07 | 2017/08 | 09

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
この間まで、リーダーシップのクラスを取っていたから(何度も思うが)、管理職って「こんなにもどうでもいいことに時間をかけるのか?」と思うことが、最近多々ある。


この学期末の忙しいときに、保護者からの批判やら、いろいろ受けている教職員はとっても疲れている。

はっきり言って、僕もその一人だ。何かあれば、保護者との面談(学生の成績についてなど)。とにかく、例を挙げればきりがない。僕以上に毎日保護者と会って、ボロボロになっている人もいる。


中学部全体、かなりマイナスな雰囲気が漂っている。


そんなとき、よくお邪魔する「学校教育を考える」で、激震の走る投稿を読んだので、載せてみたい。



へんな理屈にまどわされるな



もう一度,学校というものの前提を問い直すべきではないか。

我々教師でさえ,へんな理屈を信じ込まされていないか。

「子どもが教師の言うことを聞かず,教育が成立しないのは,
 つまるところ教師の指導力の問題であり,
 教師が子どもをよく理解し,その子を認め信頼関係を築けば,
 必ず子どもは良い方向に向かい,成長する」
というあの理屈である。


これは,非常に耳障りがよい理屈であるために,
誰もが真実だと思い込んでしまっている。
しかし,よくよく冷静に考えてみると,
これはファンタジーか,さもなくば屁理屈である。
こんな理屈を本気で信じていたら,
子どもが増長するのは目に見えている。
子どもは,大人が適切な教育的圧力をかけなければ成長しないのである。


それ以前に,
学校に来たら子どもは教師の言うことを聞くというのが前提であって,
例えば,きちんと椅子に座って授業を受けるという,
基本的な教室の秩序については,
小学校1年生できちんと教えられているはずである。
にもかかわらず,
それ以降の学年での無秩序まで教師の指導力のせいにされたのでは,
4月から指導して,教育の成立する段階まで来たとしても,
すでに,数ヶ月,いや一年まるまる空費していることになる。
それが毎年繰り返されるということである。

学校は勉強をするところである。
学校生活の大部分を授業が占め,
授業は教師が計画立案し,リードする。
「きちんと授業を受ける」「教師の指示を聞く」,
これは学校教育成立の必要条件である。

その必要条件を整えるところまでは,
本当は保護者の役目である。

実は,こんなことは昔は当然のことであった。
「学校に行ったら,先生の言いつけをよく守りなさい」
というのは,親が必ず学校に上がる子どもに言って聞かせたことである。
そしてもし我が子が学校できちんとしていないということを知れば,
親は子どもを叱り,学校や教師に対して詫びたものである。
それを,我が子の不良行為を棚に上げて,
やれ,教育が悪いだの,教師が悪いだのと,
学校を責める親がいるというのは,
いったいどうなっているのかと思う。

教師の指示を聞かず,授業を撹乱する子どものために,
どれほど多くの真面目な子どもたちの学習権が侵害されてきたか。

校長や教育行政も,
授業の秩序維持になぜ本気になって取り組まないのか。
学級崩壊などとのんびり言っている場合ではないのである。
崩壊したクラスで,担任教師が孤立無援で
どれだけ塗炭の苦しみを味わっているか,
本気でその悲しみをおしはかれる管理職や教育行政関係者はいないのか。
なぜ,校長がイニシアチブをとって,地域も親もまきこんで,
学級の建て直し,学校の建て直しに奔走しないのか。
なぜ,教育委員会は,即座に指導主事でもなんでも派遣して,
指導だの助言だの愚にもつかないことをしているのではなくて,
崩壊した学級に毎日張り付いて,
担任とともに汗を流して建て直しを図ろうとしないのか。


だれもが,安心して学べる安全な学校。
それを大人が総力をあげてつくりあげずして,
何の学校教育か。

やれ信頼関係だの,やれ授業の工夫だの,
やれ子どものよさを見てあげましょうだのと,
能天気な教育的なご託宣をならべているうちに,
学校も教育も成り立たなくなってしまっているのである。


自分が思っていることを代弁してもらったような感じで、すっきりした。


学校は勉強するところである。これが学校の主な機能。

その環境を整え、さらに良くするように仕事をするのが管理職ではないか?

学生が言うことを聞かない、保護者にガヤガヤ言われ、そういうのをすべて教師のせいにするのが、管理職の役目か?


リーダーって、組織をメチャクチャにするのが仕事か?

みんなが気持ちよく仕事ができるようにするのが、仕事じゃないか?


退職を待ち構えて、ただ、ぼーっと他人事に首を突っ込み、ゴシップを流すのが仕事か?

自分のグループを作り、徹底的に反抗グループとの戦いをするのが仕事か?


学生を教えるのは教師。教師をバックアップしてくれるのが、管理職でなくてどうする?


と、言えばきりがないですが、最近思います。どこかで爆発しそうです。


1クリック、よろしくお願いします!
にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ インターナショナルスクールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 

Comment


        
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。