09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
心病む先生、5000人超える:16年連続で増加

 うつ病などの精神性疾患で2008年度に休職した全国の公立学校教員は、前年度より405人増え、5000人を超えたことが25日、文部科学省のまとめで分かった。

 心の病などによる休職者は16年連続増で、1979年度に調査が始まってから過去最悪となった。

 調査対象は公立の小中高校などの教員91万5945人で、8578人が病気で休職していた。このうち、精神疾患が理由の休職は5400人で、病気休職の6割を占めた。03年度から4年連続で2ケタのパーセンテージだった伸び率は鈍化傾向にあるが、それでも数百人規模で増えていることに同省は危機感を強めている。昨年10月に同省がまとめた抽出調査では、うつ病の症状を訴える教員の割合は一般企業の2・5倍に上っていた。
(2009年12月26日 読売新聞)

*************************

う~ん、心の病。

数年前までは、「そんなになるんだったら、先生にならなきゃいいのに」とか思っていましたが、

去年、精神的に参った状態に近いところまでいったので、こりゃ人ごとじゃねぇなぁ~、って思いました。


実際、教師というのは「すばらしい仕事」だと思います。誇りです。「生徒を教える、育てる」ということは、本当にやりがいのある仕事です。

授業で「学生が言うことを聞かない」とか「親との関係がよくない」というのは、それは先生自身の問題。「先生になりたくてなった」というのであれば、このような問題は解決できると思います。というのも、どの学校に行っても、この手の問題はあるかね。(海外の学校でもあるほどだから)

しかし、「同僚とのやり取りがうまくいかない」とか「職員室の関係が悪い」とか、そういう状況だったら、話はわかります。

管理職は、やはり先生の話を聞いてあげないと。そして適切なアドバイスをしてあげる。サポートもしてあげる。そう言うシステムを作っていかないといけないでしょう。

僕は管理職のやりようによっては、教職員のやる気が見違えると思います。

僕の前任校と現任校を比べてもらえればわかるでしょう。

前任校は、管理職は自分の「倶楽部」を作り、その仲間に優遇処置。たとえ不祥事(教え子と関係をもつとか、ストーカしでかすとか)があったとしても、隠し続け、かばい続ける。その彼らは、端から見れば「仕事のできない人間」。授業も崩壊しているのにも関わらず、評価もよい。そういう環境にいると、実に自分が情けなくなる。モチベーションが上がりません。

現任校は、その点、管理職には、何でも質問・助けがほしければ、すぐに言える。そういう人だ。またこっちが何もなくても、頻繁に理事長や校長が「最近どお?問題はない?」と話しかけてくれる。そういう心遣いが、どれだけ助かっているか。

学生や保護者との問題は、いろんな人に相談して、自分で解決するべき。職場環境は管理職がどうにかするべき。そう思う。



今日も1クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ドバイ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 

Comment

制度改革が必要です

21世紀の怪談
 不登校、退学者20万人、精神疾患休職教員5400人。こんな学校に通えば、ひきこもり、ニート、失業者となり、四万人の自殺者が出るのは当然です。
日本国民は、なぜこんなデタラメ教育を許しておくのでしょうか。子供の不幸を見て見ぬふりする堕落した日本人こそ、自民党・官僚政治の愚民化政策が作り出した愚民です。
教育現場から愚民化教育のおぞましい実態を詳細に暴露したのが「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望 日新報道)です。時代錯誤の文科省官僚は、この知識時代に愚民化教育を行い、若者を貧窮させ、犯罪に走らせ、国家衰退を作り続けています。
これは、薬害エイズや薬害肝炎を起こした厚労省官僚を越える大罪です。悪徳官僚への恨みと呪いの声が、親や教師から聞こえてきます。うらめしや、うらめしや、うらめしや。

2009/12/28 | 大和[URL] | Edit

        
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。