FC2ブログ

09 | 2020/10 | 11

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
FC2カウンター

今日も学校へ

みんなに問われる質問、「なんで、わざわざ休みの日まで学校に行くの?」

この答えは、ズバリ
家にいても暇だから。

先月から、ずーーっと、これからの学期のことを話をしたりしているのだが、形や方向性こそは見えてきたものの、まだ確信をもって、「これをやろう」とか、そういうところまでは至っていない。計画を立てるときに、「これなら大丈夫だ」というところまで持っていって実行に移すのが癖なので、まだしっくりこない段階で、教えようとは思わない。いろいろ本を読んだり、人に話を聞いたりして初日、1週間分の計画を立てている。

TOSSに入っている皆様、もしくは何らかの教育雑誌を読んでいる人にはもう耳慣れているかもれしない言葉

黄金の3日間

は、どの国に言っても(といっても日本とアメリカしか知らないが)大事だな、と思う。本当に最初の3日間は学生は天使のように見える。でもその期間にやることをやってないと、ずるずるとクラスにまとまりがなくなって、学生も自分もそのクラスに行くのが苦痛になる。

自分はそういうことを経験したことがない。というのも、昨年度1年間は、基本的には「俺を知っている」学生を教えていたからだ。そうなると、学生に頼る部分も出てくる。もしくは「まっ、いっか」みたいに、投げやりになったりしたりもする。

ところが、今度の担当はフレッシュマン。新高校9年生。14、15の連中を相手にする。

3年前、現在12年生になる奴らを保健体育のクラスで、担当教諭について教えた。このときは、自分には統制力がないので、すべて担当教諭の言われたままに従った。お陰でうまくいった(当たり前か)。ところが今度は自分一人でやることになる。

人からは、人より1年以上の経験があるから、とか、大丈夫だよ、数学だから、とか、そういう慰めの言葉をかけてくれる先生がいるけれど、不安で仕方がない。その不安を解決するのが、クラスのことを考える、ということ。少しでもクラスのことを考えれば、不安が多少減る(気がする)。

なので、作った指導案に、「いや、こうではないだろ」と思って、おっきく×つけて、またやったり、1日目、45分の計画を立てるだけで、ノート半分にメモやら何やられ使ってしまった。


とにかく、今日は9時に学校入り。iMacをようやく学校に持っていった。これで、Win/PCの二刀流。Winも他の先生がWin98とかを使っているときに、自分はXP入れてもらったから、多少なりとも使わないとな、って思う。(当初の予定は成績処理のみ。)

数学科の主任と一緒にランチで、ベトナムレストランへ。2時間ほど雑談して、隣町にある教育関係の店にいって、ポスターやワークブックを購入し、高校へ戻る。

今度は社会の先生と話をして30分。その後、買ってきた本を読んだり、アクティビティーをリサーチしたりで、結局7時。得る者がなかったけど、同僚の先生方と話をする、というのはいいもので、幾分気が楽になったり、仲良くなったりできる。

明日は散髪して、写真の現像したのを取りにいって、高校へ行って、またリサーチでもしようかな、と思う。

日本に帰っているグリーリーの皆さん。
ガス、高くなったよ。レギュラー、1ガロン3ドルいきました。(キングスーパーのカードがあれば3ドル切るけれど)


只今のランキング。総合912位、英語58位、海外生活35位、教育47位です。
本当にありがとうございます。
今日も1クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



 

Comment


        
ブログ内検索
リンク