FC2ブログ

09 | 2020/10 | 11

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
FC2カウンター

準備を着々と

・今日も高校に行って、授業の準備を。少しずつ、自分がどうやるか、何を教えるか、形というものが見えてきた。
・Algebra IもGeometryも最初はシラバスの説明、その後、ちょっとゲームをする。Algebraの方は九九の復習をして、Geometryは教科書の1-1(パターンを見つける)に入る。初日は50分授業と集会が入るので、どこまで進めるかはわからないが、ここで遅れをとってはいけない。今学期中に教科書をどんどん進める予定だ。来年の3月にCSAPという州統一テストがあるので、それに向けた対策を1月から3月までやるために、12章のうち、8章までは今学期中に終わらせる予定である。かなりの強行突破。
・というのも、去年、計画性がなくCSAPのために時間を費やしたら、Algebra Iのクラスはなんと
「連立方程式までしかいかなかった」
「因数分解教えていない」
「2次関数/2次方程式を教えていない」
「平方根教えていない」
「指数を教えていない」
など、昨年度の9年生に至っては、本当に日本の中学1、2年レベルの学習内容で終わってしまった。(ツケは今年度のGeometryとその次のAlgebra IIに持ち越しになる。)これを聞いた俺は質問した。
俺:「教科書どこまでいったんですか??」
A先生:「チャプター6かな。」
俺:「・・・」

6章までの構成といえば、「関数とグラフ、実数の計算(あの、マイナスが入る奴ね、日本風に言えば「正負の数」)、1次方程式、1次不等式、1次関数、連立方程式」以上。教育委員会のカリキュラムはもっと行かなければならないのだが、CSAPのお陰で、授業自体が進まない。

・でも、考えてみれば、学習した内容からテストに問題が出されるのだから、教科書とCSAP対策を平行することも可能である、ことに気づいた。逆算して考えれば、やはり1学期中に2/3の分野の教科書範囲は終わっていなければならないだろう。

・というわけで、Algebra Iの大間かな計画としては、
8月中:Algebraのイントロ(簡単な計算が出来る。グラフ→ルール、表→ルールと関数をいろんな方法で表すことができる。などなど)
9月中:実数の計算、1次方程式
10月中:1次関数、1次不等式
11月中:連立方程式とその領域、指数関数
12月中:復習(できたら因数分解までいきたい)
という感じになるだろうか・・・。Geometryのクラスは明日以降決めたい。
・ちなみに指導方法としては、思いっきりトラジショナル。(アメリカではEssentialismと言うみたい。インストラクションでは、Guided Instructionに入ると思う。)授業の流れは以下の通り。クイズ(小テスト)→トピック1の学習→雑談(?!)→トピック2の学習→練習→テスト/まとめ/ノートチェック。クラスは95分あるので、2つのトピック(教科書でいう、2セクション)を教えることにする。プリントを作成して、そのプリントを終わらせることが1日の仕事、義務ということになる。従って、教科書は使わないことになるだろう(というか、うちには学生の数ほどの教科書はない・・・教科書使う年配の先生方は、学生一人一人に貸し出すようだが、俺はプリントを用いることにする。)

・問題解決学習やグループアクティビティーなんかもしたいんだが、時間の制約がある上、そういうことはテストにとらわれない。数学を受け持つことになったし、うちの高校の数学のCSAPのグレーディングはひどいもの、ということを視野にいれ、徹底的に、Teach to Test(テストのために教える)のスタンツで行く。これで結果が出せれば、生徒も親も先生も学校もコミュニティーも万々歳だ。が、結果を出せなければ、俺はあっさりクビになる予定(笑ってられない・・・)。

・とにかく、頑張って学生のテストで試される学力レベルを引き上げることに専念する1年になりそうだ。

・Mixiのメッセージに、「学校の落書き見せて」と何人かの人に言われたので、用務員のおじさんのデジカメを借りて、写真を撮りました。
rakugaki
こういう俺を慕っている学生を裏切らない先生にならないとな。



おかげさまで、カテゴリー別ランキングの方、100位以内にカンバックしました。
本日もよろしくお願いします。↓
にほんブログ村 教育ブログへ
スポンサーサイト



 

Comment


        
ブログ内検索
リンク