09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 


<中東>の考え方 (講談社現代新書)<中東>の考え方 (講談社現代新書)
(2010/05/19)
酒井 啓子

商品詳細を見る


中東入門、という本と言えるでしょう。


近現代の中東史(いや中東政治史)について、世間が「分かりにくい」というところにスポットを当て解説している。

本書でも述べているけど、中東、とひとくくりにしても、難しい。トルコと湾岸諸国は全く違う歴史を持っているし、エジプトは中東なのに、アフリカにあるし、イランとイラクって同じ宗教なのに仲が悪いし、シリア?ヨルダン?いや、レバノン?イスラエル?アラブ人にイラン人、トルコ人に、エジプト人・・・。もういろんなものが絡み合っているのが中東だ。これは、中東に住んでいると、身を以て感じる。

また行ったことのない、イラン・トルコを中心に読んだ。危険とはいえ、行きたくなってきた・・・。


オススメ度:★★★★☆

1クリック、よろしくお願いします!
にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ インターナショナルスクールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 

Comment


        
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。