07 | 2017/08 | 09

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
ついに読み終えました。不思議な感覚・・・。

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)
(2006/12/21)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


ネタばれにならないようにがんばります。

いつも述べていますが、伊坂さんの小説は、最後の最後で、すべてが繋がってくるんですが、この小説も例外ではなく、「2年前」と「現在」が中盤以降で繋がってきます。

ブータン人、ペット殺し、とキーワード、台詞はたくさんありますが、一番うんうんと思ったのは



「僕はいかにも自分が主人公であるような気分で生きているけれど、よく考えてみれば、人生の中では脇役に過ぎない」

「俺ね目に見えないものは信じないようにしているんだ」

「世の中は無茶苦茶だろ」



人がある世の中で生きる、ということには、いろんな解釈があるけれど、「他人の脇役」は本当にそうかもしれない。

そして、世の中は、本当に無茶苦茶だ(笑)。共感する。



東野さんの小説と違い、伊坂さんの小説は「こういう登場人物いいなぁ。すげぇ~なぁ~」という人間がいる。チルドレンでは、それが「陣内」だったし、グラスホッパーでは「鈴木」だったり、今回は「河崎」だったり。そういう面白さもあるんだな、とボンヤリ思いました。


ちなみに、最後は、自分の中では「ハッピーエンドだろうな、これ」と思ったのですが、あれよあれよ、と悲しい方向にいきます。気になる方は、読んでみてください。ドバイの方は、レンタルできますよ(笑)。


☆は5つ。オススメです!

オススメ度★★★★★


今日も1クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ドバイ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 

Comment


        
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。