FC2ブログ

09 | 2020/10 | 11

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
FC2カウンター
僕ね、かなり気が短いんですよ。

生徒に対して、プッツンするほうが、同僚にプッツンすることより少ないです。

そのうえ、白黒ハッキリさせるタイプだから、「こいつとは会わない」と思ったら、口聞くどころか、できるだけ顔会わせることもさけようとするんですね。そうでもしないと、ストレスが溜まる。


ある同僚(50代)が、「人生で、そういう気の合わない人には、両手で数えるほどの数しかいない」と言っていたけど、僕はこの1年で片手の分だけの同僚とはハッキリ言って、合わないし、合わせたくもない。(去年はいなかった)

そのうちの一人、50代、退職間際、高校の英語の教師がいる(今年度入ってきた)。
イヤミと自分のくだらない退屈話をする先生なのだが、それに気づき始めたのは、彼が赴任して数日経ってすぐのこと。これは、自分だけではなく、他の新任の先生も同じだった。


その彼が、僕が印刷室で、印刷していると、

「俺が使おうとしてたコピー機を、ジャパニーズに使われている」

と、いつものが始まった。この時点では、自分は、本のどのページをコピーするかを考えていたので、カチーンとは来たものの、無視していた。(成長したでしょ?)ここで食いかかると、自分の時間が無駄になる。

彼はブツブツものをいいながら、コピーをしようとしていた。そして、印刷室の管理の人が来て、彼のコピーを取り始めた。

言うまでもなく、自分は本ページをコピーして、それを切り貼りして、テスト原本にはりつけ、5ページ(裏表)×80ページをコピーしていたので(テストだったから)、かなり時間がかかっていた。


彼の方がコピーが早く終わった。


「ほら、日本人より早く終わった。よかった、誰かさんのコピーを待たないで。」


この時点で、俺はコピーされて出てきたテストを見ていただけなので、この台詞はハッキリ聞こえた。

と同時に、プッツンする音が聞こえた。

Hey, the racist boy from Canada.

What fuxk were you saying to me?

俺がキレたことには気づいていないようで、振り向いて、何かもごもごしゃべっていたけど、俺は、それに対して、怒鳴り散らした。印刷室のおじさんに止められるまで。

自分でも何を言ったかは覚えていない。Fワード連発してたことだけは確か。

理事長、ナース、事務の先生方が、みんな出てきて、Are you okay?と聞いてきた。

我に戻ったとしても、キレた原因が彼奴だから、怒りが全然治まらず。


ま、これを読んでる気の穏便なブロガーに皆様は、「こいつ、なんでそんなんで怒ることあるんだ?!」って思うかもしれないのですが、この間の一件もあるし(ここでは書けません)、それで、ただでさえこっちが、我慢してやっていたんだけど、今日は、奴の顔を見てしまったので、噴火してしまった。


え、なに、「日本人」って?


特定の個人を呼ぶとき、「そこの、アラブ人(バーレーン人)。」なんて呼びますか?



ムカつきません?仲がいい同僚ならまだしも、絶対合わない同僚が「よー、ジャパニーズ。」と言ってきたら、どう思いますか?


あ~、ムカつく。


もちろん、事後処理として、理事長とミーティング。そのあと校長とミーティング。怒りが収まらないので、言いたいこと言ってきました(これもここでは言えません)。


奴が謝ってきたとしても、絶対謝罪は受け付けません。


学生もこの噂は知っていたようですが、彼らは、一生懸命、僕を怒らせないように努力していました。申し訳ないくらいでした。(彼らのせいじゃないのに)

こっちも、がんばって怒らないようにしました。(怒りませんでしたけどね)


仲のいい同僚が「よくやった!ゴシップ増やしてくれたなぁ」なんて言ってましたけどね。


とにかく、カルシウム不足かな。


今日も1クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



 

Comment

Re: タイトルなし

>>Ruさん
売られた喧嘩は買いますから(笑)。まぁ、最も落ち着いた行動はできたかもしれないけど、ちょっと最近は精神状態が不安定で・・・。

今の学校には、特に今年は、散々な目にあわされてきました。なので、「飛ぶ鳥後を濁さず」どころか、濁して飛んでいくつもりですよ。しかも気持ちよく飛び立てる気分でもないですし、9月から。

それほど、環境によって、人間ダメになってしまうんだろうな、なんて思っています。全然ポジティブに考えられませんし、今は生徒と自分の教えることだけ考えて、それ以外は全く手を付けないで、「知らぬが仏」で過ごしているだけです。

それにしても、この学校は、問題が多すぎる。しかも生徒の問題ではなく、同僚の問題が非常に多く、うんざりしています。

愚痴こぼしてもしょうがないですね。

2009/05/16 | FUMI[URL] | Edit

Re: タイトルなし

tomuteさん

お久しぶりです。コロラドはどうですか?(もう3年くらいになりますか?)

このracism体験は久しぶりで、びっくりしたどころか、我を忘れて、殴り掛かりそうになりましたから。

紹介してもらったブログ、拝見させてもらいますね。

2009/05/16 | FUMI[URL] | Edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2009/05/16 | [] | Edit

Re: タイトルなし

>>おりんさん
コメントありがとうございます。気を抜いてがんばろうと思ったら、本当に気が抜けてしまい、注射を打ってもらいました。
元気が一番です。おりんさんは夏休みに入りましたか?もしそうなら、思う存分ゆっくりしてくださいね。

2009/05/16 | FUMI[URL] | Edit

まあ、気持ちもわからなくはない。
FUMI も知っているとは思うが、そういうことは、俺もよく経験したことがある。
が、しかしである。もう、その学校から、ドバイに移るんだろう?
「発つ鳥あとを濁さず」だよ。
「終わりよければすべてよし」とも言うだろう?
少し冷静になって、気持ちよくそこを去ったほうが、いいと思うよ。それに、自分のレベルを相手にあわせても仕方ないし・・・。
まあ、あと少しだから、頑張ってな。

2009/05/15 | Ru[URL] | Edit

ごぶさたしてます。

いや~、これは切れても仕方がないよね~。
でも俺だったら英語でそこまで切れれない(笑)。

そういえば、「On Off and Beyond」というブログで海外で働いている人の体験談募集という企画をやっていたので、FUMIさん是非書いて見たらどうでしょうか?

君の海外経験ならいくらでも書けそうな気が。

2009/05/15 | tomute[URL] | Edit

Dude!

Well, fu*k that mo**er fu*kin' racist.

That's all I have to say.

Fu*k 'im and get the hell out of there with your middle finger straight in their faces.

period.

2009/05/14 | obacyan[URL] | Edit

世の中には色んな人がいるもんだね~。
学校だから、xxだからっていうのはないね。

このおじさん、可哀想というか情けないというか惨めというか。言葉がないです。

ドバイに向けて、気を抜いて頑張れ。

2009/05/14 | ゆきんこ[URL] | Edit

        
ブログ内検索
リンク