09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

またテロ未遂・・・

米テロ未遂容疑者、裕福な育ち→家族と縁切り犯行

 【ニューヨーク=吉形祐司】米ノースウエスト航空機内で起きたテロ未遂事件で拘束、訴追されたナイジェリア人、ウマル・ファルーク・アブドゥルムタッラブ容疑者(23)は、裕福な家庭に生まれ、外国に留学するなど何不自由ない人生を送っていた。

 だが、ある時期から突然、家族と縁を切って今回の犯行に及んだ。

 米英のメディアによると、同容疑者の実家はナイジェリアでは名家として知られ、父親は今月初めまでナイジェリア屈指の銀行「ファースト・バンク」の会長を務めていた。西アフリカのトーゴにある英国系寄宿学校に通い、2005年9月から08年6月までロンドンの大学で工学を学んだ際には、高級住宅地のアパートで暮らしていた。

 家族が異変に気づいたのは、英留学を終えて郷里に戻った頃。同容疑者は「エジプトかサウジアラビアの大学に行きたい」と言い始めたが、家族に反対されてアラブ首長国連邦(UAE)の大学に通うことになった。だがやがて「イエメンでイスラム教を勉強する」と伝えてきたが、これも家族には反対されていた。

 「イエメンで新たな人生を送る」。米CNNテレビによると、携帯電話のメッセージを最後に連絡が途絶え、父親が3か月前、在ナイジェリア米大使館に「ジハード(聖戦)のようなものに参加するのでは」と相談したという。

 アブドゥルムタッラブ容疑者の心境に留学中、どんな変化があったのか。ロンドンでは、05年7月に起きた同時爆破テロを機に、イスラム教徒の若者の間に過激思想が浸透していたことが明らかになった。英政府は、貧困層だけでなく中産階級出身の大学生も国際テロ組織アル・カーイダの勧誘の対象になっていると分析していた。

 アブドゥルムタッラブ容疑者について、米当局者は、「アル・カーイダの訓練を受けた中核メンバーであることを示す証拠はない」と話す。

 ナポリターノ米国土安全保障長官は27日、CNNテレビの番組で、「現状では大規模テロの一部だったとの兆候は見られない」と述べ、アブドゥルムタッラブ容疑者による単独テロとの見方を示した。
(2009年12月27日20時15分 読売新聞)

**********************
アラブの諸国に住んでいると、こういう「テロ関係」のニュースには敏感になります。

それにしても、またですか。クリスマスに・・・。(イスラム教には関係ないですが)

他の記事によると空港の警備も強化、って。またセキュリティーチェックに時間がかかります。

しかも、この犯人、UAEにもいたんですね・・・。テロ関係のことを学んだんじゃないよな?

こういう事件が起こると、皆さん敏感になるんですね。下の記事。

***********************
米機トイレに1時間こもる…テロかと大騒動

 【ニューヨーク=吉形祐司】25日にテロ未遂が起きたオランダ・アムステルダム発の米デトロイト行きと同じノースウエスト航空253便で27日、乗客が1時間以上トイレに立てこもり、デトロイト到着後に警察が出動する騒ぎがあった。

 乗客は拘束されたが、体調が悪かっただけと判明し、捜査当局は「深刻な事態ではない」と発表した。

 米ABCテレビなどによると、この乗客はテロ未遂の容疑者と同じナイジェリア人のビジネスマン。機長が「非協力的な乗客がいる」と地上に緊急通報し、着陸後に警察官が機内に突入して拘束した。爆発物は見つからず、同テレビは「食中毒だった可能性がある」と伝えた。

 テロ未遂の容疑者も、犯行直前に長時間トイレに入るなど不審な挙動が確認されていた。その2日後ということもあり、米テレビは一時、大々的に報じた。
(2009年12月28日10時22分 読売新聞)

*******************************

これね~。ホント、このナイジェリア人の気持ちはわかりますよ。

2年前にアメリカに行ったとき、「反政府運動する気か?」って真面目に税関で聞かれたときは、引きましたしね。

トイレぐらい、ゆっくり行かせてあげればいいのに。



エアカナダとブリティッシュ・エアウェイは、着陸1時間前は席に着いていないといけない、って決めたようです。これはキツイかもしれないです。


こういう記事を読むと、ますますアメリカが遠退きます・・・。


今日も1クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ドバイ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 

Comment


        
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。