FC2ブログ

04 | 2009/05 | 06

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
FC2カウンター
昨日は早く寝たためか、今日は朝3時半起床。

何度もがんばって寝ようとしたけど、無理で、4時にはベットから出て、コーヒーを飲んで、さて、何をしよう、と考えていました。

こういうときに、何故が頭が冴えるんですよね。


なので、今学期残りのテストとクイズを全クラス分すべて作成。これで、僕の仕事は、採点をしていればいいことになります。(問題を作るほど、大変なものはない)

終わったのが7時半頃。

またコーヒーを飲みながらゆっくりしてると、9時頃に、同じアパートに住む同僚が、ドアをノックして、すごい剣幕で、部屋に入ってきた。


話を聞くと、母親が病気ならしい。


これは、海外で働くものとしては、一番恐れていること。

彼は、これを機に、現任校を退職することにして、オーストラリアに戻ることを決意したそうだ。

これは、結構ショックでした。現任校に雇われた同期で、彼がもう1年残る予定でしたが、彼が帰ると決めて、全員退職/転勤です。

何が一番可哀想か、というと、彼の学生ですね。異動が激しいこの学校で、3年目に突入しようとした彼は(僕と違って)すばらしいと思いました。このような形で、学校を離れなければならないのは、残念です。

後任の先生を決めないといけないのですが、今の時期、彼のような歴史の先生を捜すのはとても無理です。(そこは学校の仕事ですが)

彼も含め、同期で雇われた5人(残り3人は一昨年戻ってこなかった)は、2年の契約終了と同時にいなくなります。

学校には、かなり大きな痛手でしょう。僕がいなくても大したことはないですが、歴史の先生の彼がいないと、IBプログラムはかなり大変だと思います。。。

彼のお母さんの病状が悪化しないことを祈るのみです。


彼と話をしてて、これから、お互い引っ越しの準備に取りかからないといけない、と実感した次第です。。。

今日も1クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



 
ブログ内検索
リンク