FC2ブログ

09 | 2020/10 | 11

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
FC2カウンター

昨日の続き。

沢山のコメントありがとうございました。1人1人にコメント書きたいと思います。

昨日は中学校の話をしました。でも、その中学校で教育されて来た学生は高校に来ても苦労しています。

金曜日のミーティングで、いつもは聞き役だった先生が発言。その発言にビックリさせられました。


Algebra IIで今、クラスをパスしている学生は10人に満たない。


いつもはミーティングといえば、Algebra Iの話になる。ヒドい状況だ、ということは再三、このブログでも書いて来た。でも、ダメならダメと、1から、かけ算から、分数から、ことあるごとに復習して来た。それが良かったのか、うちのAlgebra Iのクラスは、勉強に対する意欲が見えて来たと思う。その証拠に、まだ大きいテストはしていないが、いつも欠席する学生を除けば、今のところパスしている学生は2/3はいる。1セメ目の自分を考えれば、すごいことだな、と実感できる。その上、自分の学生が分からなくなると質問しにくる。宿題もちゃんと(出来る問題だけは)手を付けてくるようになった。学習態度が信じられない程伸びて来た。

が、Algebra IIはもっと深刻な状況ならしいし、前回のセメスターに比べれば、かなり悪化しているらしい。

4人の先生がAlgebra IIを教えていて、2セクションずつ持っている。そのクラスで、パスしている学生が10人も満たない、とはどういうことか。

仮に1クラス=30人とすれば、各先生方60人を持っているということになる(本当は30人以上だが)。そして、その中の10人ほどしかパスしていない。1/6。

Algebra IIは、主に、Algebra IとGeometryの復習からはいるそうだ。

誰もが、2次方程式の解の公式を覚えていない。
1次関数も解けない。(分数がはいるとお手上げ)
面積、体積の公式も覚えていない。
傾きって何?とくる。
平行移動って?
えっ?実数って?
分配法則って?

とか、そういう状況ならしいですよ。

数学は積み上げ教科です。一つのスキルが、あらゆる場面で役に立ちます。逆にたった一つのことを知らないと、問題は永遠に解けません。

学生は「知らないまま」上に上がっているのだ、と思います。

その上、Trigonometry/Pre-Calculusでは、公式も暗記できない、と先生方は嘆いておられました。数学が出来ないのではなく、数学ができるようになる下地、学習する心構え、スタディスキルが全くない、とおっしゃっていました。

ノートも取れない。人の話も聞けない。公式は「ノートカードに書いてもいいですか?」と聞いてくる(カンニングしていいのか、とー笑)。


でも、この状況、自分のGeometryのクラスにも当てはまる。
特に10年生。去年習ったことが全く身に付いていない。信じられない程勉強しようという気がない。

誤解のないように言っておくが、その中には9年生や11年生も含まれている。9年生はさすがにまだ、高校1年目ということもあって、親もうるさく子供に宿題のことなどを聞くだろうから、真剣そのもの。(しかもクラスの上位は全員9年生)
11年生は、数学こそ嫌いなものの、勉強するスキルはさすがに身に付いているので、ノートもきちんととり、必要があればちゃんとそれを参照するなり、出来るところまではやってくる。つまり問題に立ち向かうときの姿勢が出来ている。

ところが10年生。勉強する気はないのか、宿題はしてこないし、うるさくするわで、本当にいい迷惑。
それで数学できれば、まだましなんだろうが、殆どの学生、Algebra Iのことを知らない。方程式は解けない、習ったことは覚えない。

この間は、三平方の定理で、2次方程式の解き方を知らない、ルートのはずし方をしらない、ので復習しようとしたら、

それ知っている

といって、練習問題をやらせたら、隣を喋ってばかりで、何一つ手をつけようとしないあげく、

できないよ、こんな難しい問題(ルート8を簡単にせよ、って問題)

といいやがる。人が説明していると全然聞かない。


スタディスキルも、何もかも、全然ありません。
こんな状況でいままでやって来たのか?と本当に不思議に思いますよ。


数学を勉強する以前の学習態度がなっていない。


人の話をきちんと聞く、やることをやる、というのは、毎回口を酸っぱくして説教して来たのに。
先生に対する尊敬なんてものはあったものじゃない(これは学校全体の問題)。

この時期になっても、指導が行き届いてないのは、やはり自分にも責任があるのではないか、と思います。Algebra Iをパスした学生しか取れないクラスなんだから、知っていることを前提としてやろうとしてどこが悪い、と思いましたが、本当に全然できない。

最低限、Algebra Iの学生は、このまま行くと、今後うまくやっていけるだろう、という手応えは感じる。教えたことはちゃんと覚えている(多少の練習は必要だが)。今年の9年生は期待できます。自信を持って、上に上げられます。


本当に愚痴ばかりになってしまいました。でも一つだけ、思うことがあります。


学習態度と学習意欲があれば、どんな学生でもできるようになる。


態度と意欲は難しい問題です。数学以前の問題で試行錯誤している段階です。それでも、少しずつではあるが、変化した学生がたくさんいる。これが自分にとって一番の収穫になるんじゃないかな、って思います。

1クリック、よろしくお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
スポンサーサイト



 

Comment


        
ブログ内検索
リンク