FC2ブログ

09 | 2020/10 | 11

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
FC2カウンター
精神的なものからくる、寝不足も過労も、同僚に紹介していただいたお医者様み見ていただいて、薬を処方していただいて、なんとか今日は肩こりは残っていますが、頭痛は消えました。

心配して電話をくれた方、ありがとうございました(ってアメリカ人だけだけど)。


それはそうと、気疲れからくるのか、自分の身の上の不安から来るのか、学校の将来の不安から来るのか、なんかスッキリしない気分でした。


昨日、ランチタイムに数学科のミーティングがありました。カリキュラム編成のこと、教科書採択のことが主な内容。

まず、この間の水曜日に同僚の先生が教科書採択のミーティング(教科書会社の方がきて教科書セールスのプレゼン)に言って来た方からの報告。

McD---- Littel(会社名はある程度省略しています)という、かなり有名な教科書会社。教科書会社の人は、やはり営業がうまい。(俺と同じで口がうまいんだろうけど)そのプレゼンで、以下のようなことを言っていたらしい。

(1)教科書1500部購入の学校には、LCDプロジェクターか最新式ラップトップパソコンをおつけします。(テレホンショッピングのスタジオでの「えーーーー」って感じでしょう。)
(2)教科書付属のワークブックを全学生分、毎年用意。(「まじでーーーー?!!?」)
(3)州統一テストのための教科書会社主催の教員研修を無料でご提供。(「おーーー」)

これで、うちの高校以外の先生方は、それこそテレホンショッピングのスタジオのように


ねーねー、もうこれに決定しましょうよ。


って話が出て来たらしい。(このプレゼンまだ1社目。まだ教科書会社3社のプレゼンが残ってるんですけど)


え?Integrated Mathの話は?これじゃ、今までの教科書と変わらないじゃん。
なに?どうなった?

しかも、Math, Science, Tech Magnet Schoolをやるって言い出したお隣の高校の先生は

「ウエストはハイレベルとレギュラーのクラスがあるからいいわね。うちは、LOWクラスが必要だって言うのに」

と嫌味まで言われる始末。カンカンになって帰ってようです。


それに、さらに追い打ちをかけるように、中学校の数学の先生方は先のミーティングで、

「中学校ではSKILLSではなくて、CONCEPTSしか教えません。」

という宣言までして、それで来年度のカリキュラムを編成中ならしい。

ちょっと待て。俺、2月2日の講習で

「中学校では、基本的な四則計算、分数の計算、小数の計算、かけ算は完璧にできるような指導をするべきだ。学生には嫌ってほど反復練習させるべきだ。だからこの国は@%^#*)$*?><%$#!(文句)」

と脅迫したんだけど。

そんなことと相反するカリキュラム編成になって、なんてことに・・・。


そして木曜日には、うちの高校にくる学生の中学校の先生ともミーティングがありました。主に中学してくる中学校の先生から

「一次関数?そんなの大事なコンセプトじゃないから、教えていません。」

とか

「簡単な方程式をやれ、って高校側は言うが、マイナス×マイナスのことも知らない学生に教えられる分けないだろ(逆ギレ?)」

とか

「分数は教えていませんよ。だって、小学校で習うはずでしょ。」

とか言っていた。


来年の9年生はもっと学力低下した状態で入学すること間違いなし。


コンセプトがそんなに大事か?
そんなもの、沢山練習して身に付いてくるんじゃないのか?


100歩譲って、コンセプト教えたとしよう。
何人が覚えている?何人がそのコンセプトを完璧に説明できる?
0-5=0っていう学生はコンセプトを理解していると言えるのか?
1/2+1/2=2/4になる学生は何のコンセプトを知っているというのか?
2の3乗と2×3を同じと思っている学生のどこが「数学できます」だ、あぁあ?
100%が1割だって答える学生が割合に百分率を理解していると言えるのか?
棒グラフと円グラフと線グラフの名前もしらないんだぞ。
数数える時、手を使って数えているんだぞ。
かけ算、6の段から10の段は言えないんだぞ。
計算機もまともに使えないんだぞ。
長方形と正方形の違いもしらないんだぞ。
三角形の面積も求められないんだぜ。
地球が球ではなく円だと思っているんだぜ(ガリレオもビックリ!)

この学校区の中学校は、こんな学生を製造している。
はっきり言って、不良品を製造しているとしか思えない。


そりゃ、学生も勉強したくなくなるだろうよ。数学できないまんまだもん。


そういう学生を高校に送って来て、「はい、あとはよろしく」だって?

何考えているんだ?お前は仕事をしているのか?それでも、10年数学の先生をやってきただと?ふざけるな。


F ユー、っていってやりたい。


教えること教えていないで。カリキュラムも無視して、話だけして。数学の時間なのに、パソコンでゲームさせて。

そんな中学校、この国以外にどこにある?


努力しないで、練習もしないで、数学の成績が伸びるとでも思っているのか?


Vertical teamingを去年の6月にした意味が全くない。
全然ない。

中学校で何も教えていないから、高校はまず小学校の復習からはじめないといけないんだぞ。

仕舞にはカチンときたのが


「日本人に言われたくない。」

とか

「ここは日本ではない。」


といいやがった。こんなところで人種差別を受けるとは思っていなかったよ。こんな時に、まさか、平等だ、権利だ、と叫んでいる国で、差別されました。反発しようとも思わなかった。


今まで頑張って来た、耐えて来た我慢の糸がプッツンしました。泣けてきましたよ。なんで、数学出来ない学生を目の前に、そんなに平然としていられるのか。不思議でたまりません。


同僚には言われました。「気にするな」と。


でも、気にするな、というトピックではないんだよ。後々苦労するのは高校側になるんだから。


はっきり、もう疲れましたよ。


今年で辞表を提出しようかと思います。


これ以上この学校区の学生が犠牲になるのを見るのが恐くなりました。

その上、CSAPで学校評価されるし、成績が下がれば、教職員のせいになるし。

頑張れば、報われると思って、今までやってきました。言いたいことも、自分としては丁寧に言って来たつもりです。

でも、今回ばかりはどうにもなりませんでした。先生やってて、こんなに他校の先生にムカついたことはありませんでした。


疲れました。(昨日の肩こりや頭痛などはここから来ているのかな?と分析してみる)


とはいえ、今年度はまだ残っています。せめて自分の学生だけは人並みほど数学が出来るようになって、上学年に上がってほしいな、って思います。

1クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
スポンサーサイト



 

Comment


        
ブログ内検索
リンク