FC2ブログ

09 | 2020/10 | 11

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
FC2カウンター
今日から授業が始まった。2006-7年のスタート。
でも、今日はかなり暴力的なスケジュール。
ブロックスケジュールを採用してて、それに慣れている俺としては、1日八時間、40分授業になんか耐えられません(笑)。

1時間目:Algebra I。スパニッシュの教室で。このクラスは、朝一番ということもあってか、遅れてくる学生が多かった。ゲームをして、シラバスを説明して、宿題を出して終了!あっと言う間。

2時間目:Assembly。全校集会。今年度も頑張りましょう、的なもの。日本で言うと始業式か?(でも、すっごいくだけたもの)

3時間目:Algebra I。やったことは1時間目と同じ。ノリが今ひとつ悪い。

4時間目:Algebra I。やったことは1時間目と同じ。なんと16人のクラス。かなりやりやすさを感じたし、生徒が少ない分、学生との距離が縮まって、生徒も多いに盛り上がった。去年歴史を教えた学生がいて、びっくり。(1時間目にも7時間目にもいたが。)

ここでようやく、ランチタイム。

後半戦。
Academyというホームルームみたいな、アドバイジングみたいなクラス。俺は10年生を担当することになった(9年生担当から急遽変更。)
だか、10年生にいろいろ説明している間に、副校長がなぜか、15人もの9年生を連れてきて、大変なことになる。だって、その学生は、俺の当初の学生なんだもん。なんでこうなったんだ??

5時間目。空き時間。プランタイム。朝から飲もうと思っていたコーヒー。ようやく飲める。一息つけた。

6時間目。Algebra I。同じことをやる。このクラスは去年教えた学生(卒業生)の弟がいたりするので、俺のことを知っている学生が多い。だが、ESLでギャングが3人。そしてADHDが1人。ESLなのはいいけど、ギャングを相手にするのは大変。わざと俺のクラスに入れたな、と思った(笑)。

7時間目。Geometry。このクラスも大勢。特殊の生徒が一人。9年生3人。11年生3人。のこり30人は10年生、といろいろ混ざったクラス。同じことをする。俺のことを知っている学生がいるためか、和気あいあい。あっという間の40分。

学校が終わってから、いろいろ請求書の支払いに出向いて、一旦家に帰って、一服。5時半に高校にもどり、Back to School Nightの準備。(とはいっても大したことはないが)

Back to School Nightとは、ある意味オープンキャンパスみたいなもので、先生方にも会いにいけるし、学校の説明を聞いたりと、初めて子供を学校に送る親が「どんな学校なんだ、どんな先生がいるんだ?」という疑問を解消するもの。

なので、強制でもないし、来たい人だけ来る。

俺のクラスは5人の親御さんと、一人の卒業生の親が挨拶に来てくれた。「今日、ベンがコロラドスプリングに行ったんですよー。」見たいに、卒業後の報告をしてくれて、うれしかった。

クラスの親御さんは、みんな決まったことをおっしゃった。

数学のクラスでテキストを使わないとはどういうことか?(別にケンカ腰に俺に詰め寄ったのではない)

とか

宿題がないって、どういうことか?

とか、主にこの2つのことを聞きにきた。教科書に関しては2000冊、去年なくして、担当の先生方が教科書回収と請求書発送をしていて、それが大変そうだったので、「教科書の貸出はクラスだけ」ということにした。(でも使うことはないだろう、たぶん)

宿題がない、というのは、「数学の宿題」がないのであって、他に家で家庭学習としてやってもらうことはある。俺の学生は
・毎日クイズを受ける。
・ノートをきちんと決められた通りに取る(チェックもする)

ということをしなければならない。細かいことはまた説明したいと思う。

とにかく、勉強をさせるシステムを作ろう、と思って、そういうふうなクラスにした。
今後、どんな結果になるかは、随時報告していきたいと思う。

今日も1クリックよろしく御願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
スポンサーサイト



 

Comment


        
ブログ内検索
リンク