FC2ブログ

09 | 2020/10 | 11

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
FC2カウンター
俺は木曜日が大好き!


だって、クイズとかテストをやらせるだけだから、その監督だけですむもん。


というわけで、今日は7年生はChapter Test、8年生は小数、割合、百分率のクイズをしました。

8年生のクイズはその場で採点したんだけど、芳しくないな・・・なんかアメリカでクイズを採点していたときを思い出した。でも平均は65%。Aはなし。来週日曜日にクイズのやり直しかな。。。

7年生の方は、ノートチェックをした。学生がテストをやっている際に効率よく採点しようと思って、


「名前書き忘れたらFだかんな。」×5


だれも聞いてやしない。

でもほとんどの学生ノートを提出した。


ある一つのクラスは5人も名前を書いてないので、当然Fにした。

「人の話を聞いてない、てめぇがわりーんだよ!」

といったら、5人全員泣き出した


泣かれても、どうもしません。親にもメール送りました。「名前書かないとFだ、って散々いったのに、お宅のお子さん、人の話を聞いていませんで、ノートの名前を書いていませんでした。よってF!文句があるならどーぞ。」


そんで、夜。コーヒー屋さんCOSTAで採点開始。(ラマダン中なので午後6時半に開店。)

C組から順に採点で、5人泣かしたA組になりました。

あの5人、


テストに名前も書いてませんでした。


どんだけぇ~~~~~~


って思わず、口から出そうでしたよ。

当然0点、F。テストは全体の60%を占めます。
これを機に「人の話をちゃんと聞く」ということをしてほしいと思います。


さて、タイトルにあるように、そのCOSTAで、採点中に、な、なんと


学生の父親が突然話しかけてきた。


学生もいたので、わかった。モスクでの礼拝の帰りだと言う。


とにかく、俺をよいしょすることしか言わない、いい親でした。僕はびっくりしました、「数学の先生してらしたそうですね。」って言った次の台詞に。


「そうなんですよ。でも今はMinistry of Educationに勤務してるんですよ。」


は!?


MINISTRY OF EDUCATIONといったら、日本の文部科学省ではないですか。


んで、まあ、バーレーンの教育の話をしたり、日本の教育の話をしたり、アメリカの教育の話をしたり、本当に有意義な会話が、こんな「お偉いさん」とできました。


こね回しがお得な僕は、当然

「将来、クビになったら、呼んで下さいな。」


すごいな。バーレーン。生まれて28年、初めて「官僚」という人と話をしました(日本人ではないですが)。


家に帰ってきたら夜中、12時回っていました。
1クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

スポンサーサイト



 

Comment


        
ブログ内検索
リンク