FC2ブログ

09 | 2020/10 | 11

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
FC2カウンター
今年度は、初めての「Superintendent Search」というのが、ただ今我が校で、行われています。真っ最中です

日曜日に、ニュージャージー州から、一人の候補が来て、教職員を前にプレゼン。

今日(木曜日)に、北京のインターから、候補が来て、教職員にプレゼン。

来週、また一人、コネチカット州から。そして、その中から一人を選びます。

今まで二人のプレゼンを聞いて思ったことは、

今の理事長の方が断然いい!

ということ。

現理事長は2012年7月で退職。そして、今リクルーティングが行われている新理事長が、その後引き継ぐ、というものです。

とにかく、今日プレゼンした理事長が、多分次期理事長に就任するでしょうが、僕は気に食わん。

挨拶一つできない理事長なんだから。

こっちが "Good morning. How are you, sir?"と言うと、

シカトして、通り過ぎて行きました。


本人は中国人を毎日見ているから、俺のことを中国人と見て、見下したのか、

はたまた、教職員のような下人には用はないのか、

かなり、人間として?と思いました。挨拶は最低限の礼儀でしょ?

石投げてやろうかと思いました。

教育者の前に、人間でしょ?挨拶できて当たり前じゃないか。



この理事長とは、実は会ったことがあるんです。
2009年のジョブフェアで、北京を狙っていたんですが、門前払いをされました(その時のブログを読んでくださいね)。

その学校の理事長です。

どうせ、教育評議会(Board)で決めるので、教職員は口出しできませんし、僕はあと1年で、今の理事長とともに、ドバイを去りますので、どうでもいいですけどね。

ただ、自分が勤めた学校が、以前と変わらぬ「よい」評判を背負ってくれれば、それだけでいいんですけどね。


うちの現理事長がベストです。僕はこの方に拾っていただいて、そしてこの方のもとで仕事ができて、本当に幸せです。

半分愚痴になってしまいました。ごめんなさい。

1クリック、よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ インターナショナルスクールへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



 

Comment


        
ブログ内検索
リンク