FC2ブログ

09 | 2020/10 | 11

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
FC2カウンター
過労だと思います。。。

体が重いのなんのって・・・


それでも、むち打って、学校へ。(サブしてくれる先生がとっても少ない・・・)

7年生は今日から、グラフの書き方(関数のね)に移る。ただ座標を教えただけだけど、みんな静かにノートを取って、アサインメントをやっていた。
8年生はクイズ。


2つめの中休みにPTAのベイクセールっていうのがあって、シャワーマ(シャワルマ?)っていうのを買いに。(中東に来たら、これ食べるべきです。とってもおいしいですよ!)

そうしたら、2人の親が話しかけてきた。
一人は前回のテストで26%をとってF取ったけど、再テストで80%とった親。「再テストやってくれるなんて、ありがとう」なんて感謝され、ま、和やかに会話。

ところがもう一人の親。
「先生のクラス、宿題が多すぎます。50問も1日に出すなんて。しかもそのプリント(スタディガイドのこと)、家に持ち帰っちゃダメ、っていうじゃありませんか?どうなってるんですか?」

きたか、モンスターペアレント。
運が良かったことに、そこにはカウンセラーもいた。

それに対して俺、

俺:「スタディーガイドのことですか?あ、それね。それ、10日前に渡したんですよ。1日5問やれば、テストまで間に合うでしょ、って。」

親:「そんなの聞いてません」

俺:(ちょっと怒り気味)「あなたには言ってません。あなたの娘に言いました。」

親:「でもね、50問はあまりですよ。そんなにできるわけがない」

俺:「50問を1日でやれ、ってはいってないって。」

親:「うちの娘は全然できなかったそうですよ、テスト。子供を受からせる気があるんですか?」

そこでカウンセラー、今までの成績を持ってきて、

カ:「先生のクラスは、3クラスあわせて10人しかFとってません。みんなちゃんとやってます。それに問題でも?お宅の娘もCですよ。」

親:「私はAがいい、って言っているんですよ。」

俺:「だったら、勉強させろっつーの。」

親:「それは学校の仕事でしょ。」

俺:「わかってますよ。ちゃんとやっている学生はAとってますよ。ちゃんとやっていない子だけAではありません。」

親:「じゃー、何すればいいの。先生があなただから、うちの娘、ダメなんじゃないの?」(もうこの時点で口調が脅迫している感じ)

俺:「あ~、そうですか。じゃ、他の先生の時はよかったんですか。去年6年のときはDだったのも、先生のせいなんですか?」

親:「去年もあなたのような先生で、娘は苦労したんですよ。」

俺:「先生のせいにする前に、娘が勉強していないことを問題にはしないんですか?」

親:「私はあなた(俺)のことをいってるんですよ。」

俺:「言っておきますけどね、俺が全員がFになるような試験を作ったら、そりゃ、俺のせいです。でもね、学生が宿題をしない、授業中ノートも取らない、参加もしない、と、そういう態度だったら、それは、学生の責任です。その前に、あなたは先生に対して、そういう口調で、人を責め立てるような口調でしゃべってもいいんですか?親が先生をリスペクトしないと、子供もしませんよ。」

親:「何いってるの?校長に言ってやる

俺:「どーぞ、どーぞ、好きになさってください。俺は何一つ間違ったことはやってないし、言ってません。」

んで、帰ってきました。

モンスターペアレント、ここでもいるんですね。

っていうか、子供が嘘ついていることをもとに、先生を責めるって・・・。カウンセラーも言ってました「彼女の娘が話作ってるよね・・・」って。だって、最初の親も知ってたんですよ、スタディガイドは試験の10日前に渡して、彼女の息子の場合、チューターもいるので、チューターにも話をしたのに。

この後のクラス(モンスターペアレントの子供はいませんが)で、確認しました。カウンセラーも同伴です。

俺:「皆さん、このスタディガイド、いつもらいました??」

学生:「2週間前!」(数人は10日前っていってる)

俺:「提出日は?」

学生:「昨日!」

俺:「1日何問やればいい?もし10日あったとして」

学生:「5問」

俺:「お~、みんな知ってるね。」

学生:「いつも、そうじゃん。」

俺:「スタディガイドは家にもって帰ってやるもの?」

学生:「宿題なんだから、当たり前でしょ。」

こんな質問をしてたら、成績Aのある学生が

「先生、何突然、アホみたいな質問してるの?」

俺、カウンセラーと笑っちゃった。んで、カウンセラー、アラビア語で、さっきの状況を説明。

学生:「先生、疲れてるでしょ。そういうのは放っとけばいいよ。」

俺、学生に励まされてる...

さすがに、半年も一緒にやってきてる成果、7年生でも俺のことをわかってくれているようだ(笑)。成長したな~。

そこで、また一人の学生は

「そんなんで、バッドムード(bad mood)にならないでね。こっちが被害者になるんだから」

ギャグまで言えるようになったか、俺の学生。


とまあ、親と一悶着ありました。

俺は今年は数件しか経験してないけど、他の先生は結構クレームがあるようです。


所変わって、夜は、同僚のアメリカ人で社会の先生が誕生日なので、タイレストランでの誕生日会に言ってきました。彼と彼の奥さん(奥さんは数学の先生)は、来年はマニラ@フィリピンに行くそうです。

こうやって、みんなで集まって、わいわいがやがやするのも、今年で終わりなんだな、ってちょっと思ってしまいました。

でも、今日、上のようなことがあったので、こういうパーティは楽しかったです!

久々にショットなんかしちゃったりして(初めてだな、バーレーンで酒を口にするの)。

家に帰ってきたら12時半でした。楽しかったけど、もう覚えてません、何しゃべったか、とか。。。

1クリック、今日もお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
スポンサーサイト



 

Comment


        
ブログ内検索
リンク