07 | 2017/08 | 09

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
子どもをしつける上で、時に必要とされる“愛のムチ”。家庭内でも学校でも、昨今はあまり子どもに手を上げる行動は社会的に認められにくく、そうした環境の中でいかに子どもを正しい道に導いていくか、子育てや教育の方法に頭を悩ます大人は少なくない。そうした中、米国の心理学者が「最後に叩かれたのはいくつのときだったか」という調査を実施。現在の環境と比べ、「叩かれる」ことと成長の関連性を調べる研究を行った。

この研究を行ったのは、ミシガン州にあるカルヴィンカレッジのマージョリー・グノエ教授。英紙タイムズによると、グノエ教授は179人の10代を含む 2.600人に質問を行い、特に10代の人には「どのくらい叩かれた経験があるか」など、具体的な聞き取りも実施した。また、対象者には性格的傾向や進学度合いに関する質問も行い、「叩かれたことによる、その後の行動に与えた影響」があるかを調べた。

その結果、全体の4分の1は「全く叩かれた経験がない」ことが判明。そして、全く叩かれたことがない人は、叩かれた経験のある人に比べ「あらゆるポイントで、ほかのグループより悪い結果になった」そうだ。具体的には「反社会的行動や早めの性交渉、暴力やうつ」など、何らかの精神的な問題を抱えやすい傾向が見られたという。

最も良い結果になったのは「2歳から6歳までに叩かれた人」で、次いで「7歳から11歳までに叩かれた人」。ここでの違いは、7歳から11歳までの経験者の方が「よりケンカをしやすい」傾向があったものの、叩かれた経験のない人よりは「進学では成功している」そうだ。

また、英紙デイリー・メールでは、叩かれた経験のある人は「将来設計や生活力、大学での向上心やボランティア作業など、多くの能力に信頼が見られた」と伝えている。ただ、「12歳を過ぎても叩かれた人だけ、否定的な影響を受けると分かった」ともあり、子どもが大きくなってから手を出す場合は、充分な注意も必要らしい。

グノエ教授はタイムズ紙に「私も叩くのは物騒だと思う。しつけのためとしてすぐ子どもを叩くべきではないが、大きな間違いをした場合には必要になるときもある」と、時には子どもに手をあげる必要性があると主張している。

大人が子どもを叩くことを、一概に善し悪しの二元論で決めつけるのは難しいが、今回の調査・研究結果が正しいと仮定するならば、後々の子どものことを考えれば、時には手をあげることも必要なのかもしれない。

************************

Mixiで読んだニュースからです。


叱ることは大事なことです。

叩くことも大事なことだと思います。

面白い研究結果で、やはり自分が経験したころの、このような「しつけ」はやはりその後の人生に大きく関わるんでしょうね。


これを読んでふと思ったのは、うちのばあちゃん。16年前(中2のとき)に他界しましたが、そう言えば、11になったとたん、「叩く」しつけがパッタリ止まったことを覚えています。昔の人はそう言うことをもう知っていたんだろうな、と。

子育てにも、適切な勘というのが、やはり必要なんでしょう。いつまで叩いて叱るしつけが大事か、いつから「言って聞かせる」説教型のしつけが必要か。

そう考えると、実に興味深い研究結果だと思いました。


今日も1クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ドバイ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 

Comment

Re: お久しぶりです。

>>しょうくん
ホント、お久しぶりです。僕はハワイに行ったところで、もう記憶がありません(笑)。風の噂でも聞きませんでしたよ!

こちらは、アメリカを出て、バーレーンに行って、そこも出て、ドバイにいます。悪くない、というか、昔の将来設計では信じられない方向に行っていますが、それも人生の楽しいところでしょ。なんで、楽しんでます。

ま、僕も結構親不孝したので、自分が納得の行く道を決めたら、ちゃんと親孝行すればいいと思うよ(って、俺は未だに親不孝なんですが)

今は日本かな?日本に帰るときは連絡するよ!

2010/01/08 | FUMI[URL] | Edit

Re: わかる!

>>Dazu
そうだよね。ちょっと「虐待」とか思われることが多いからね、今の世の中。
「しつけ」と「虐待」の線引きがとっても必要だと思います。
僕は基本的に同じことを注意して3回目で、怒鳴ります。間違いから学ぶこともあるだろうから、数回はチャンスをあげますが、中学生たるもの2回間違って、まだ治らないのであれば、それはそれで、怒鳴ることは必要でしょう。
叩くことには敏感な国で教えているので、叩くことは無いですけど...

2010/01/08 | FUMI[URL] | Edit

わかる!

おやとして と先生として だと、やっぱり違いがあるとおもうけど親としてしつける場合は私も必要だと思うー!怒る内容は気をつけなければいけない!たとえばトイレトレーニングを失敗したとか、つまずいてスープをカーペットの上にこぼした とか
そういう失敗は、成長過程の中であってまだそれをするレディネスができてrない場合があり、そこで叩いてしかると傷になっちゃうと思う。だけど、attention をゲットするためにわざとゴミをすてるとかdisrespectful な態度を親や友達にとった場合は、ばっちばちいっていいと。笑 私は叩かれて育ったし私らの時代は「あそこの親たたかへんからあかんねん!」ってくらいだった。今は叩いたら「虐待かも!」ってなるもんね。自分が親になったときは難しいね!

2010/01/08 | Dazu[URL] | Edit

お久しぶりです。

Birthday Wishどうもありがとうございました。ごぶさたしております。
文昭さんはお元気でしょうか?

俺は元気です!ISUをトランスファーしたのはご存知だと思いますけど、その後ハワイの大学を卒業しました。今は日本で建築の専門学校に通ってます。米国で5年費やしてやりたそうな事を見つけました。はい、親不孝物です。。。苦笑

次はいつ日本に帰っていらっしゃるんですか?是非お会いしたいです。それまでお体に気をつけて、教鞭振るって下さい。それでわ。^^

2010/01/08 | しょうです。[URL] | Edit

        
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。