07 | 2017/08 | 09

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
伊坂幸太郎シリーズです。「アヒルと鴨の・・・」に続き、今年第2弾はこれ↓

死神の精度 (文春文庫)死神の精度 (文春文庫)
(2008/02/08)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


短編小説を集めたものですが、主人公は「死神」という特殊な設定。

一番最初の物語は「推理」の必要なものでしたが(誰が殺したのか?みたいなことを考えながら読める)、その後は本当に小説として読んでいけます。特に最後の老女とのやり取りは、ちょっと泣けるかな。

それにしても、人間を違う目から見れば、この小説で「死神」が語っているように見えるんでしょうね。ちょっと思いました。


人間は渋滞が好きだ。


う~ん、その通りかもしれませんね。

オススメ度
★★★★☆

ちょっともの足りな感があったことも確か。やはり長編小説が面白いのかな?


今日も1クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ドバイ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 

Comment


        
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。