FC2ブログ

09 | 2020/10 | 11

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
FC2カウンター
バーレーン人の人は、こういいます。

We offer the best to visiting people!

中には、こういう言葉を忘れている人はもちろんいますが、ほとんどの国民の皆さんはよくしてくれます。

今日は運転免許を取りに行きました。

僕は日本の運転免許証を持っていません。アメリカでとった運転免許をバーレーンの運転免許に更新するために行きました。

そこで問題です。

日本国民(日本のパスポート所有者)がアメリカの運転免許をバーレーンのものに更新できるか?


試しにやってみるっきゃないでしょ!

というわけで、Ministry of Trafficに朝8時に行って参りました。

ここの皆様、番号札取っておきながら、その通りに行かないんですよね。なので、カウンターはめっちゃくちゃ。

こういうとき、先生は強いです。コネが使えます。


運良く、僕がアプリケーションを見せて、この国のresidential permit (CPRといいます)を見せたとき、あれ、先生じゃないですか、なんて声をかけられ、とっととやってあげますよ、ということで、視力検査も数分で終了し、お金を払って出てきました。

明日できるようです。

これにはちょっとびっくり。この国のいいことです。(待っている皆様には申し訳ありませんが)先生という職権乱用だからだろ、とかいわないでね。

とにかく、こういうことは結構、この国ではありまして、街行けば、誰かと会う(教え子でも親でも)ということがあります。日本人なんて珍しいんでしょう、この国では。一発で「バヤンの~」なんて、見破られます。

アメリカでもそういうのはありましたが、それ以上にここではあります。

悪いことはできませんね(笑)。

でも、これが、「バーレーンを好きになる理由」でしょうか。アラブの国ではこういうことは結構あるんでしょうか?それともバーレーン特有なのでしょうか?

昨日の腰痛がまだ治らないので、マッサージに行って、夜は友達と中華で夕食の予定です。


1クリック、今日もお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
スポンサーサイト



 

Comment


        
ブログ内検索
リンク