07 | 2017/08 | 09

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

初任者の心構え

もう4年目になるが、まだ初任者気分が抜けない。というか、自分の中では「初心云々」という言葉を噛み締めているからなんだろう、とポジティブには考えているのだが・・・。

さて、リンクにも載せてある、「風にふかれて」というブログで野中信行先生という方が大変参考になる投稿をしている。

野中先生は、いろいろ初任者に対するアドバイザーをしておられることは知っていたが、初任の先生への本を出版されている。恥ずかしながらまだ読んだことがないので、日本に帰国したら読もうと思う。

その参考になる投稿なのだが、タイトルが、「なぜ初任者のクラスは荒れるのか」というもの。

アメリカで教職を始めたときに、特に数学教師は「3日で疲れ、3週間でクラスが崩壊すれば、30日~3ヶ月(前期終了間際)で新任教師は学校を去っていく」と。

怒濤の初任時代を過ごした僕にしてみれば、実によくわかる状況であるし、2年目に勤務した学校でもそういうことは多々あった(冬休み明け、数人の先生が帰ってこない、みたいな)。

原因として3つあるという。


 1つは、子供達に「一対一」対応をしてしまう。

 2つめは、お兄さん、お姉さんのように「やさしさ」対応をしてしまう。

 3つめは、「北風」対応をしてしまう。


実に思う、そう思う。(詳しくはブログで読んでください)

そうそう、1対1の対応をしていたな。

学生に嫌われたくなくて、かなり「やさしすぎるほど」対応していたな。

北風(多分有田先生の著書から「北風と太陽」の話が来ているのかな?)のように、えんま帳を振りかざしていたな。

なんて、思い出す。

1対1対応については、よほどの事件(今回で言えば、人種差別)がない限り、全員に指示を出している。全員に指事を出すときは、Pencil Down、とか、Look at meとか、数を数えたりする。結構効果的である。指示を出したのにも関わらず、同じ質問をしてくる学生には、You gotta listen. What did I say? Ask someone.と言う。そうすれば、学生も次から聞くようになる。

「やさしい対応」はしすぎるべきではない。友達教師なんて言葉があるそうだが、教師は学生の友達ではない。そこはしっかり線を引いておかないといけない。学校が始まって数日以内に、そういう意識を持たせないと、学生はつけあがる。そういう経験があったので、去年と今年は学生に対する対応をガラッと変えた。やればできるじゃないか・・・学生との関係で揉めることは、ほとんどなくなった。

北風の対応・・・。ダメなことはダメとは言うが、ダメなところばかりではない。教師になったとたん、何故か悪いところに目がいく。やはり学生のいいところを見てあげないといけない。特に荒れている学生に対してはそう思う。褒めるところがない学生なんて、いないんだから。小さなことでもいい。ちゃんと座っている、ノートに日付を書いている、話をするとき、こっちを見ている(がん飛ばしてたりする場合もあるが)、"You did a good job." "He is doing this first, who is second?" "He mentions a very good point!" "WOW, I haven't thought about it" "Who is the Einstein today?"等等・・・。中学生にはこういうことが効くようだ。


野中先生の本が初任者のバイブル(いや、コーランか?アラブに住んでいるものにとっては)だそうだが、是非、アメリカで、インターで教職についている方は、Shouting Won't Grow Dendrites!という本をお薦めしたい。(レビューを参考にしてください)


数年経って、自分の初任はどうだったかを振り返ると、今できること、まだまだなところ、是非試してみたいことなどが、どんどん出て来ると思う。僕の場合、毎年その繰り返しだ。

採用された先生には、心から教師をという職業を楽しんでいただきたい。



カテゴリー変更しました!

1クリック、よろしくお願いします!
にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ インターナショナルスクールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 

Comment


        
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。