FC2ブログ

09 | 2020/10 | 11

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
FC2カウンター
ヴァージニア工科大学のこと、事件の全容が分かって来て、先生方のみならず、学生もその話題について話をするようになった。

そんな中、カチーンと来たこと。

「(銃事件の話をして)・・・・・・・・だからアジアンは。。。」

は?なんだそのコメントは?

さらにすごいのを聞いた。

「アジアンのそばに居たら殺される。」


始まりました。この国特有の差別的発言。


どの人種にも犯罪を犯す人間がいるのに、こういう一大事的な事件が起き、さらにそれが「白人以外」の関係するものだったら、必ずその人種をひとまとめにして、攻撃する。

あれ、これって、あの9/11が起きたときもそうだったような。。。

当時は中東から留学して来た学生がリンチされたりと悲惨なものだったが、今回はこういうコメントを聞いたりするのに、はっきりいってウンザリしてしまった。

Hispanic Studiesを教えている先生なんか、そんなコメントをした学生を怒鳴って、さらにオフィスに送ったそうだ。


基本的に、中国人、台湾人、韓国人、日本人なんて、一緒に見えるらしいが(これはしょうがないが)だからといって、その人種を全員避難する、というのはいかがなものか。

自分のことだけでストレス溜まっているというのに、聞きたくもないことを聞かされる状況に身を置かされていると、とっても嫌になる。


こんな「皮膚の色が違うから・・・」とか「○○人だから・・・」とか「英語がしゃべれないから・・・」で、冷たい視線をあびるなんて、慣れたものだけど、未だにムカつくのは俺だけではないだろう。いつまでたっても、差別的な認識が残っている、というのはこの国の歴史を物語る上での特徴であって、最大の「汚点」でもある。


今日1日だけで、この国にいるのが嫌になったほどでした。とっとと、家に帰ってきました。気分が悪くて。


こういう事件での人種差別発言等、皆さんはもう耳にしたり、嫌な思いをしましたか?

は~、ってため息のつくネタでした。

1クリックよろしくです。
にほんブログ村 教育ブログへ
スポンサーサイト



 

Comment


        
ブログ内検索
リンク