FC2ブログ

09 | 2020/10 | 11

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
FC2カウンター
エリート官僚に聞かせてやりたい教育現場エリート官僚に聞かせてやりたい教育現場
(2008/04)
吉本 暁史

商品詳細を見る


この間、大阪で会った数少ない教育関係、というか、教師の友達の本である。

感想を聞かせろ、と言われたので、ここで述べてみたい。

ただ、ここに書く感想は、日本の教育の現場にいない、言うなれば「浦島太郎」状態であり、さらに、まだ教員になって3年目という、超ド素人が書いている、ということを、頭の隅においてもらいたい。

この本は、第1章は、教育現場の状況、第2章は教育再生へのヒント、第3章は心を育むことを中心にした教育を目指す、という3章構成である。

第1章は、著者の勤める高校や知っている高校(中堅校、と呼んでいる)を中心とした現場の問題をさらけ出している。自分も似たような学校に勤務していたことがあるので、よほどのことがない限り驚きはしないのだが、さすがに、昔と比べれば、非常にネガティブになった感がある。

第2章、第3章は、著者の考える、「これからの教育」について述べている。題名が「エリート官僚」とあるので、教育政策面に対する提言が多い。食育はいい例である。ただし、この2章を1つの章にまとめて、自分が個人に読んでみたかったことを書いてくれれば、と思う。

それは、一つ物足りないな、と思ったこと、「教師として、どうこれからの教育を作っていくか」ということだ。それを「エリート官僚に」聞かせてやるのも面白かったのではないか、と思う。

政治や保護者、生徒などの影響を受け、教師は多忙をきわめているが、それは他国でも同じことである。イギリスやアメリカは、昔の日本のような「試験重視」に政策を転換したので、現場は未だに混乱しているし(前のようではなくなったが)、保護者、生徒が学校や教師を訴える、なんていうのは日常茶飯事である。僕は初任者のときは、できるだけ「訴えられないように」と、校長や副校長から言われたのには、いささかびっくりした。つまり、政策の提言や保護者への期待などは、必要ではあるが、僕がもっと読みたかった、知りたかったのは、「じゃ、教師として、これからの教育をどう作っていくべきか」ということだ。

最近は中学生を教えているから、そうは思わなくなったものの、高校で12年生を持っていたときは、「このまま社会に送り出していいのだろうか」と思うことが多かった。つまり、この疑問を抱く、ということは、些か、自分のその当時の卒業生への教育に対して悔いが残ることもあったのではないか、といつも思っていた。自信を持って社会に送り出すには、「何を」「どのように」教えなければならないか、というのを念頭に置いていなければならない。そして、学生がそこから、「社会で必要な知識/技能」を少しでいいから、学んでほしいと思っていた。

なぜ、このように思うか、といえば、教師が学生に与える影響は、善くも悪くも多大であるからだ。それは、教師の人間性や性格に以上に、ただ単に教師といる時間が長いからである。考えてみれば、幼稚園や小学校に入学して、高校を卒業するまで、「先生」という人間と付き合うことになる。その先生が、良い先生であれば(「良い」という表現は、生徒個人によるものなので、ここでは、どういう先生がいいのか、という断定はしない)、良い影響を受けるであろうし、そうでもなければ、生徒も、良い影響は受けないであろう。その教師個人が、どうすべきか、という筆者の考えをもっと聞いてみたかったのが、本音である。

ICUの教育社会学者の藤田英典氏が、著書で「教育は未完のプロジェクトだ」と言っている。それは、社会が変われば、教育もその流れにそって変わっていかなければならないから、決して終わりはないものだ、という意味からであろう。その未完のプロジェクトに関わっているのは、社会の構成員、全員である。その中でも、一番そのプロジェクトに責任を持たないといけないのは、教師一人一人である。彼らが未完のプロジェクトを推進し、学生を社会に送り出す、という、大事な仕事を担っている。

官僚と呼ばれる方、教育政策に実際に関わっている方は、この本を読み、実際に現場に足を踏み入れてみることをオススメする。百聞は一見にしかず。

と、ちょっと批判的に書いてみましたが、友達の名誉の為に、この本は読んでみると面白いと思います。現在お子さんをお持ちの保護者の方には、「学校選択」のために、実際の現場を知り、これをもとに、お子さんのために、いい学校を探すヒントにもなると思いますし、教員志望の人は、これを読んで、「如何に教師としてやっていくか」考えるキッカケになると思います。


1クリック、今日もお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
スポンサーサイト



 

Comment

No title

>>しげさん
お久しぶりです。夏休み満喫していますか?
そうですね、教育政策を作る場と、それを実践する場、その双方がお互い尊重し合うような形ができるとすれば、生徒や保護者、その学校のあるコミュニティーがより豊かになるような気がしてなりません。失敗例ばかりではなく、しっくりくるような成功例も見てみたい気がします。

新年度、新しい学校での活躍をご期待しております。

2008/08/16 | FUMI[URL] | Edit

お久しぶりです

面白そうな本ですね。

教育政策に関しては全くのど素人なので、意見など言えませんが、文科省の友達はこの本に関してどう思っているのか、興味があります。

役割の違いもあるので、現場とオフィスとではどうしても隔たりが出てしまいますよね。

エリート対教師と言う構図ではなく、お互いの役割を尊重していけるようにならなければいけないと常々感じています。

どの国にいても、同じ様な問題がありなかなか難しいところですが・・・。

新年度が始まりますね。今年から新しい学校区なのでどうなるか楽しみです。

2008/08/16 | しげ[URL] | Edit

        
ブログ内検索
リンク