっと遅いランチと友達と。


いろいろあった今週でしたが、とりあえず、良い方向に考えるようにします。


いつも人に「前向きに」なんて言っていたんだけど、自分がそうでなくなっていました。反省。


まあ、ミスなんてのは、みんなすることだから、最小限にとどめる努力を、なるべくしないような努力をしないといけないな、と思います。


1年目はやっぱり大変だな。まだ初任者という感じが抜けない。(まだ2年目だけど)

バーレーンは長いと思うから、こんなことでめげてはいけないな、って言い聞かせています。


そんな中の嬉しい情報と言えば、退職金がもらえた、ということ。(アメリカの銀行に入ってます)

円高の影響で当分は入れっぱなしになってしまうかな。

1クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ<br /><br /><br /><br /></div>



<div class=
 

Teaching Diary #52: 有給

今日は午前中、有給をとりました。

ま、副校長と校長の計らいで取ってもらったのですが、もう一つ理由が!

それは、


日本人学校との交流に出かける!


ということ。

毎年2回、うちの学校と日本人学校が交流会をしていて、今回はうちらが、日本人学校へお邪魔しにいってきました。

折り紙、切り絵などのワークッショップ、日本の文化の紹介では、はし、剣道、浴衣を来たり、竹馬にのったりして、みんな楽しい時間を過ごせました。


小学校っていいよね。モチベーションがあって。もう大満足で帰ってきました。

そういう自分も、バーレーンに来て初めて、日本人の方とお会いして、うれしくなってかえってきました。


良くないことが続いていて、鬱みたい(そんな感じではないけどさ)だったけど、嫌なことがすべて、「どうでもいいこと」に変わったような感じ。

ありがとうございました。


夜は小学校の生活指導の先生とその奥さんで映画を見に。良くないことがあったら、パーッと、何かしなきゃね、なんて言っていました。

ご飯食べて、映画を見て、コーヒーのんで、家に10時半帰宅。

そのまま寝ました。。。


1クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ<br /><br /><br /><br /><br /><br /></div>



<div class=
 
一日を終えました。

ま、その同僚とも顔を合わせることもなく。


いつもは帰りのバスにのりこむのだが、今日は隣の教室の同僚の車で颯爽と学校を後に。

いづらいですよね・・・。

 
ま、解決したといえ、本調子ではなく、カルシウムが不足しているな、と思う、今日この頃。

今日はショートデーで、ミーティングの日。

7年生のクラスでは分数の約分と通分。8年生のクラスではルートの計算。

ミーティングでは、補充のあり方について。

みんな、「他のクラスの補充には行きたくない」とか、不満続出。

不満だけで、終わってしまいましたよ。これミーティング??

1クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ<br /></div>



<div class=
 

Teaching Diary #49:解決

普通だと思っていたことが、ところ変われば、普通でなくなる。。。

そういうことを実感したときでした。


その一悶着のこと。

今は成績表発送の時期で、先生のみならず、学生も成績には敏感である。

俺のクラスで、学生全員が目を光らせて、「僕のマークは?」「私、F?」とか言ってきたので、成績の話をクラスでした。

まだ1学期目が(4学期中)終わったばかりなので、Fのひとはまだチャンスあるからね、と言った。そして、「俺のクラスは8人ほどF。君たち、俺のクラスよりも英語とアラビア語を勉強しなさい、先生方が嘆いてたよ、たくさんFがいるって」といい、その日の授業へ。

午後、昼休み時、スタッフルームでメシ食いながら同僚と話をしていたら、英語の先生が


「なんてこと言ってくれるのよ!」


一瞬、何のことかわからなかった・・・。でも、ピンときた、成績のことだ。


「数学のクラスで英語のこと言わなくても良いでしょ。親から電話が来て、ディレクターから事情徴収されるわよ、まったく」

みたいな口調で、言われた。

ウエストにいたときは、基本的に自分の教えていた学生には「他の教科のことも話をして、勉強させるように」と言われていた。なので、教え子には、「数学はがんばっているけど、化学がんばりなさい」とか「社会、このプロジェクト出してない人が沢山いるからすぐに出せ、って○○先生いってたよ」とか、普通に行われていた。

ところは、ここでは、同僚からもう、めちゃくちゃ責められました。

俺、なんか、中学校以来かな「あ、俺、悪いことしたな」って時間させられるくらい、怒鳴られたの。


今回は自分に非があるので、それで、「あ~、そんなことで、ディレクターだ、ボードだ、校長だ、って騒ぐなら、辞めよーっと。」って、思ってしまったよ。(沢山Fをつけると、基本的には年度末にクビになったりする)

責任の取り方の一つでしょ。

後先顧みず、退職願を書いておいたのですが、今日になって、みんなから「まあ、気にすることではないよ」となだめられ、上からも「全然辞表出す問題でないよ。Fつけた先生が問題なんだし、3日もすれば、みんな知るんだから」と言われ、落ち着きました。

とにかく、難しい人だから、何言われても無視しなさい、とも。

その先生、親から電話がかかってきたとき、俺のせいで、こうなった、とか言ったらしく、その件について、親から電話が来たりしまして、びっくりしました。一言目には

「やめるんですか??」

ということをさんざん言われ、学生の話より、「まあ、そういう人間関係は大変だよね。でも、校長に電話しておくから」とか、親にまで、慰められる始末。

まあ、退職願は引き下げ、何事もなかったかのようになりました。

でも、昨日は鬱でした。寝てません。今日は一睡もしない状態での授業でした。

とりあえず、その先生とは、もう関わらない方が良いと、数学科主任から言われました。というのと「辞表を武器に使うな」と。

そのこころは

「俺の後任の確保が難しくなる」

とのことです。(やっぱりそういうことか・・・)

持ち直しましたので、ご安心ください。でも、学生は親から聞きつけたようで(ここの人は噂好き)、「せんせ、辞めるの?」とか、他の先生がいるのに、聞いてきます。当分続くんだろうな、これ。


こんな自分のことで大変だったのに、7年生では喧嘩が3件。その対処に追われてました。。。
自分のことで大変なのに、問題起こすな、って怒鳴ったら、「ミスター、ソーリー」と言ってました。

は~、疲れた。

1クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ<br /><br /><br /><br /></div>



<div class=
 
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。