FC2ブログ

09 | 2020/10 | 11

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
FC2カウンター

Teaching Diary 4 (Blue Day)

今日は一日、Algebra Iの日。
フレッシュマンも高校生活にだいぶ慣れてきたのか、落ち着きがなくなった。しかも今日から遅刻した学生はランチディテンション(ランチタイムにある教室で30分、懺悔の場を与えられる)がスタートする日。

1時間目:Algebra I。
今日から教科書のにある内容をスタート。普通の言葉をどう数学の言葉に訳すか、というある意味、とっても英語みたいなクラス。

まず、最初の10分で、クイズ。前回やったかけ算。お決まりとして、クラス全員が満点を取るまで、毎回このテストをすることにした。80%合格。
次に、ノートの取り方を教える。Cornell Noteというのが、うちの高校でははやりで、今年から全クラス、コーネルノートの様式でノートを取ることになったので、それに対する説明。他のクラスでもやっているので、学生はすんなり出来た。
その後、教科書の内容。
説明したことは、キーワードを見つけること。例えば、文中に、addとかproductがあったら、それは足し算とかかけ算になるよ、ということ。
その後、多少練習をする。
最後の10分でノートチェック、ノート復習。

2時間目は空き時間。生徒のチュータ-をする。

3時間目:Algebra I。
1週間も立たないうちに雷を落とした。
クイズをやり、1時間目と同じことをしたら、クラスがざわつき始め、さらには立ち歩く奴らがでてきた。
そして、俺が「うるさい、静かにしろ」と叫んでしまった。
それでも静かにならないので、「はい、それじゃ、ベルがなってから、3分、全員残ってもらいます」といったら、やっぱりブーイング。結構です、どーぞ、と言う感じ。
このクラス、3人ほど問題の学生がいる。
その学生への対処の仕方があまりにも大人げなかったかな、と思う。なんとかしないとな。

4時間目:Algebra I。
みんな疲れているのか、静かなのはいいが、「わかりません」という表情をしている学生が多々見受けられる。最後の時間と言うこともあってか、「もう疲れました」「限界です」なんて、言う奴もいた。おいおい、俺より10も若いだろ、と思ってしまった。
とにかく、このクラスは今日の内容の理解度があまりないように見受けられた。おしいところまでいくのだが、教えた通りにできないためか、途中でちんぷんかんぷんなことをしてしまう。

今日3クラス教えて、「教えた通りにやる」ということがいかに難しいか、というのがわかった気がする。ということは、何かしら手を打たないと、かなりやばくなるかも。

Algebra Iの次の単元は四則計算。バリバリやらせるのがいいか、何かしらアクティビティを取り入れた方がいいか、悩むところだ。ただアクティビティをやると、例の問題児は全く何もやらない恐れがある。

クラスルームマネージメントの難しさに当たった気がする。(そういうこともあるさ、と慰めてくれる人もいるが・・・。)

放課後は弁護士と電話相談の予定だったが、むこうの都合でキャンセル。また高校に戻って仕事。
その後、日本人の友達とご飯を一緒に食べた。

へとへとな日。気を取り直して、あしたもがんばろう。


今日もよろしく御願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
スポンサーサイト



 

Comment


        
ブログ内検索
リンク